本当はやばい歯科医院経営のリスク管理 其の②

risk management

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院における「リスク」との

付き合い方について話しています。

 

 

比較的安定していると言われる歯科医院経営でも

リスクの想定とその備えは大切です。

 

 

中でも

あなたの歯科医院の存続を脅かしかねない…

なかなか予期できないが起きるときにはあっさり起きる…

 

 

そんなリスクとして

ありえないほど大幅なダンピングや無休診療など

強力な競合の出現リスクについて話しました。

 

 

次に紹介するのはこんなリスクです。

 

 やばいリスク2

ルール変更

 

医療法、健康保険法、税法などの法的な規制であれば、

告知後に半年くらいの猶予期間があります。

 

 

それでも例えば、税法の特別措置法第26条が撤廃されれば

年間医業売上3,000万円以下の歯科医院などは

大打撃を被るところが相当数にのぼるでしょう。

 

 

また、健康保険の大幅改変が行われて

補綴の保険外しが現実となったら…

 

 

そこまで行かずとも、窓口負担割合が上昇すれば

患者の通院が抑制されることは

これまでの経緯からも明らかです。

 

 

こういった公的なルール変更とは別に、

インターネットでの集患に力を入れている歯科医院では

検索エンジン(Google)、ネットモール、サーバー、

ドメインなどの運営会社により、或る日突然

ルールが変わって大打撃を被ることがあり得ます。

 

 

これまでのやり方を否定されて

いきなり今日からネットの露出がゼロに…

 

 

検索結果に自分の歯科医院が全く登場しなくなって

倒産する寸前まで追い詰められた歯科医院を

“近”はたくさん知っています。

 

 

このように、あなたが使っているプラットフォームが

なんの予告もなくルール変更をしてくる可能性は

ゼロではありません。

 

 

 やばいリスク3

予期しない間接競合

 

 

我々歯科医院側が広告を出す媒体が

電話帳や看板からネット上の露出に移ったように

突然予期しない競合が現れることがあります。

 

 

法改正が行われ、歯科医療の提供に

診療室という器の設置義務がなくなったことで

今後、ぶっ飛んだビジネスモデルが現れる可能性が

高まってきています。

 

 

そのほか、現在の歯科医院では少ないですが、

いわゆる連鎖倒産リスクや訴訟リスク、

従業員による犯罪リスク、風評被害リスク、

今後は個人情報の流出リスクなども

可能性は高まっていくでしょう。

 

 

ここであげた以外のリスクもあります。

しかし、リスクばかり考えていても

経営改善が進まないこともまた事実です。

 

 

未来を正確に予測することは誰にもできません。

リスクを想定しその対処法を準備したら

あとは「現在」に集中するという姿勢が妥当でしょう。

 

 

あなたの歯科医院ではリスクの想定と準備は抜かりないですか。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

今日の話を聞いて、

いざ、リスクを考えてみようとしたときに

注意したいことがあります。

 

 

情報化社会になったこともその1つです。

飲食店やコンビニのアルバイト店員が

店の冷蔵庫に入った写真がSNSに流れた話は

ああんたも見聞きしているでしょう。

 

 

自分のやった悪事を公表するという

よくわからない行動ということもありますし、

昔ならそこまで拡散しなかったということもあります。

 

 

どちらも情報発信の容易さや

拡散の規模とスピードが

以前とは桁違いになったことから生じた結果といえます。

 

 

こう言った社会情勢の変化によって

新たに生まれているが気付きにくいリスクの他に

昔から存在していたはずなのに

目に入りにくいリスクもあります。

 

 

そのリスクとはどんなものでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

歯科医院経営における施策のほとんどにおいて

リスクとリターンには相関関係があります。

 

 

それなりのリターンを得ようとするなら

相応のリスクの取らなくてはいけない施策が多い、

ということです。

 

 

ですから、本来歯科医院経営の施策は

ローリスク・ローリターンのものを

幅広く行うことが王道になります。

 

 

ただ中には

ローリスク・ミドルリターンを狙える施策が

少ないながらも存在します。

 

 

その数少ない施策の1つが

『セルフケアグッズ』を用いた施策です。

 

 

実際、厚生労働省も歯科医院窓口での

物品販売を認める通達を出していますので

ルールが変更されるとしてもしばらく先になるはずです。

 

 

「収益」の経路を増やしておくことは

経営そのもののリスクを下げる効果もあります。

運用方法はこちらのセミナーにてお話しします。

 

詳細

↓↓↓↓↓↓

http://wp.me/P6asQv-jd

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です