考え方があなたを変える、わかりやすい「4つのモデルケース」1

Cashflow

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

「いつも一生懸命働いているのに手元にお金がない」

「治療自体は楽しいけど、将来には漠然とした不安がある」

 

 

あなたはこんなことをふと感じたことはありませんか?

もし少しでもこういったことを感じているのなら

今日の話はそこから抜け出すヒントになるでしょう。

 

 

今の日本は昔と違って、年金等によって

我々の将来の面倒を見てくれる事はありません。

これは歯科医院の院長でもサラリーマンでも同じです。

 

 

・自分で用意しなければ歯科医師に退職金はない

・貰える年金の額は今後ますます少なくなっていく

・日本国は借金まみれで税金や社会保険料は上がっていく

 

 

ちょっと日本経済に現状や

あなた自身が置かれている状況を考えると

これくらいのことは容易に想定できます。

 

 

いわゆる金銭的・経済的な不安を解消するためには、

特に歯科医院の院長であるあなたは

まず、『お金を稼ぐ』方法の違いによる4つの生き方を知り、

将来どうなりたいかを決める事が重要です。

 

 

このことは日本でもベストセラーになった

ロバート・キヨサキ氏の著書で書かれていることです。

 

 

“近”はロバート・キヨサキ氏のことは

好きでもなんでもありません。

どちらかといえばむしろ嫌いです。

 

 

ただ、「お金に対する考え方」としてはわかりやすいので

知っておいて損はないことの1つと捉えているだけです。

 

 

例の「金持ち父さん…」も特にオススメしませんが

興味のある方はブックオフなどの中古本でも

さらっと読み飛ばす程度で十分です。

 

(参照:「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」)

 

 

歯科医院を経営しているあなたには

経済的にも時間的にも自由になれる道があります。

ただ、それに気付けなかったというのは避けて頂きたい。

 

 

この類の本を読む気になれない方は

せめてこの記事を参考にして頂ければと思います。

 

 

 キャッシュフロークワドラント

 

 

キャッシュフロー・クワドラントは

E・S・B・Iに区切った4分割の図からなりたっています。

キャッシュフローは「お金の流れ」でしたね。

クワドラントは「4等分」という意味になります。

 

 

E

Employee(従業員)

S

Self Employee(自営業者)

B

Business Owner(ビジネスオーナー)

 I

Investor(投資家)

 

 

どんな人でもこの4つのタイプのどれかに属して

お金を生み出しています。

 

 

そして、どこに属しているかで

考え方も得られる結果もまるで違っています。

 

 

超簡単に言ってしまえば、

 

『従業員(E)と自営業者(S)は自力で稼ぎ続けるため、

一生、自由な時間が得られない』

 

『ビジネスオーナー(B)と投資家(I)は他力で稼ぐため、

経済的にも時間的にも自由を得られる可能性が高い』

 

 

これは考え方の違いからくる【差】になります。

ですから、どんな人であっても考え方が変われば、

違うクワドラントに移る道はあります。

 

 

まず、右側のクワドラントの考え方に近づけていきましょう!

と伝えているのが先の著書の骨子です。

 

 

それでは、それぞれのクワドラントで

具体的にどのような考え方の違いがあるのかを

一緒に見ていきましょう。

 

 

 

 モデルケース1 従業員(E)

 

「安定」とか「保証」を重視しています。

契約社員よりは正社員が有利だと思っていて、

福利厚生が充実した会社に就職する事を望んでいます。

 

 

「いい成績、いい学校、いい会社で定年まで働く」

これが正しい事だと教わり、そう信じています。

 

 

嫌いな事

 

  • リスクを負う事
  • 不確かな事
  • 投資(危険だと思っている)

 

 

良く使う言葉

 

  • お金にはあまり興味はない
  • お金が全てではない
  • 節約
  • 重要なのは安定した収入(給与)
  • 損はしないように…

 

 

仕事の安定を重視した考え方です。

会社(歯科医師なら勤務先?)にリストラされないよう

一生懸命仕事に励む事になります。

 

 

お金に興味がないと言いつつ、

結果としてお金のために働き続ける事になります。

 

 

一生懸命働いた結果さらに忙しくなり、

家族と過ごす時間がなくなって家庭崩壊…

良く聞く話です。

 

 

 モデルケース2 自営業者(S)

 

「人に使われたくない」

「自分の好きな事をやりたい」

 

 

こう思っている人は、

誰にも依存しないで何でも自分一人でやろうとします。

院長の中にもこの考えに共感する方はたくさんおいでです。

 

 

自営業者には、

何でも自分一人で出来てしまうとても優秀な人が多いので…

 

(次回に続く…)

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

近年では、歯科医院を開設する平均年齢が

およそ40歳となっています。

30年ほどの間に10歳も上がってしまいました。

 

 

これには主な原因が3つほどあります。

 

1、勤務医として高給を取れない結果、開設資金が増えない

2、良い立地条件の開業地を手に入れることが難しい

3、銀行の融資の稟議が通りにくい

 

 

そうはいっても

(一家の稼ぎ頭として)経済的なことを考えると

勤務医のままで一生を終えようという考えは

かなりリスクが高いと“近”は考えています。

 

 

理由は今回の記事に書いた通りです。

ただ、歯科医師にはそれ以外にも

開業するべき大きな理由があります。

 

 

それはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

国家資格を取るために高額の投資をすでにしている

 

 

この投下資金を回収しようと思えば

勤務医のままでというのは

実現できる可能性は非常に低いです。

 

 

お子さんの学費を

負担しようと考えた場合も同様です。

学費分の所得を確保するには

勤務医のままでは相当厳しくなります。

 

 

医師のように勤務医として

キャリアアップしていく制度が確立されていない以上

それなりのリスクはあっても歯科医師(勤務医)は

「開業」を見据えていくしかない状況ともいえます。

 

 

以前のように、歯科医院を開業しさえすれば

成功を約束されているようなことは

今後改めて復活するようなことはありません。

 

 

しかし、歯科医院経営はやり方によっては

まだまだ捨てたものではありません。

 

 

歯科医院経営は一般的な起業から比較すれば

確かに初期投資の金額は高いものの

粗利率が高く利益を出しやすいビジネスモデルです。

 

 

賢く歯科医院経営に臨んでください。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

9月23日に予定されていたセミナーは

諸事情により開催が延期となりました。

日程等が明らかになりましたら改めてお知らせいたします。

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です