歯科医院の経営上、新患には多大な価値がない

20140402 今日は質問が届きましたのでお答えしたいと思います。

どうぞご参考に。

 

【質問】

T.Aさん


 

初診でアポイントなしの急患とアポイントの3分前にキチンと来た

再診の患者が待合室にいます。

 

片方入室させたらもう片方はしばらく待たなくてはなりません。

もうすぐアポイントの時間です。

どう対処したらいいでしょう?

 


【回答】


 

この質問、そっくりでなくても類似の話はよく話題にされます。

何がわからないのか?“近”にはよく理解できないところがあります。

 

 

 

結論から言うと、「再診患者を診る」です。

患者がアポイントを守っているのに

医院側が反古にするわけにはいかないのです。

 

 

 


 

「新患が欲しい」「見たことない保険証がうれしい」・・・

そういう声もよく耳にしますが、ちょっとまってください。

そんなに新患が大事ですか?

 

 

 

当たり前だ!と叱られそうですが、

新患至上主義は経営的に間違っています。

質問の例など人間的にどうなんだという話です。

約束をなんとか言い訳までして破って新患を診る気ですか?

 

 

 

確かに気持ちはわからなくもないのですが、

新患至上主義に陥りやすい理由について冷静に考えましょう。

そう考えてしまうポイントは3つほどありそうです。

 

 

 

1、今いる患者はいずれ治療が終了してこなくなるから、

新患を迎えなければ患者がいなくなってしまう。

 

メンテナンスの患者を増やせばいいのでは?

 

 

2、広告宣伝費をかけているからもったいない。

 

広告を見てきたのかどうか測定可能にしていますか?

測定できているのなら再初診を促す方がコストは

1/5〜1/10だとわかるはずなのですが・・・

 

 

3、気に入ってもらえればかかりつけ医院にしてくれる

 

どんな人物かもわからないのにですか?

 

 

 

患者は普通に接すればいいのであって、

特に重きを置いて診る必要はないでしょう。

新患は必要ですが、至上主義になるほどではありません。

 

 

 

大切にするならむしろ、気の知れた常連の患者でしょう。

患者の紹介を頼むのもよし、自費を勧めるのもよし、

教育してメインテナンスに来させるもよしです。

 

 

 

新患に頼らなければならない状況というのは

再診の患者をある意味大事にしてこなかった結果ともいえます。

主訴がすんだら来なくなってしまう患者が多いなら

主訴が終わるまでに患者を教育できなかった医院側の責任です。

 

 

 

新患至上主義をあらためると同時に、

既存の患者の価値やその活かし方も

考えてみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

最寄り駅に広告看板を出している歯科医院がありますよね。

広告規制で仕方がないとは言え、面白みも何もないヤツのことです。

あなたも出稿されているかもしれません。

 

 

 

あの駅看板のほとんどが効果を測定できません。

つまり看板を見て来院するに至ったのかどうか不明なのです。

でも、中にはごく一部ですが、

測定できるようにしてあるものもあります。

それにはある仕掛けがしてあるのですが、

さて、それはなんでしょう?

 

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  
 

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「Q&A」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

患者の価値についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  
 

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー