歯科医院の院長の労働時間のコントロール法 ①

20150325あなたはご自身の労働時間とその対価である収入の

多寡やバランスを考えたことがあるでしょうか?

世間のサラリーパーソンがどのような形態で働いているか、

それを参考に少し考えてみましょう。

 

 

まぁまぁ、ざっくりとした彼らの平均像としては

週休2日、土日祝日休み、GW、お盆、年末年始休み、

1日7時間半から8時間労働というところです。

 

 

2014年度の1日当たり所定労働時間

(始業時刻から終業時刻までの時間から、

休憩時間を除いたもの)は平均7時間46分、

休日日数は年間120.0。

 

 

年間の所定労働時間は1902時間58分で、

単純計算すると、1ヵ月当たりは158時間35分、

1週当たり(52分の1)は36時間36分となります。

 

 

これで高給をとろうというのがおこがましい話ですが、

それはまた別の話です。

この平均像に比べて、我々歯科医院の院長は

確実にもっと長時間働いています。

 

 

超長時間労働

 

 

診療時間とは別に、カルテ整備、レセプト作成、

日計の管理、金銭の移動などの事務的作業に加えて

治療計画の立案、自らの研鑽…

かなり多くの時間を「仕事」に費やしています。

 

 

ちなみにスタッフは従業員で経営者ではありませんから

労働基準法などにより保護も規制も受けています。

1日8時間、週40時間労働という枠があります。

(条件を揃えれば若干の緩和は可能ですが。)

あなた並の働きをさせるのは違法です。

 

 

話を戻して、診療時間だけをサラリーパーソン並にしてみると

休日日数は年間120.0ですから、診療日数は245日…。

大の月が21日、小の月が20日診療するイメージです。

 

 

正直この段階で自分の医院の診療日数よりは

「2日ほど少ない」と感じる方が多いかと思います。

月に平均10日の休診日ということですから。

でもこれがサラリーパーソンの働き方です。

 

 

そして1日8時間弱しか働きません。

ここは我々もだいたい1日8時間の診療で同じです。

ただし、我々には「診療時間外」の仕事が加わります。

 

 

これだけ働いているのですから、

ある程度の収入を得ることには

遠慮などする必要は全くありません。

 

 

ましてや多額の資金を投下しています。

リスクを背負って行動をしたわけです。

少なくともそれに見合った収入は得るべきです。

 

 

院長はやろうと思えばいくらでも「自分の労働」を

自分の医院に注ぎ込むことができてしまいます。

従業員と違って賃金が形となって消えていきません。

このことが結局のところ、

『忙しいのにお金がない』原因にもなっているのです。

 

 

ではどうすればそんな現状を変えることができるのか、

そのことについてさらに次回も話していきます。

 


 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

ふた昔ほど前には

「サラリーマンは気楽な稼業〜」と唄われていました。

今現在の全てのサラリーパーソンが

そうであるという気はありません。

 

 

それでも「経営者」とは気構えが違っています。

何があっても最終的な責任は自分にきます。

今日失敗をしでかせば、明日は多額の借入金を抱えて

倒産の憂き目に遭うかも…という重圧の中で生きています。

 

 

我々院長のほとんどは「勤務医」を経験しています。

これも技術系のサラリーパーソンといえなくもないですが、

一般企業の平均像とは大きくことなっている部分があります。

 

 

さてそれはどんなことでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

診療時間についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー