患者への『説明』5つのポイント3/5

20140406あなたは学生時代、運動部に所属したことはありますか?

スポーツ系、武道系、球技・・・どんなものであろうと

一向に構わないのですが、とにかく身体を使うクラブ活動です。

 

 

 

そうでなくとも、練習・習熟を必要とするコトを

何かしらやったことがあるのなら、ちょっと思い出して下さい。

練習はどんな感じで行っていたでしょうか?

 

 

 

毎日、本番や試合と同じ形式での練習ではなかったはずです。

大抵の練習は、あるシチュエーションを抜きだして、

単純化した形のことを繰り返しやりましたよね。

 

 

 

例えばサッカーなら、毎日紅白戦ばかりやるわけではなく、

1対1、2対1、シュート練習、セットプレー・・・

細かく分解してそれぞれを繰り返してうまくなっていきましたよね。

 

 

 

我々人間の脳は基本的にはマルチタスクに対応していません。

身体のコントロールも意識して同時に動かせるのは数カ所のみです。

それを目的に応じて最適化していく作業が練習であり、

神経伝達系を反射に近い状態にまでできれば半自動で

最適化した動きを再現できるようになります。

その再現可能で意識の力をほとんど使わなくなったものが技術です。

 

 

 

患者への説明もいわば技術なので練習によって上達します。

しかし、複雑すぎる行為では習熟することができません。

しかも我々のような歯科医院の経営者には

他にもやる仕事が山盛りにあって練習する時間など取れません。

 

 

 

なので、患者への『説明』5つのポイントその3!

 

 

『患者にする説明のテーマは1回1つにする』

 

 

 

限られた時間でたくさんのことを伝えようとしても、

情報の料理・処理の仕方がまずければ

患者は消化不良を起こしてしまいます。

 

 

 

患者の方も理解力は小5程度なのですから、

仮にうまく処理されて情報を渡されても

キャパを上回ればやっぱり消化できない結果になります。

 

 

 

説明のテーマを1回1つにするということは、

我々説明をする側にとっても、

説明をされる患者側にとっても利があることなので

まさに一石二鳥ですね。

 

 

 

そしてテーマはあらかじめ分類しておくといいでしょう。

患者への説明は大体「病状・現状」「治療法」です。

「病状・現状」なら『C2』『中等度歯周病』などなど・・・

「治療法」なら『CR充塡』『抜歯』『暫間固定』などなど・・・

 

 

 

どうせ初めから完璧な分類なんてできませんから、

「こんなもんかな」くらいで十分です。

 

 

 

患者に説明してみて、あまりうまく行かないなと感じたら

その内容を変えるのではなく、分類の仕方を変えて下さい。

2つのテーマに分けるとか、2つだったものを3つにするとか、

たいていは1回に多くの内容を詰め込み過ぎですから

細かい分類になっていくと思います。

 

 

 

「患者が理解できなければ、どんなに説明しても無駄」

このことは肝に銘じておかないと

いつまでたっても独りよがりの説明を続けることになります。

 

 

 

またサッカーの例えになりますが、パスを通すには、

①相手の技量に会わせたパスを出す

②パスの精度を上げる

この両方が必要です。

 

 

 

テーマを絞ることであなたの説明の習熟度は

繰り返すたびに洗練されていきます。

最初から完成形になっている必要はないので

気軽に取り組んでみてはどうでしょう?

 

 

 

 

 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

テーマを1つに絞ることによって、

説明される患者も理解がしやすい・・・。

説明する我々も習熟していく・・・

 

 

 

この利点2つをお話ししました。

実はもう1つ、隠れた利点があるのです。

さて、それはなんでしょう?

 

 

 

今回は簡単ですね。

ですからノーヒントです(笑)

でもキチンと考えて下さいね。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

 

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

説明についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー