歯科医院経営にもタイプがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20131210時分From:近  義武【intellectual(インテレクチュァル)

 東京両国国技館のそばより

 

こんにちは、歯科医師で経営コンサルタントの 近  義武 です。

 

新春セミナーの準備を急ピッチで進めています。

実際のところ、順調に進んでいます。

進んではいますが、気持ち的にはもう少し余裕が欲しいところです。

 

 

 

こうして机に向かっている時間が長いと、

『たまにはがっつり前歯部の支台歯形成でもしたいなぁ・・・』

なんてコトが頭に浮かびます。

 

 

 

頭に浮かんでから苦笑してしまうのですが・・・

歯科医院を経営していく上ではいろいろな局面があるわけですよね。

診療しているのはもちろんなんですが、他にも

 

 

患者と会話を交わしていたり・・・、

スタッフに指示を出したり・・・、

レセプトのチェックをしたり・・・、

業績の数値を会計士と一緒に検討したり・・・。

 

 

でも思い浮かぶのは診療のこと・・・。

 

 

 

“近”は技術者タイプというか、職人タイプの歯科医師なのだなと。

こんなことからも推察が利くものなのかと。

人の根底にあるモノはちょっとやそっとではかわらないんだと。

 

 

 

そんな思いが交錯してつい苦笑いになってしまったわけ。

 

 

 

当然ながら、“近”のような職人タイプとは別のタイプの先生もいる。

“近”はその人たちを事業家タイプと呼んでいます。

 

 

 

この二つの呼び名でだいたい得手不得手がわかろうかと思います。

いろいろな場面で違いがあるわけですが、今回は

診療所の形態にからめたお話を。

 

 

 

職人タイプの“近”はこんなことを考えます。

 

 

集中して診療がしたい。

その診療の間に起こる外部のことはスタッフに任せるから、

自己裁量で上手くやってくれ。

 

 

 

自分の思ったような診療をするためになら

高額な診療機器の導入も仕方ない。

早く準備してくれないかなぁ。

 

 

 

経営・・・面倒だな。

なんとか手を煩わせられない方法はないか?

 

 

 

スタッフの管理は婦長格のあのコにまかせていいか。

シフトに穴があかなければイイよ。

オペはまともな助手がいる時間帯に入れるように受付に言っておこう。

 

 

 

こんな感じです。

歯科医師会や勉強会で話してみると

似たり寄ったりの先生は結構いるようです、

 

 

 

そこで、冒頭に振った診療所の形態ですが、

職人タイプのドクターは分院展開をほとんど考慮しません。

だって気を配る場所がもう1カ所増えるのですから。

 

 

それよりも今の診療所を高いレベルで安定化させて、

自分の好きな治療をやりたいと思うようです。

 

 

 

ちなみに分院展開する事業家タイプのドクターは

患者の母数を増やして平均化することで、最適化した診療を

提供しつつ経営を安定させたいと考えるそうです。

 

 

 

理屈はとても良く理解できるのですが・・・

といったところです。

 

 

 

どちらがいい悪いもないですし、

経営の有利不利もありません。

ならば、好みでイイんじゃないか、と思っています。

 

 

 

さて、あなたはどちらに近いタイプですか?

 

 

 

 

実はもう1点、経営に重要なあるところに

職人タイプと事業家タイプに違いが出ます。

どんなところだか思いつきますか?

 

 

 

自分のことは当たり前すぎてわからないことも

こうやって比較の対象を思い浮かべると

コントラストでおもいつくものです。

 

 

 

さぁ、それはなんでしょう?

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

==========================

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

http://consultant-dentist.com/membership

 

にて、お話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

 

本日はこれにて終了です。

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 

応援、ありがとうございます!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

セミナー内容についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの商品の大ファンのお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営コンサルタント

エリアビジネス集客コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*