研究図書費や研修費の予算を組んでいますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20140116学習From:近  義武【intellectual(インテレクチュァル)

 東京日本橋より

 

 

こんにちは、歯科医師で経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

今日は気になる記事をみつけましたので紹介させていただきます。

 

ちょっと古いですが、それは・・・

 

 

======ここから======

 

東大生の親の年収 950万円以上が51.8% 教育格差は中学受験から始まる?

(更新 2012/11/19 16:00)

 

 

入試シーズン到来を目の前に、受験生たちにとっては

最後のラストスパートの時期がやってきた。

「我が家にはまだ先のこと」と言っても、

中学受験も当たり前になった昨今では

我が子の進路を考えるのに早すぎるということはない。

 

東大家庭教師友の会が

現役東大生277人に行ったアンケートによると(2009年2月実施)、

「学習塾に通った経験はありますか?」という問いに対して

85.9%の学生が「ある」と回答。

「学習塾が必要だと思った時期はいつですか?」という問いに対しては、

中学受験時 ………33.6%  高校受験時 ………23.5%
大学受験時 ………27.8%  その他の時期 ……15.2%

と、中学受験に備えて学習塾に通いはじめた学生が多いことがわかっている

さらに興味深いデータがある。東京大学が在校生の家庭状況を調査した

「2010年学生生活実態調査の結果」(2011年12月発行)によれば、

世帯年収950万円以上の家庭が51.8%に上った。

ちなみに、厚生労働省発表では世帯平均年収は約550万円。

東大生の半分が、日本の平均世帯年収の約2倍、

もしくはそれ以上を稼ぐ家庭の子どもということになる。

 

ベネッセコーポレーションの最新の中学受験調査によると、

「中学受験を迷う理由」の1位は「私立中学は授業料が高いから」(28.8%)、

2位は「受験準備(塾など)にお金がかかるから」(22.9%)となっており、

中学受験に踏み切る際の最大のネックは

“お金の問題”であることが明らかになっている。

 

上記のことを踏まえると、

経済格差がそのまま教育格差につながっていることになるが、

特にその分かれ目となるのが“中学受験”と言えそうだ。

「子どもにかけるお金を考える会」に所属する

ファイナンシャルプランナーの菅原直子さんは、

現代の保護者の気持ちを次のように代弁する。

 

「親の収入が減少する中、親は子どもに

希望する職に就いて幸せになって欲しい、と教育投資に真剣です。

手持ちのお金では足りず、借金をする家庭もあります」

 

デフレでモノの値段が下がっても、教育費だけはなかなか下がらない今、

貸与方式の奨学金や、教育ローンを利用する保護者も増えている。

「教育費は投資」という考え方も、

お金を出した親が回収する投資というよりは、

子どもの世代で回収するための投資という考え方で、

裏を返せばそれだけ子どもへの愛情が強いことの表れだ。

 

しかし、前出の菅原さんは

「でも、一度、あふれる愛情を、冷静な目で見つめてほしい」と話す。

 

「親は、100%の力を出し尽くすのではなく、

今も将来も、常にいくらかの余裕を持っておくことが、

子どもを守ることにつながります」

 

しかし、だからといって東大をはじめとする難関大学を諦めるのはまだ早い。

先の東大家庭教師友の会が現役東大生に実施したアンケートでは、

次のような結果も出ている。

 

東大生と早大・慶應・一橋を含む主要難関大学生との

塾通いを開始した時期を調べると、

「小学4年生:東大生(36.1%)/難関大生(43.2%)」

の入塾が一番多かったが、

注目したいのは小学4年生以外の東大生と難関大生の入塾時期の差。

東大生は「小学5年生春(24.3%)」「小学6年生春(13.2%)」

と比較的遅めの入塾者が多いのに対し、

難関大生は「小学2年生(4.8%)」と、早くから入塾した人が目立った。

つまり、東大生は最初から塾に通わず、

ある程度独学で勉強していた傾向が伺える。

 

経済格差=教育格差という現実に悲観することはない。

前出の「中学受験白書」の父親と母親の行動の違いによると、

父親の半数が「わが子にあった勉強法を考える」と答えている。

また、学年によってばらつきがあるものの、

中学受験組の父親は平均して20~25%ほどが

家庭で子どもに勉強を教えている。

肝心なのは、我が子に適した学習法をみつけることなのかもしれない。

 

 

======ここまで======

 

 

さて、あなたは中学受験とか、学習塾通いとかはしましたか?

