患者に意見を尋ねてはいけない場面

20140515今日は気になる記事をみつけましたので紹介させていただきます。

それは・・・

 

応急処置では根本解決にならない!

歯の短気治療を繰り返す人は要注意

 

======ここから======

 

5月6日(火)12時30分配信

 

 

 

応急処置を繰り返すのは望ましくありません

 

歯の治療前にどこまで治したいか

患者さんの希望を聞く歯科が多くなってきました。

「悪いところは全て治したい」「応急処置だけでいい」など、

要望はさまざまです。 もちろん忙しい患者さんの場合、

治療期間を少しでも短くしたいと思うでしょう。

しかし、短期の通院はときにトラブルの元になることがあります。

治療の要望を伝えるとき、

それぞれのメリットとデメリットは理解できていますか?

患者さんからのよくある要望別に、

メリットとデメリットをわかりやすく解説します。
■「痛みを取る応急処置だけしてほしい」

⇒応急処置の限界に注意

「痛みをとる応急処置だけしてほしい」。

これは病院嫌いの人にとっては、魔法のような言葉でしょう。

しかし残念ながら、治療をする側としては矛盾した要望です。

最終的な目的は痛みを取ることなのか、

本当に応急処置だけでいいのか、はっきりさせましょう。
応急処置だけで痛みが落ち着くのは、

基本的にはあくまでちょっとした違和感や、

ある瞬間だけ痛みがある場合だけ。

痛みが強い場合、基本的には応急処置では

改善しないと理解することが大切です。
強い痛みの場合、虫歯であれば

歯の神経を抜く治療や抜歯が必要なことも。

一般的に比較的時間がかかる治療が必要で、

その日のうちに痛みが落ち着かないことも多いです。

 

さらに歯ぐきの腫れなどがひどい場合も、

応急処置ではほとんど効果がありません。

歯周病の治療や、歯の根の治療を行い、

改善するのに数日~数週間程度かかることもあります。

応急処置で取れるのは、あくまで軽度の痛みだけ。

応急処置に過度の期待は禁物です。
■「痛いところを治してほしい」

⇒初期虫歯が放置されるデメリット

この場合、応急処置よりもしっかりした治療を

希望しているのだなとわかります。

このように希望をいう患者さんは、

大きく2つのケースに分かれるようです。

□自分の口の中の状態を把握できている場合

口の中の全体の治療後1年以内や、

定期検診を欠かさず受けている患者さんなど、

それまでの治療で自分の口の中の状態を

だいたい把握できていれば、

「この部分だけ治せば、しばらくは大丈夫そう」と

判断ができるでしょう。この場合は、

痛いところだけの治療で問題ないことが多いです。
□治療はしたいが、最小限で押さえたい場合

問題が起こりやすいのはこちらのケース。

痛い部分さえ治療すれば問題ないと思う人が多いようですが、

歯の痛みの原因は、単純に1本の歯だけの

独立した問題ではないことがあります。

たとえば、痛みの原因は噛み合わせのバランスや、

噛み合わせの力の配分のこともあります。

その場合、痛い歯は結果であって原因ではないことも多いのです。

こういうケースでは、「今は痛くない歯」も

一緒に治療しない限り、トラブルが続くことがあります。

さらに多いのは、痛い歯だけを治療して、

他の進行中の虫歯を放置してしまうこと。

虫歯は痛くない時に治した方が、時間、回数、費用など

全ての負担が少なくて済みます。

面倒でも一度しっかり完治させておかないと、

いつまでたっても病院通いが必要になってしまうのです。
■「とりあえず痛みが引いたので通院をやめます」

⇒抜歯リスクが残る

最もよくない選択肢です。たとえば、虫歯が原因で

歯の神経を取った場合、痛みはなくなります。

しかし、治ったわけではありません。そのまま治療を止めると、

治療前より歯のダメージが急速に進行してしまうのです。

神経を取ったということは、歯の内部に穴がある状態。

仮の詰め物があったとしても、

時間とともに内部に虫歯菌などが入り込み、

内部から歯を溶かして崩壊を促進してしまいます。

悪化速度も速いです。

外側のエナメル質を溶かす時間に比べ、

内部の象牙質では急激に虫歯が

進行しやすいという特徴があります。

神経を取った後、数年後に再び痛くなって

治療しようとしたところ、すでに手遅れで

抜歯しか選択肢がなくなるのは、よくあるケースなのです。
強い痛みが出てから慌てることがないよう、

定期検診などを上手に利用して

歯の健康を維持するように心がけてください。

文・丸山 和弘

 

 

======ここまで======

 

まず、この話は根本的に間違っています。

『患者さんの希望を聞く』コト自体がNGです。

 

 

 

主体は常に我々であるべきです。

最終的に来院する・しないの決定は患者がするにしても

こんな段階で希望を聞くべきではありません。

 

 

 

この患者には来院・受診させたいと考えたなら

そうなるべくアプローチするべきですし、

来院・受診させたくないなら

はっきりと断るべきです。

 

 

 

小さな違いにしか感じられないかもしれませんが

とても大事なことです。

 

 

 

だからこそ、この記事だって本来なら

「ドクターの診断を最優先しましょう」的な

歯科医師に従うことを促すものであるべき。

 

 

 

患者が歯科のことを知らない・理解できないのは

あなたも経験上よくわかっていますよね。

そんな患者を教育するにしても

勝手な判断を助長する内容は間違っています。

 

 

 

こんなことを続けていたら

確実に患者に振り回されて後手に回ります。

目も当てられませんから今すぐやめて下さい。

 

 

 

 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

患者に振り回されないためにも

我々が患者をコントロールする必要があります。

 

 

 

その際キーとなるのは主に心理的感情です。

 

1、信頼

2、好意

3、○○

 

これでコントロールするのですが、

この3番目に当てはまる感情は何でしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

“近の答えは”

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ
https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

にて、お話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

そして

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=========================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

また他にも、歯科医院の経営に関連する記事や

気になる記事を紹介して詳しく解説してあります。

「話題・注目」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

=========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

格付けについてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!

 


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きな患者さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営コンサルタント

新患獲得・再診継続コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

   http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

 

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー