スタッフに行動させる2つのポイント x 3つのテクニック3/7

20140519スタッフに行動させることについて話しています。

 

スタッフには長く努めてもらった方がいいのか、

それともそこそこの年数で退職してもらう方がいいのか、

このあたりは意見が分かれるところです。

 

 

 

ある程度の期間で辞めるなら辞めて欲しいと考える理由は

 

 ・賃金が抑えられる。

 ・院内の活性化・新陳代謝

 ・人間関係のリセット・再スタート

 ・平均年齢の上昇抑制

 

 

 

一方、できるだけ長期間務めて欲しいと考える理由は

 

 ・募集、採用、教育の手間とコストの削減

 ・連携・カバー・チームワークの構築

 ・患者の安心感・馴染み感

 ・機器・診療システムへの習熟

 ・ポリシー・理念の理解と実現

 

といったところです。

 

 

ここはあなたの診療方針や診療形態によって

どちらが正解ということはありません。

あなたが決めてよろしいですし、

他の先生が口を出す必要もありません。

迷うようならこういったことにも

“近”は相談に乗っています。

 

 

 

いずれにしてもスタッフにはあなたの思うように

行動をしてもらうことは絶対必要です。

そのためのポイントとテクニックになります。

 

 

 

2つのポイント x 3つのテクニック その②

 

 

2つのポイントはこうでした。

『行動を促進させる事由・アイテム等を極力用意する』

『行動を阻害しそうなモノ・人などを極力排除する』

 

 

今回は『促進側』のテクニック その②です。

 

「現状と将来像を認識させる」

 

 

 

スタッフには目的と目標をはっきり示しました。

ではその次は行動したら得られる将来の状況、

将来のスタッフの姿を現在の状態とともに

しっかり伝えることです。

 

 

 

スタッフは目標を示されて行動せよと命令されても

積極的に行動する理由がありません。

「首になる」「怒られる」などの

ネガティブな理由しかないのです。

 

 

 

そこで積極的に行動する理由付けを

できる限りたくさんしてあげるということです。

 

 

 

なにはともあれ、給与・賞与については、

人事評価のポイントと概算を伝えることです。

考課が定まっていないなら、この際検討して下さい。

1度決めてしまえば変更等も楽にできます。

 

 

 

金銭面以外にも、行動をし、目標を達成していくことで

得られるものがたくさんあるはずです。

スタッフにとってのメリットという形で、

できれば是非そうなりたいと思えるような姿を

リアルに思い浮かべられるように教えてあげて下さい。

 

 

 

さらにその将来像と現状を対比しながら伝えることで

ギャップが大きく現実感を伴ってスタッフに届きます。

決して現状を否定してはいけません。

あくまで、素晴らしい将来像をより輝かせるために

現状との違いを際立たせるということです。

 

 

 

例えば、患者とのコミュニケーション能力が上がる、

そういう話であったとします。

この時のスタッフにメリットが感じられる将来像としては

 ・歯科医学的指導・アドバイスに患者が従う

 ・成果が上がると感謝される・信頼される

 ・指導の時間自体は短縮されていく

 ・素直でやりやすく、感謝もしてくれる患者と仕事ができる

 ・支払い・予約等の事務手続きも面倒が起こらない

 ・無断キャンセル・遅刻・変更等が減少して楽

 

 

こういうコトを現実感を持って伝えると同時に

現状が示した将来像とどれだけ違うのか、

どれだけ損をしているのか、対比するのです。

 

 

 

示した将来像が魅力的で実益を感じられる程

スタッフは行動に対して積極的になってくれます。

これをスタッフに伝える役は、賃金の話もあるので

最初はあなたがしてください。

 

 

 

これによって、あなたのスタッフに関する考えや

診療方針などが微調整されて明確になるという

副産物も期待できます。

 

 

 

 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

将来像をスタッフに話す時に

前面に出して言うのは憚られるのですが

ほぼ確実に響くキラーワードがあります。

 

 

 

そっと伝えてあげた方がいい

このキラーワードとはいったい何でしょう?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

 

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

スタッフについてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー