勤務歯科医は年収やビジネスモデルとしてどうなのか(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

我々歯科医師は勤務形態で大きく2つに分けられます。

勤務医と開業医です。

生涯を勤務歯科医師として過ごすとしたら

年収やビジネスモデルとしての可否はどうなのでしょうか。

 

 

勤務医の現状を医科と比較

医科においては生涯を勤務医で過ごすという

開業しないビジネスモデルが存在しています。

 

 

 

これは大学に残って教授などの

教育者・研究者になるのではなく、

いわゆる「野に下った」形でという意味です。

 

 

勤務病院の移籍を繰返しながらキャリアを積んで

ポジションを上げていくというのは

医科の世界では当たり前のことです。

 

 

もちろん自分自身のクリニックを持つ医師も存在します。

しかしそれは勤務形態の中の選択肢の1つでしかありません。

 

 

我々歯科医師はどうでしょうか?

生涯にわたって歯科医療に携わりたいと考えた時

勤務歯科医でずっと過ごすのは可能でしょうか?

年収、生涯賃金などビジネスモデル的に成り立つのでしょうか?

 

 

正直、難しいと言わざるを得ないでしょう。

環境に恵まれれば成り立つかもしれません。

また、そのように過ごされた方もおいでだとは思います。

 

 

しかし、中長期的にみるとビジネスモデル的には

かなりリスクが高いといわざるを得ません。

 

 

勤務歯科医としての就職先

臨床に携わる歯科医師としての勤務先は

次に上げるところになります。

 

  • 歯科大学の附属病院、
  • 一般医科病院の中の口腔外科
  • 個人・法人経営の歯科医院

 

このくらいしかありません。

民間企業の研究職や文官としては他にもありますが、

今回の話とは主旨が異なるので省きます。

 

 

附属病院勤務は大学に残ることと同意義です。

口腔外科は限られた領域の治療に特化しており、

なおかつその席は非常に限られています。

 

 

結局、現実的に考えると勤務先としては

個人・法人経営の歯科医院に勤めるようになる方が

ほとんどということになるでしょう。

 

 

生涯安心?

卒後研修が終了した段階では常勤・非常勤の差はあっても

ほとんどのドクターが勤務歯科医師となります。

 

その後勉強や研修を重ね、開業をしていくのが

これまで大多数の歯科医師が採用してきたビジネスモデルです。

 

 

これに対して、「開業」を自らすることなく、

勤務先を幾度か変えながらずっと勤務歯科医で過ごすという

ビジネスモデルは安心して進めるのでしょうか。

医科のように、良い条件でキャリアアップしていくような

ビジネスモデルは歯科でも成り立つのでしょうか。

 

 

残念ながらなかなかそうもいきそうにないのです。

ビジネスモデルとして成り立たない理由があるのです。

次回にそのことについて話しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

一生身をおくかどうかは別として、

卒後研修後の数年、大学に残るコト自体を

否定するものではありません。

 

 

経済的に余裕があるなら

むしろそうした方が良いという意見です。

 

 

では大学に残る最大の利点は何でしょうか?

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

 

  • ・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
  • ・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
  • ・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
  • ・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

 

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。

もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。

『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。


詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。