王道が通用しない時

20141215先日、結婚式と披露宴に出席しました。

10年振りの自前のタキシードがなんとか着れたこととか

自分のスピーチが乾杯よりも前で変な汗をかいたこととか

そういう小さなことはさておき、

今回はかわいそうな人の話になります。

 

 

そのかわいそうな方は紙切りの芸人さんでした。

紙切りはご存知ですよね?

線も引かずに、お話ししながら紙を切って

披露宴なのでおめでたい切り絵を仕上げていくアレです。

 

 

顔も名前も知らないレベルの芸人さんでしたが、

それでも、紙切りの腕も、話もまずまずだったと思います。

「いつもこんな感じでやってるんだろうな…」

というのが見て取れましたし、

気合いを入れて、張り切ってる様子もうかがえました。

 

 

でもダメでした。

全く受けません。客いじりに誰も反応しません。

会場中が冷えきっています。

15~20分程でしたが、彼には針のむしろだったでしょう。

最後まで雰囲気最悪のまま、引き上げていきました。

 

 

理由は明白。

紙切りの彼の前に、母親と一緒に登壇して

たどたどしくお祝いの言葉と歌を披露した

3~4歳の子が、根こそぎ全部持っていってしまったからです。

 

 

芸人さん、完全に食われてしまってましたね。

披露宴の余興であそこまで持っていかれることは

まずありませんから、芸人さんも参ったでしょう。

 

 

引き取り手のなかった作品を

新婦のご両親に押し付けて、

そそくさと退場していきました。

 

 

さて、この記事の流れとして、

今後の展開はこのエピソードを元にした教訓、

ということになっていくパターンです。

 

 

オーソドックスに

「自費の成約率を上げたいなら

その前の患者との関係性が重要」とか

「同じことをしても患者の状況によって

評価は変わってしまう」

でまとめることも考えましたが、

ちょっと捻ってみることにします。

 

 

『異常な状況に王道で応じるのは消極的!』

 

平均をとれば、全てに対して王道で対応し、

熟練度を底上げしていくのが最も確実で

成果に繋がることでしょう。

 

 

しかしその結果として、異常な状況では

なす術無く敗北を喫するしかありません。

ならば異常な状況には

邪道をぶつけてみてはどうでしょう?

 

 

紙切り芸人の彼であれば、

いつも通りではない特別な構成、

一か八かの要素が強いネタを

やってみてもよかったのでは?ということです。

 

 

結局のところ、どこまでのことを想定して

それに対する対策をとっているか、の勝負になります。

もちろん異常な状況にならないように、

出来れば平均以上にこちらの言い分を

受け入れやすい状況が作れれば

それにこしたことではありません。

 

 

しかし、こちらに不利な状況が生じることを

完全にゼロにすることは出来ません。

それならば、不利な状況も想定して

あらかじめ準備しておきましょう。

 

 

不利な状況が深刻な程、

ギャンブルにならざるを得ませんが

それもきっちり想定すべきです。

 

 

不利な状況に陥らない努力と

不利な状況になった際の打開策は

セットで準備すると良い武器となります。

 


 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

「歯科医院にはいろいろな患者が来るから

『王道』なんて言っていられない」

「ケースバイケースなのだから『王道』なんてない」

 

 

こういうドクターがおいでになります。

確かにこう発言する方は

そうなさっているのでしょう。

 

 

しかし、そこにはこんなドクターもあなたも含めて

意識していない、来院患者の共通点があります。

その大部分の患者に対して行なっていることが

『王道』ということになるのです。

 

 

それでは問題です。

あなたの医院の来院患者のほとんどが持っている

ある共通点とはどんなことでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

想定についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー