歯科医院経営と歯科医師会

20140608歯科医師会を辞めたい・・・

入れというプレッシャーがキツい・・・

面倒くさい・・・

 

 

 

若い方、開業間もない方、地元歯科医師会の

結束が強い地域の方などから聞かされることがあります。

 

 

 

あなたがどうするべきなのかは超個別的です。

正直正解もありません。

なので、ここでは一般的・原則的なことと

“近”の考え方をお話ししましょう。

 

 

 

 

原則として、歯科医師会に所属していることで

あなたが提供するのと同等か、それ以上の価値が

歯科医師会からあなたにリターンされなければ

歯科医師会に所属する意味はありません。

 

 

 

そこで、

 

 

 

まずはあなたの時給を計算してみて下さい。

あなたの価値を把握しないことには話が進みません。

大事の前の小事として実際に計算をオススメします。

 

 

 

例を挙げましょう。

 

あなたが社会保険診療分として

毎月平均32万点をあげているとします。

 

一月平均20日間稼動したとして1日1万6千点。

8時間労働なら1時間2千点=2万円。

 

自費診療が月に48万円なら

同様に1時間あたり時給は3千円。

 

 

 

仮に毎月一回診療を1時間繰り上げて終了し、

歯科医師会の会合に出席するとしましょう。

この場合、1年間であなたが歯科医師会に提供する

価値は(1時間分の時給=2万3千円)x12です。

 

 

 

年1回、歯科医師会のイベントなどで、

土曜日に1日拘束されるなら

日給=18万4千円以上の価値を提供しています。

 

 

 

これに診療時間外で歯科医師会に提供した

あなたのプライベート時間の価値が加わります。

あなたがあなたの価値観で値付けして下さい。

どう見積もるかは個人差が大きいはずです。

 

 

 

楽しく感じられるのなら安く、

苦痛が大きい程高くなります。

 

 

 

家族と過ごす時間の減少がツラいなら高く、

それ程気にならないなら安く。

 

 

 

さらに諸費用、すなわち

入会金、年会費、交通費、飲食費・・・

おおよそ1年間で提供する価値を

全て計算してみて下さい。

 

 

 

今度は歯科医師会から得られるリターンを

計算してみましょう。

 

 

 

各種委託料・手当・健診費用・事業協力金・・・

学術講演会・保険説明会・各種トラブルへの対応・・・

挙げてみるとそれなりにあるはずです。

挙げられるだけ挙げて、金額に換算しましょう。

 

 

 

あらためて、言います。

歯科医師会に所属していることで

あなたが提供するのと同等か、それ以上の価値が

歯科医師会からあなたにリターンされなければ

歯科医師会に所属する意味はないのです。

 

 

 

次に、歯科医師会の団体としての性格です。

ただし、これは完全に“近”の私見です。

面倒くさいのでこのことに関して反論しないで下さい。

 

 

 

歯科医師会はテリトリーの行政に働きかけて、

大義名分のもと、いかに住民の税金を掠め取るか?

既得権益を守るか?(参入障壁調整を含む)

掠め取った税金をどうやって会員に配るか?

 

 

 

そんなことをしている団体です。

だから地域に密着している最小単位の会は

バラバラで独自色が強いのです。

 

 

 

歯科医師会に入るということは、

掠め取った税金の分け前を直接有利に受け取る権利を

お金や労働を提供することで手に入れるということ。

 

 

 

おまけ程度に患者の信頼度が上がる効果もあります。

ネット社会になった現在では

歯科医師会会員というのはブランドにはなり得ません。

 

 

 

純粋に自分の提供する物と受け取るもののバランスで

歯科医師会の入会を考えればイイと私は思います。

 

 

 

ただし、この点が厄介なのですが、

歯科医師会はこういった得られるもの(メリット)と

提供を求められるもの(デメリット)を

具体的には提示していません。

 

 

 

コネを使って同じ地元の会員に聞き出すしかありません。

だからほとんどの会員は、メリットもデメリットも

正確には把握しないまま、歯科医師会の性格も知らぬまま

歯科医師会に入会します。

 

 

 

中に入って初めてその内容を徐々に知っていく・・・

というと、排他的秘密倶楽部と変わりませんし、

実際にそんなものです。

入会金だって馬鹿になりませんしね。

 

 

 

ちなみに“近”は何も知らずに入会しました。

徐々に知ったあともやめませんでした。

メリットの方が大きいと判断しただけです。

 

 

 

ということで、あなたの価値観によって

歯科医師会の価値も変わってしまうのですが、

金額で示せる部分は全て金額に換算して

その上でプライスレスな部分を考えてみて下さい。

 

 

 

そうすることで、あなたが実際には

何に対して不満・不安・不平があるのかが

浮き彫りになります。

 

 

 

それだけを純粋に考えるコトで

歯科医師会への入会問題解決の

糸口が掴めるでしょう。

 

 

 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

特定の会員の方々との個人的な交流など

会に所属して築かれる人脈・人間関係の価値は

今回は見積もっていません。

 

 

 

これらがあなたにとって無限大の大きさの価値ならば

何の計算も必要なく、歯科医医師会に所属するという

選択肢を選ぶのが正解ということになります。

 

 

 

こちらはメリットですが、

見積もっていないデメリットも存在します。

さてそれはどんなことでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

 

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

歯科医師会についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー