今回は点数改定に備えて下さい

20140217基本診療料From:近  義武【intellectual(インテレクチュァル)

 

東京銀座より

 

 

こんにちは、歯科医師で経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

今日は気になる記事をみつけましたので紹介させていただきます。

 

それは・・・

 

 

======ここから======

 

 

歯科診療報酬改定 初診料16点、再診料3点増

 

 

平成26年度診療報酬改定の消費増税に伴う医療機関の補填について

中医協は5日の総会(会長=森田朗学習院大学法学部教授)で、

歯科初診料を16点、歯科再診料3点の引き上げ案を了承した。

地域歯科診療支援病院歯科初診料は12点、同再診料は3点引き上げる。

 

 

さらに歯科訪問診療料についても増税分を考慮し、若干引き上げる。

初・再診料については診療側、支払側の引き上げ幅を巡る意見が対立し、

中立的な立場の公益側の裁定に委ねられていた。

 

 

同日の総会で森田会長は、消費増税分財源のほぼ全てを基本診療料に充て、

歯科初・再診料を16点、3点引き上げる案を支持し、両側とも受け入れた。

これにより歯科初診料は234点、歯科再診料は45点になる見通しで、

他の診療項目の点数と合わせて12日の総会で診療報酬点数は決まる。

 

 

======ここまで======

 

 

いよいよ、本年4月の改定の中身が定まってきました。

以前にもお伝えしましたが、今回の改定においては、

以下の枠組みが決まっていました。

 

 

 

「消費増税に伴う医療機関の仕入れコスト増の補てん分(1.36%)

を含めて全体で0.1%の引き上げとなっている。」

 

「消費増税対応分を除くと実質1.26%のマイナス。」

 

「診療報酬本体は消費税対応分込みでプラス0.73%

(うち増税対応分改定率0.63%)。」

 

 

 

これを踏まえた、中医協での話し合いの結果、

「消費増税分財源のほぼ全てを基本診療料に充てる」

という診療側の案でまとまったわけです。

 

 

 

その結果、歯科初・再診料が16点、3点引き上げられ、

歯科初診料は234点、歯科再診料は45点となりそう。

 

 

 

補足を加えた記事の内容としてはこんなものです。

この内容に対して支払い側が猛反対していたのですが、

理由がわかりますか?

 

 

 

基本診療料は患者ら医院ごとに100%されるので、

改定分がそのまま支払い総額のアップに反映される

コトになるわけです。

 

 

 

支払額を少しでも抑えたいというのが支払い側の本音ですから

算定頻度の低い項目で財源を消化して欲しかったのでしょう。

結果、猛反対したものの叶わなかったということです。

 

 

 

しかし、今回の改定を我々は手放しで喜ぶわけにはいきません。

なぜなら、実質マイナス改定であることが

患者にはほとんど知られていないにもかかわらず、

歯科初・再診料という明細領収証でわかりやすい項目が

増点されているからです。

 

 

 

点数改定と同時期に消費税率が8%に引き上げられますから、

患者は金額にかなり敏感になると予想できます。

 

 

 

便乗値上げじゃないかとか、医療費は適応外じゃないのかとか

こちらが何の不正もなく算定していることも

患者にとっては素直に納得しかねることになりそうです。

 

 

 

はっきりいって面倒ですが、保険診療を扱う限り

避けて通れそうにありません。

 

 

 

今現在でも駆け込み需要によって、

消費行動が活発化し始めている分野もチラホラ耳にします。

歯科の分野ではなかなかそうもいかないですが、

4月以降の来院抑制の方はまず間違いのないところです。

 

 

 

ざっくりとでもそんな話を院内掲示するとか

あなたも含めてスタッフと患者との雑談のネタにするとか

あらかじめ手を打っておくのはどうでしょう?

 

 

 

何もしないで、理不尽な思い込みから

あなたやあなたの医院の信頼度が落ちるのは

もったいない話です。

 

 

 

一工夫、二工夫してみませんか?

 

 

 

 

ところで、そんな面倒くさいことなんて

何もしなくていいような医院も存在します。

そういう医院の共通点はどんなことだと思いますか?

 

 

 

 

さぁ、いつものように考えてみましょう。

なんだと思います?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

==========================

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ
http://consultant-dentist.com/membership

 

にて、お話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

そして

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=========================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

また他にも、歯科医院の経営に関連する記事や

気になる記事を紹介して詳しく解説してあります。

「話題・注目」にまとめておりますので、参考になさってください。

 

=========================

 

 

本日はこれにて終了です。

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 

 

応援、ありがとうございます!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

点数改定についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!

 


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きな患者さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営コンサルタント

新患獲得・再診継続コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

   http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です