その雇用、間違っていますよ!

20141030記憶が曖昧なのですが、すくなくとも15年以上前の事です。

歯科医院の開業コンサルタントだという人物と話をしたことがあります。

基本的には新規の立ち上げしか対象としないようなことを言っていました。

 

 

今考えてみれば、この発言からも実力のなさが伺えます。

年数たった医院は得意じゃないと言っているようなものですから。

 

 

その方はこんなことも言っていました。

「開業当初は多めにスタッフを雇っておいた方が良い。」

彼と話した当時は『そんなものかねぇ。』程度の感想でした。

しかし、今は違います。

 

『なに、馬鹿なこと言ってるんだ!?』

 

 

そもそも、スタッフが何のためにいるのかを

完全にはき違えています。

スタッフは雇った方が利益が上がるから雇うものです。

 

 

歯科医院を運営していく上で必要な業務のすべてを

院長であるあなたがこなせるのであれば

スタッフなんていらないのです。

 

 

歯科の技工でなら理解しやすいはずです。

技工はやろうと思えばすべてあなたにもできます。

しかし、技工士に任せた方がその分の時間を使って

歯科医師にしかできない、もっと収益性の高い仕事ができるから

技工の仕事を技工士に廻しているのです。

 

 

スタッフも同じです。

あなたが抱えきれなくなった業務のうち、

生産性の低い、収益を生まない、時給の安い業務を

雇ったスタッフにやらせるのです。

 

 

その結果生まれた時間とエネルギーを使って、

あなたはもっと価値ある仕事をするのです。

利益が上がるから、あるいは利益を上げるために

スタッフを雇うのです。

楽するためにスタッフを雇うわけではありません。

 

 

言い方を変えるなら、

「あなたが抱えきれないほどの仕事の絶対量がないなら

スタッフはゼロでいい。」ということです。

 

 

開業当初どれだけの仕事量になるのかは

正確にわかるはずもありません。

ならば、台所事情も楽ではない中で

多めにスタッスを確保しておく意味もありません。

 

 

意味がないどころか、怠け癖をつけてしまって

少しでも仕事量が増えると文句を言うようになります。

 

 

経費の中で人件費の占める割合は高くなりがちです。

何となく雇って賃金を支払うのはばかげています。

働かないスタッフなんてもってのほかです。

 

 

あなたに医院はスタッフを雇いすぎていませんか?

 


 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

本文中でも言った通り、スタッフに廻す仕事は

基本的にはあなたが抱えきれない仕事です。

 

 

当然、誰にでもできる、単純で収益とかけ離れた仕事から

廻していくのが合理的です。

 

 

要するに時給の安そうな仕事は金を渡して他人にやらせ、

時給の高い、収益を左右する仕事を自ら行なうということです。

 

 

そう考えると、スタッフに廻していく順位としては

かなりアトの方にするといい、ある業務があります。

その業務とはどんな業務でしょう?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

雇用についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー