モヤモヤを吹き飛ばす「ちょっと風変わりな目標設定」(下)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
目標とタスク

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、
株式会社120パーセント代表、
イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

歯科医院を経営していると

『これからどういう方向へ向かえばいいのだろう…』
『そもそもこのまま進んでいてもいいのだろうか…』
『思い切った方向転換も考えてみるべきか…』

このような気持ちを感じることがあります。
すぐに吹っ切れるなら問題はありませんが
ずっと囚われているようではストレスも甚大です。

 

こんな時に、改めて目標をはっきりとさせると
今後の方向性も定まって
このモヤモヤを解消できるものです。

 

前回までに、
「目標は階層化している」こと、
「第1層には人生の究極の目標」が位置すること、
「第2層には究極の目標を達成するために不可欠な目標」
が設定されるという話をしました。

 

不可欠と思うものは人それぞれですから、
第2層の目標の内訳は

仕事、家庭・家族、地位・名誉、経済力、
時間、人間関係、生活、趣味…

何がいくつあっても構いません。

 

ただ、「あるに越したことはないけれど…」
くらいのことなら、第3階層以下に置くようにしましょう。

 

歯科医院の院長であれば「仕事」に関することが
第2層に置かれることが多いので
特に詳しく前回にお話をしてあります。

 

階層上位の目標設定についてはお話ししましたので、
今回はもっと下位の階層の目標設定について
お話ししていきます。

 最下階層の目標の設定

目標は階層が低く(深く)なるほど
小さな目標、具体的な目標、達成が容易な目標となります。

 

逆に、上位の階層の目標は
大きく、抽象的で達成のスパンが長そうなものに
なっているものです。

 

最下層の目標の設定は
先に達成までの期間を決めてしまうといいでしょう。

 

例えば、1年ごとに目標の見直しをするのであれば
もっとも低い階層の目標の期間も1年にします。

 

それ以下の期間については目標というよりも
タスク(仕事)の管理という意味合いが強くなります。

 

タスクは目標を達成するためのものですから
目標とリンクしているのは当然です。

 

3ヶ月から半年に1度ほど行う経営計画の立案で
最下層の目標を達成するためのタスクを
1週間とか10日単位まで決めていくことになります。

 

ですから、最下層の目標は
具体的なタスクや行動と抽象的なゴールとの
架け橋的なものになるのです。

 

例えば、最下層より1〜2階層上に
「歯科医院の経営を安定化させる」
という目標があったとします。

 

当然これを達成するための施策を
いくつか設定してそれぞれの目標を
決めなくてはなりません。

 

そのいくつかの施策の1つを
「メンテナンスの患者を増やす」
と決めたとしましょう。
しかしまだ抽象的です。

 

最下層の目標達成のための期間を1年間として
『1年間でメンテナンスの患者を15%増やす』
というところまでが目標。
これでギリギリ具体的といえます。

 

その先は経営計画の方で
リコール、説明のためのトークスクリプトの整備、
啓蒙のための院内セミナーなどの施策ごとに
実際のタスクとしてさらに具体化していく…
という流れになります。

 

タスクの方ではゴールを
「15%アップ」というような数値目標ではなく
『リコールハガキを○月と×月に100枚ずつ出す』
のような行動指針として設定することが大事です。

 

こうすることで、年間の数値の目標が達成できなくても
「行動はできていて結果だけがついてこなかった」
という『行動計画の実施は完遂』という結果が残ります。

 

行動ができているなら、
次期以降の目標設定並びに経営計画で
行動・タスクの質や量を改善することで
目標は達成できる可能性が高まるということです。

 

日々の診療に没頭するのはいいことですが
目標やゴールの設定が曖昧のままだと
目の前の仕事をこなすだけになってしまい
なぜ今その仕事をしているのかの意義を見失いがちです。

 

階層型の目標設定は1度作ってしまえば
必要に応じて修正するだけで
ずっっと使っていけるものです。

 

面倒だと感じるのは最初だけ。
あとはむしろ楽チンです。
ぜひトライしてみてください。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

目標は立てた方が良いということは
あなたも間違いなく理解していることでしょう。

 

でもそこまで徹底して設定することでもなさそう…
こんな感想をお持ちの方もいると思います。

 

そんな方のために美味しい話があります。
今回紹介して「階層状の目標設定」を行うと副産物として、
やはり『あった方がいいと知っているけれど面倒で放置』
している方が多い【あるもの】が手に入ります。

 

あるにはあるけれど
『歯科医院経営の実務に使える』レベルのものを
備えている歯科医院の少ない【あるもの】とは
どんなものでしょうか?

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

 

  • ・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
  • ・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
  • ・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
  • ・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

 

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。

もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。

『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。


詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*