スタッフ(マネジメント)

続・ピンチに強いスタッフになってもらう3つの施策

自信のある女性

株式会社120パーセント代表、

歯科医院経営戦略コンサルタント、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

打たれ強いスタッフがいてくれたら…

アクシデントの時にも動じず。冷静なら…

何事もなかったように事後処理してくれたら…

 

 

このようなことを現実のものにするには

「自己肯定感」をあなたがスタッフの中に

意識して育てていく必要があります。

 

 

「自己肯定感」はスタッフに対して短絡的に、

何か特別な講義などをすれば

育めるというものではありません。

 

 

今回はクライアントにもオススメしている

3つの方法についてお話しして行きます。

続きを読む

ピンチに強いスタッフになってもらう3つの施策

ピンチに強い

株式会社120パーセント代表、

歯科医院経営戦略コンサルタント、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院で働いているということはスタッフにとって

ちょっと大げさにいうと急なピンチや

アクシデントの連続です。

 

 

初めて話す患者…、レアな症例…、ヒヤリハット…、

新しい機器やシステムの導入…、最新の治療…、

尋常でない電話…、自分自身の小さなミス…

 

 

こういった場面にもあわてず騒がず、

我々院長に悟らせずにきちんとした処理をしたり、

屈強に、あるいはしなやかに、柔軟性を持って

事態を丸く収めてくれるようなスタッフ。

 

 

そんな打たれ強いスタッフがいてくれたら

どんなに気が楽か…

 

 

うちのスタッフにもあんな風になってもらいたい、

そんな人材に勤めてほしい、

どこかにそんなコがいないものか…

 

 

あなたも1度や2度は

こんなことを考えたことがあると思います。

 

 

しかし、現実的な話となれば、

いつ現れるかわからない優秀なスタッフを

夢見ていつまでも嘆いているというのは

意味のあることではありません。

 

 

現在在籍しているスタッフを

少しでも打たれ強くする方策を考える方が

よほど望みがあるというものです。

 

 

では、いったいどうしたら

打たれ強いスタッフになってくれるのでしょうか?

 

 

そしてあなたがどんなことに気をつけたら

打たれ強いスタッフへと誘導していくことが

できるのでしょう?

 

 

今回は「打たれ強さを獲得させる」ことに向けての

心理的な側面をお話ししましょう。

続きを読む

使えないスタッフを少しでも使えるようにする4つのアプローチ

使えないスタッフ

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

あなたは使えないスタッフに困らされていませんか?

 

 

もっと優秀なスタッフが来てくれるものなら

すぐにでも入れ替えたいけれど、

なかなかそんな人材は応募してこない…

 

 

いないよりはマシ程度だけれど

それでも辞められてしまうとそれはそれで困る…

 

 

歯科医院の院長をしていれば、

多かれ少なかれスタッフに不満はあるものです。

 

 

必ずしもスタッフみんながみんな、

あなたに協力的で能力がある…というわけにはいかず

使えないスタッフを雇わざるを得ない場合もあるでしょう。

 

 

『使えないスタッフのせいでストレスが溜まる一方!』

『医院の評判が落ちはしないだろうか…』

『使えないスタッフばかりで業績も頭打ちだ!』

 

 

こんな愚痴はそこら中の院長から聞こえてきます。

しかし、愚痴ばかり言っていても使えないスタッフは

いつまでたっても使えないスタッフのままです。

 

 

ある日突然使えるスタッフに生まれ変わったりはしません。

そんな使えないスタッフを少しでも成長させ、

何とか使えるスタッフに育て上げる方法を考えてみましょう。

 

 

そして、スタッフだけでなく、あなた自身の

「教育力」「リーダーシップ」などの成長にも繋げられるなら

誰も損をする人はいないはずです。

続きを読む

これだけ!歯科医院の院長が手にするべき2種類のリーダーシップ ③

leader

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

リーダーシップについて話しています。

素のままではリーダーシップを

うまく発揮できない院長には

前回、前々回とともにお読みいただきたい内容です。

 

 

【リーダーシップには2つの側面がある】

【それぞれ考え方も対処法も違う】

 

 

ということで、まずは

『あなたのリーダーとしての特性』

についてお話ししました。

 

 

今回はもう1つの側面について

お話ししていきます。

続きを読む

これだけ!歯科医院の院長が手にするべき2種類のリーダーシップ ②

leadersip

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

リーダーシップについて話しています。

今回の話は素のままでは

「なかなかにリーダーシップとは難しい」

と感じているあなたのためのものです。

 

 

前回は

 

【リーダーシップには2つの側面がある】

【それぞれ考え方も対処法も違う】

 

というところまでお話をしました。

 

 

この両者を混同しているとリーダーシップが

わかりにくくてなってしまいます。

まずは『全体像』をしっかり把握していきましょう。

続きを読む

これだけ!歯科医院の院長が手にするべき2種類のリーダーシップ ①

leadership

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院は小さいとはいえ組織で成り立っています。

(もちろん大きなところもあるでしょうが)

そうなれば当然院長であるあなたには

『リーダーシップ』が求められます。

 

