ホスピタリティと歯科医院のスタッフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20140119あきらめFrom:近  義武【intellectual(インテレクチュァル)

東京後楽園より

 

こんにちは、歯科医師で経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

あなたはホスピタリティについてどう考えますか?

今回はそんな話です。

 

 

 

ホスピタリティ

「ホスピタリティ」とは、「思いやり」「心からのおもてなし」という意味です。
特にサービス業でよく使われております。

ホスピタリティの語源は、ラテン語のHospics(客人等の保護)です。
それが英語のHospital(病院)Hospice(ホスピス)と色々な言葉に発展したのです。

これらは対価を求めているのではなく、おもてなし・喜びを与えることに重きをおいている点が大きくサービスと違います。ホスピタリティにおいて重視されるのは、人間性や信条、個性、感性などであり、報酬を求めての行動ではありません。
おもてなし・喜びを通じて、報酬は結果としてついてくるという考えです。

 

 

 

スタッフにはなんとかホスピタリティを

身につけてもらいたいと思っているドクターは多いはず。

スタッッフ管理・教育の問題点の一つですね。

 

 

 

歯科医院においては、経営に対する一人一人のスタッフの

寄与率がどうしても高くなります。

 

 

 

少人数のチームで経営し、診療以外は全てスタッフ任せ、

接客応答の主体はスタッフ、1人の患者に多数のスタッフが関わってくる、

などの理由によるものです。

 

 

 

で、あなたも含めて院長先生は、

接遇、スタッフ教育、モチベーション、

自覚を持たせる、役割分担、などのキーワードで

ポスピタリティを身につけさせようと思うわけです。

 

 

 

はっきり言います。

無理です。できません。あきらめて下さい。

 

 

 

ポイントは主に4つ。

1、元々の素養がない。

我々歯科医師も含めて、衛生士、助手、技工士、

ろくな人材はいない。

2、見本がいない

真似できる人材もいない。

3、チェックと指摘・指導ができない

院長が診療に集中する程、他のことはできなくなる。

4、ホスピタリティを持った人はすぐに辞める。

他の好条件の就職先に移っていく、もしくは結婚退職。

 

 

 

育たない、育てられない、育ってもいなくなる・・・

考えるだけ無駄というものです。

 

 

 

よく、「イイ人がこない」「募集しても良い人材に巡り会えない」

と嘆いている院長先生がいますが、元々いないのですから当然です。

 

 

 

まず、本当に優秀なら将来、独立することもほとんどできない

こんな歯科のスタッフよりも別分野を進んでいきます。

仮に歯科の道に進んだとしても既に他の医院で厚遇されていて

就活市場にでてきません。

 

 

 

さらに言えば、あなたの募集条件が他と似たり寄ったりなら、

あなたの医院に勤務してくれる可能性がもっと下がるのは当然です。

 

 

 

仮に素晴らしい原石を手に入れても、手本がおらず、

ホスピタリティを唯一理解しているであろうあなたは

診療をしていて手が離せません。

原石はいつまでたっても原石のままです。

 

 

 

そして、幸運にもホスピタリティを既に身につけているスタッフや

身につけてくれたスタッフに恵まれても、その人の優秀さは

他の人にもわかることですから、引き抜かれたり、あるいは

恋愛を成就させて永久就職し、いずれいなくなってしまいます。

 

 

 

優秀なスタッフに囲まれて、何不自由ない診療を没頭して行う・・・

そんなファンタジーを追いかけるのはもう辞めましょう。

あなたにとって不満だらけのスタッフをどうにかして

使っていくしか他に道はほとんどありません。

 

 

 

レア食材はあきらめて、手に入る素材でそれなりの料理を

作る工夫をする方がずっと建設的で現実的でしょう。

 

 

 

あきらめるところから始める・・・

禅問答の様ですが、幻想を追って嘆き続けるよりはましです。

にわかには受け入れがたいかもしれませんが、考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

ところで、気がついたでしょうか?

 

不満だらけのスタッフをどうにかして使っていくしか

他に道はほとんどありません

 

と言ったことに。

 

 

 

ほとんどないということは、ごくわずかにはあるということです。

さて、それはどういうことでしょう?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

 

 

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

http://consultant-dentist.com/membership

 

にて、お話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

 

本日はこれにて終了です。

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 

応援、ありがとうございます!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

ホスピタリティについてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*