歯科医院経営を戦略的にする方法 ②

strategy

前回の記事の中で、“近”が学生時代に

「アメリカンフットボール部」に所属していたと

ちらっと書きました。

 

 

その事実を始めて知った方々から

『似合わない』とさんざん叩かれて

かるく落ち込んでいます。

 

 

 

それはともかく、アメリカンフットボールは

非常に戦略的なスポーツです。

しかも、観客がその戦略性を

視認しやすくできています。

 

 

どんなスポーツにも戦略はあります。

しかし「戦略の視認性」という点では、

アメリカンフットボールは

全てのスポーツの中で①、②を争うものでしょう。

 

 

毎年2月に行われる「スーパーボウル」を

ご覧になったことがある方もおいでのはずです。

 

 

ルールとゲームの見方がわかるようになると

スーパースターの「身体能力」よりも

それを最大限に生かす「チーム戦術」「ゲーム戦略」が

面白くなっていきます。

 

 

そんな「戦略」の重要度が

ことさら高いアメリカンフットボールを

学生時代に経験したことから、歯科医院経営も

戦略的に眺めることになったのかもしれません。

 

 

今回お話ししている『ランチェスター戦略』は

現在の歯科医院経営にも活用できる、

市場攻略の戦い方を示すものです。

 

 

市場戦略

市場には必ず競争相手がいます。

競争相手のいる市場でどのように戦うかは

経営における最優先事項の1つです。

 

 

歯科医院経営を成功させたいと思うとき、

戦略的な発想が重要であることは

もはやいうまでもないことです。

 

 

ランチェスター戦略は確立された方法論です。

マスターすれば絶大な効果をあげられます。

 

 

これは根性論や精神論、あるいは

不思議な力が…というような類いのものではなく

数学的に証明された科学なのです。

 

 

我々は「歯科医師」という医療従事者であると同時に

「院長」という経営責任者でもあります。

 

 

医療従事者としての知識や技術は

様々な機会を活用して身につけてきたはずです。

 

 

しかし、経営責任者としての知識や技術は

学ぶ機会も少なかったのではないでしょうか。

 

 

細かいテクニックではなく

総論的な経営の考え方としてランチェスター戦略は

歯科医院の経営者であればどんな院長も

絶対に知っておくべき経営戦略だと断言します。

 …………………………………………………………………………

 考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

前回の記事でランチェスター法則は

「100年ほど前にイギリスで発見された」

ということをお伝えしました。

 

 

『歯科医院経営を戦略的にする方法 ①』

 

 

ここで注意深い方は気付いたかもしれませんが

「ランチェスター戦略」

「ランチェスター法則」

言い方が違っているけど…?

 

 

実際「ランチェスター法則」と

「ランチェスター戦略」は別物といえます。

「ランチェスター法則」をベースに構築された

販売戦略、競争戦略です。

 

 

では、「ランチェスター法則」は

イギリスで発見されましたが、

「ランチェスター戦略」が構築されたのはどこでしょう。

 

 

3択です。

 

A、厳格に遂行するドイツ

B、改良改善がお家芸の日本

C、自由(競争)の国アメリカ

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

 

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です