ふたたび歯科医師が不足する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
歯科医師が不足する時代がくるのか

こんにちは、歯科医師で経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

 

現在我々の歯科界では、

ドクターは非常に厳しい状況におかれています。  

歯科医師および歯科医院の過剰、歯科医院の倒産、

稼げないワーキングプア、3K職種認定、

社会的地位の極端な低下、保険制度の矛盾…    

 

 

 

現状は確かに厳しい。

しかし、こんなことを言う方も一部にはいます。

 

『近い将来、歯科医師不足になる』

『それまでがんばれば、イイことづくめになる』

 

本当でしょうか?    

 

 

 

将来のコトを正確に予言することなど誰にもできません。

しかし、自分なりの予測を立てて、

その事態に備えることはできます。    

 

 

 

“近”はこう考えています。

 

『歯科医師は絶対数としては不足する』

『でも仕事に見合った報酬を得られるのはごく一部』

 

まぁ、信じられないでしょうが、

30年前も現在の惨状を信じていた人はいなかったでしょう。

 

 

 

“近”の私見ということで聞いていただきたい話です。  

まず、歯科医師不足が表面化するのは15~20年後でしょう。

そう予測する理由をいくつかあげます。    

 

 

 

現在、実働している歯科医師の最大ボリュームは50~60歳であり、

この世代の多くが15~20年後には引退する。    

 

 

 

国は歯科医師過剰を是正するために

国家試験の合格率を抑えて、新卒歯科医数を減らしている。

(現在は合格率70%前後からそれ以下)    

 

 

 

不人気歯科大学は入学生徒数の定員割れが続いており、

閉鎖、合併などを経て最終的には歯学部入学定員減少となる。    

 

 

 

現在、歯学部学生のほぼ半数が女性で、さらに増加傾向。

女性歯科医師の実働率は、卒後10年で3~4割程度しかない。    

 

 

 

これだけであれば歯科医院の経営は楽になりそうです。

しかし残念ながらもっと苦しくなるところが増えます。

そちらの理由はこれです。    

 

 

 

15~20年後には日本の人口は現在から 15%前後の減少が

シンクタンク等で予測されている。    

 

 

 

国家財政は急激な好転を見込むことができず、

保険制度の財源・予算は緊縮傾向の歯止めが考えにくい。    

 

 

 

これから開業する歯科医師は平均開業年齢の上昇、景気の低迷、

自由競争の激化などにより資産形成が進まないため、

引退年齢は延期傾向になる。    

 

 

 

老齢人口が加速度的に増加するため、

訪問診療、有病者診療の増大に伴って

仕事量、必要な知識量も増大し。

高リスク、低効率の診療が増大する。    

 

 

 

都市部への人口集中と地方の過疎化はこれからも持続する。    

つまり、歯科医院数が減少して、割の合わない仕事が増加。

働きに見合った報酬が取れる歯科医師は限られ、

多くの歯科医師は仕事に忙殺され、神経をすり減らしても

報われることが少ないことになるでしょう。    

 

 

 

現在の「産科」のイメージに似た状況と考えています。

ニーズは確かに増加するはずです。

しかし、戦略を持たない歯科医師、あるいは

戦略を間違った歯科医師は実りのある歯科医師人生からは

かえって遠のくように思います。

 


 

考えてみましょう。

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

 

  “近”は本文のような未来予測を立てています。

当然、そうなっても通用する戦略も立ててあります。    

 

 

 

しかし、予測通りになったとすると、

歯科医師としてのスタンス・方向性によって

持つべき戦略も大きく変わるであろうことも予測済みです。    

 

 

 

現在でもよく聞くある資質を持ち合わせているかどうかが

その分かれ目なのですが、それはどんなことでしょうか?    

 

 

 

全くない歯科医師はいないと思います。

もちろんあなたも持ち合わせていることです。      

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

 

それでは答えです。

  “近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm  

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

==========================  

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ   

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

 

  • ・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
  • ・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
  • ・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
  • ・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

 

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。

もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。

『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。


詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。