“近は”確かにしてました。

学習にお金がかかるというのは間違いないことです。

 

 

 

我々歯科医師で考えてみれば、歯科大学の授業料だけでも

それなりの額ですし、卒業後に研修制度の充実した勤務先を選べば

給与なんて雀の涙程のところも少なくありません。

 

 

 

これを給与からの教育費用の天引きの結果と見れば、

「学習費用を支払っている」ということになります。

 

 

 

さらに、自前と言うか身銭を切ってセミナーや勉強会に

参加する先生もあたりまえにいるわけです。

確かに卒業してすぐ「歯科医師」としての技術が

あるはずもないので、更なる学習は必須ですし

卒直後のプログラムも根付いてきているようです。

 

 

 

しかし、結局生涯にわたっては言い過ぎにしても、

歯科医師として意識が高く保てている限りは

学習し続ける職種ですよね、歯科医師というのは。

 

 

 

人にいわれるまでもなく、

自らセミナーをチョイスして参加したり、

勉強会・研究会に所属したりしている先生は

相当の数になるはずです。

 

 

 

他の職業のことは軽軽とはいえませんが、

これだけ勉強し続ける職業というのも

少ないと思ってはいます。

 

 

 

しかし、これにも学習の費用はかかっているわけです。

しかもかなり高額です。

それだけの費用を学習に充てられるだけの

稼ぎ・収入がなければ参加はできないですよね。

 

 

 

ある人に言われましたが、

会員制の勉強会などに参加して、

毎月それなりの会費を支払っていられるのは

それだけでも成功している歯科医師と言えるのだと。

 

 

 

そこまで言い切れるかは置いておくとして、

稼ぐ為にも学習は必要であるし、

学習する為には稼がなければならないという

卵と鶏の話になります。

 

 

 

ところが、学習の内容に関してはどうでしょう?

いわゆる診療技術系・スキル系に偏っていませんか?

 

 

 

確かにスキル系の学習は楽しいですよね。

“近”もワーキングコースとか大好きです。

しかし、同じ診療系でも基礎医学の座学は人気が落ちますし、

人事管理や経営、税務、経理なんてところは

さらに人気がなくなります。

 

 

 

同じお金を投じるなら楽しく学べて

充実感も味わえて、臨床のレベルが上がるスキル系・・・

ついついそんな風に選んでいませんか?

 

 

 

本来、歯科医院運営に必要なものは診療スキルに限りませんし、

知識にしても診療に直結するものだけではないはずです。

ましてや、稼がないと学習すらできないとすれば、

もう少しお金回りのことも学習する価値があると

“近”は言いたいのです。

 

 

 

心理的抵抗があるのもわかりますし、

そのあたりはプロに任せれば良いと

考えている先生が多いのもわかります。

 

 

 

それにしてもです。

 

 

 

例えば、税理士は税金計算のプロであって、

経営のプロではないですし、

ましてや歯科医院経営のプロでもありません。

 

 

 

税理士を使うのは税務のためだけ・・・

となればあなたが経営方針は決めなければならないのですよ。

研究図書費の割合・・・研修費のボリューム・・・

それを決めるのもあなたです。

 

 

 

お金が廻らなくなれば学習もできなくなって・・・

となる前に、お金そのものの世界に

もう少し関心を持ってもバチは当たらないと思うのですが・・・

 

 

 

どうですか?

 

 

 

学習の際に大事なというか必要なのは

お金だと言ってきましたが、

さらにもう一つありますよね。

 

 

 

さてなんでしょうか?

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

==========================

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ
http://consultant-dentist.com/membership

 

にて、お話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

そして

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=========================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

また他にも、歯科医院の経営に関連する記事や

気になる記事を紹介して詳しく解説してあります。

「話題・注目」にまとめておりますので、参考になさってください。

 

=========================

 

 

本日はこれにて終了です。

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 

 

応援、ありがとうございます!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

学習についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!

 


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きな患者さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営コンサルタント

新患獲得・再診継続コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

   http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*