あなたの歯科医院をブランド化する3ステップ1/3

20140415前回、「ブランド=約束」という話をしました。

今日の話はそれを踏まえてになります。

 

 

 

あらかじめお断りしておきますが、

最終的に患者があなたの診療を求めて

何もせずとも集まってくるようなことにはなりません。

 

 

 

ブレイクするきっかけを掴んで

結果としてそうなる可能性はゼロではありませんが、

狙って実現できる程、諸条件が揃えられません。

 

 

 

また仮に諸条件が揃ったとしても、

確実にブレイクするとは断言ができないモノです。

ですので。それを目指したい方は

これ以上読み進めても時間の無駄です。

貴重な時間は別のことにお使い下さい。

 

 

 

歯科医院をブランディングして得られるものは、

あなたの医院が「○○な歯医者」、「××な歯科医院」と

患者から認識してもらえることです。

 

 

 

この○○や××はあなたが患者にする「約束」になります。

「約束」を認識してもらうことこそがブランディングです。

当然、○○を求めている患者に対してのアピールは

高くなるというわけですね。

 

 

 

それでは、実際のブランド化のステップを話していきましょう。

 

ステップ1:どんな「約束」をするか、を決める。

 

大別すると2つの手法があります。

Top DownとBottom Up形式です。

前者は医院全体のコンセプトの約束から、

後者はそれぞれの治療に対する約束から決めていきます。

 

 

 

大抵の方がやりやすい後者から説明しましょう。

まず、メインの治療、メインにしたい治療、好きな治療・・・

頻度を高くしたい、高くなっている治療等を書き出します。

 

 

 

それぞれの治療で患者にする約束を検討して書きます。

例)Fop→切開を限界まで小さく。C3→初診では抜髄しない。

 

 

 

抽象度を上げて、できるだけたくさんの治療が含まれるような

患者にも理解できる約束=コンセプトを考える。

例)Fop⇒肉体の侵襲を極小化。C3⇒侵襲を避ける努力。

→削る・抜く・切るなど身体を傷つけることは極力しない

 

 

 

コンセプトから考える場合はこの逆のパターンになります。

 

 

 

注意点としては、

1、主力の診療はほぼ全てが含まれるような

約束=コンセプトにすること。

 

2、考えた約束=コンセプトからかけ離れすぎて

どうにもならない治療は辞めてしまうことも考える。

 

3、コンセプトとして患者に約束→

→約束を守るために個々の診療の材料や手法にこだわり。

この流れがスムースな程、良い約束ということができる。

 

 

 

どんな約束にするか?

Top Down形式でもBottom Up形式でも

あなたがやりやすい手法で良いでしょう。

 

 

 

患者とする約束ですから、患者にわかりやすい言葉で

患者の得になりそうなことの形にまでして下さいね。

 

 

 

 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

ここまで約束を作ったとしてもう1点、

心得ておかなければならない「あること」があります。

 

 

 

完全にコントロールするのは難しいので上記の

注意点に入れなかった「あること」とはいったいなんでしょう?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

 

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

ブランドについてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

 

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー