歯科医院経営者としての覚悟で決まる!

determination-quotes

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

現在でも“近”は

初見の方からのコンサルティングの依頼は

ほぼ100%受けません。

 

 

“近”のセミナーに何度か足を運んでいただいた方でも

よほど印象的で相当突っ込んだ話をした方以外は

『ヒアリングの場を設けてから』

の話になります。

 

 

依頼していただくのは光栄ですが

“近”が適任ではないケースもあります。

 

 

極論を言えば、

『生理的にどうしてもムリ!』

と“近”が感じてしまうような方は

他の条件がどんなに整っていても

お断りするでしょう。

 

 

コンサルティングを請け負うのは“近”なので

そういう感性はむしろ最優先です。

 

 

妥協して請け負ったコンサルティングで

思うように進まなくて

肉体的、精神的、経済的、金銭的に

多大なマイナスを被った経験もあります。

 

 

お互い引き返せるところで引く方が

よほどダメージが少なくて済むことも

十分わかっていますから

その場でスパっと切らせてもらっています。

 

 

そういうヒアリングの場で

“近”が新規でご相談にいらした方の

どんなところを見ているかというと…

 

それは・・・・

 

経営者としての覚悟です。

 

 

歯科医師としては“近”などよりも

優秀で立派な方は、それこそ

数え切れないほどおいでです。

 

 

歯科医療に取り組む姿勢と同じくらい

経営に関することでも

努力をすることもできるか?

 

 

自分の歯科医院経営に

責任感や覚悟はあるのか?

 

 

そういったところです。

 

 

こういう覚悟と同時に見ているのが、

その源になっていることが多い

『志、ビジョン、理念』

というようなことです。

 

 

「なぜ、歯科医師をしているのか?」

「なぜ開業したのか?」

「何を成し遂げたいのか?」

「患者をどこに導いていきたいのか?」

「自分自身はどうなりたいのか?」

 

 

これらのことに明白な何かがあるかどうか、

ということです。

 

 

もちろん、現状の歯科医院が

どういう状況になっているのか?

 

売上が上がりやすい構造になっているか?

 

将来性はあるか?

 

などなども見ますが、

何より重要なのはその方の「人物」です。

 

 

歯科医院経営をしている院長本人に、

どんなことにも立ち向かう「覚悟」がなければ、

 歯科医院経営は上手くいきません。

 

 

「開業するだけで成功が約束された」のは

もはや遠い昔の話でしかありません。

今後そのような状況には戻ることはないのです。

 

 

なぜなら、

現在の歯科医院経営には

何度も気持ちが折れそうになるようなことが

当然のようにやってくるからです。

 

 

歯科医院を取り巻く厳しい環境を打破するには

経営をしている院長本人に

それだけの覚悟があるかが鍵になってきます。

 

 

自分が努力をする気があまりなくて

こちらが引っ張り上げることばかりを

期待するような方は、そう判断できた時点で

ヒアリングの時間途中でもお引き取り願っています。

 

 

ヒアリングをしてみて

 「自分にはまだ早かったようです…」

 と自らコンサルティングを辞退する院長もいます。

 

 

実際そのような方にコンサルティングをしても

「私にできるのか…」と怖じけづいたり、

「私には無視です」とやりもせずに

投げ出してしまうのが関の山です。

 

 

それだったら最初からコンサルティングなど

しない方がいいでしょう。

“近”の時間もその院長の時間も無駄になってしまいます。

 

 

それなら覚悟のあるクライアントに

より良いコンサルを行なった方が

成果も出ますし喜ばれもします。

 

 

少なくとも“近”は

コンサルティングをして時間を費やすのは

覚悟を持った人にしたいと

常日頃からそう思っています。

 

 

歯科医院経営者として今より良くなるために

努力を惜しまない覚悟があるか…

これは大前提のことです。

 

 

あなたには、

あなたの歯科医院を成長させる覚悟はありますか?

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

我々医療従事者は医療を提供し、

患者はその医療を受ける…

 

 

どちらも人が行う以上、

そこには「相性」が存在します。

 

 

どんなに素晴らしい治療を提供しても

どうにもしっくりこない患者がいます。

 

 

特別なことをしたわけでもないのに

びっくりするほどいい具合になったりする場合もあります。

 

 

ごく一般的な治療なら特に問題はないでしょうが、

特殊な治療、高額な治療、

あなたの経験が少ない治療などは

「相性」で結果が左右されることがなぜか増えるものです。

 

 

最近では「モンスターペイシェント」も

少なからず紛れ込んでいますから

『欲』に目が眩まないよう

時には自戒も必要になります。

 

 

そういう時に、自費診療であれば

超高額な診療報酬を提示して

患者に断ってもらうというのも一手です。

 

 

ただし、万が一それで受諾された時の手も

考えておかねばなりません。

 

 

また保険診療にはこの手は使えません。

でも「どうしても引き受けたくない」

という場合がでてこないとも限りません。

 

 

ではそういう時の最も無難な方法は

どんなものになるでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

==========================

 

P.S.

集患についての考え方を濃縮して話すことになりました。

相当盛りだくさんのことを詰め込んだ内容なので

「覚悟」のある方のみご参加ください。

 

<<詳細>>

https://goo.gl/forms/B7XwgFLDE1OFXT5S2

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です