 

まさに人間関係そのもの、

たった1人でも部下ができれば

そこにはリーダーシップを意識することになります。

 

 

どんな職業職種においてもこのことは真実。

それゆえ、どこぞの見知らぬ書店に飛び込んでも

リーダーシップに関する書籍の2〜3冊は

必ずおいてあるものです。

 

 

しかしながら世の中には特に意識せずとも

存分にリーダーシップを発揮できる方もおいでです。

 

 

そういう方はギフトに感謝しつつも

今のままでよろしいでしょうから

今回の話はお役に立てません。

 

 

今回の話は素のままでは

「なかなかにリーダーシップとは難しい」

と感じているあなたのためのものです。

続きを読む

スタッフが自発的に成長していく『労働環境の整備』の勘所 ⑤

経営指標

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

歯科医院経営ではその業態上

スタッフには自律的に

職務を遂行してもらう必要があります。

 

 

スタッフ自身に

自発的に勉強・成長して欲しい…

歯科医院の改善や品質向上に寄与してほしい…

 

 

あなたがそう思うなら

『労働環境の整備』は必要不可欠です。

 

 

『労働環境の整備』の勘所を

歯科医院経営を指南する歯科医師として

4回にわたって話して来ましたが

第5回の今回はその最終回となります。

 

 

長くなったので今回は最後にまとめがあります。

 

 

スタッフが自発的に成長していく

『労働環境の整備』の勘所 ①

 

『労働環境の整備』の勘所 ②

 

『労働環境の整備』の勘所 ③

 

『労働環境の整備』の勘所 ④

続きを読む

スタッフが自発的に成長していく『労働環境の整備』の勘所 ④

vision-1

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

スタッフに自発的に勉強・成長して

さらには歯科医院の改善にも寄与してほしいなら

『労働環境の整備』は必要不可欠です。

 

 

『労働環境の整備』の勘所を

歯科医院経営を指南する歯科医師として

前回に引き続き話していきます。

 

 

スタッフが自発的に成長していく

『労働環境の整備』の勘所 ①

 

『労働環境の整備』の勘所 ②

 

『労働環境の整備』の勘所 ③

続きを読む

スタッフが自発的に成長していく『労働環境の整備』の勘所 ③

happy-family

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

自発的に勉強・成長してほしい、

歯科医院の改善に寄与してほしいと思うなら

『労働環境の整備』は必要不可欠です。

 

 

『労働環境の整備』とは、スタッフが

毎日がんばろうと思うような

【納得できる理由】を用意することに他なりません。

 

 

『労働環境の整備』の勘所を

歯科医院経営を指南する歯科医師として

前回に引き続き話していきます。

 

 

スタッフが自発的に成長していく

『労働環境の整備』の勘所 ①

 

『労働環境の整備』の勘所 ②

続きを読む

スタッフが自発的に成長していく『労働環境の整備』の勘所 ②

制度の整備

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

スタッフには自律的に職務を

遂行してもらう必要があります。

 

 

さらに、自発的に勉強・成長してほしい、

歯科医院の改善に寄与してほしいと思うなら

『労働環境の整備』は必要不可欠です。

 

 

『労働環境の整備』とは、スタッフが

毎日がんばろうと思うような

【納得できる理由】を用意することに他なりません。

 

 

『労働環境の整備』の勘所を

歯科医院経営を指南する歯科医師として

前回に引き続き話していきます。

 

 <前回まで>

スタッフが自発的に成長していく

『労働環境の整備』の勘所 ①

続きを読む

スタッフが自発的に成長していく『労働環境の整備』の勘所 ①

Staff

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

歯科医院の院長の仕事の1つにスタッフ管理があります。

スタッフ・従業員の総数が10名を越えると

組織的なマネジメントが必須となります。

 

 

逆に10名以下なら院長であるあなたが

スタッフ全員を管理することが可能です。

 

 

ただし、あなたが治療の際には必然的に

患者の口腔内に神経が集中しますから、

あなたの歯科医院の稼働状況や

あなたのキャパシティによっては

管理可能な人数は上下します。

 

 

いずれにしても、あなたがスタッフの全ての行動を

見張っていることは不可能ですから

スタッフ・従業員には自律的に職務を

遂行してもらう必要があります。

 

 

さらに、あなたがスタッフ本人に

自発的に勉強・成長して欲しいと思ったり、

あなたの歯科医院の改善や品質向上に

スタッフに進んで寄与してほしいと思うなら

『労働環境の整備』は必要不可欠です。

続きを読む

清潔感のある・なしを分ける5つの分水嶺(下)

清潔感

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

歯科医院が医療を扱っている以上、

『清潔感』は重要なファクターです。

 

 

ただ、最終的に患者の印象に残りやすいのは

院長であるあなたやスタッフ、

出入りしている関係者も含めて

【人】それぞれの清潔感になります。

 

 

では患者はどのようなことで

清潔感があるorないを感じ取るでしょうか。

 

 

前回から「清潔感のある・なしを分ける分水嶺」について

できる限り具体的に話しをしています。

続きを読む