4日で結果が出るなら早くやれば良かったある秘訣

do it now

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

先日、クライアントの1人のR先生に

久々に雷を落としてしまいました。

 

 

“近”のコンサルティングでは

前回のコンサルティング時に

クライアント自身に決めてもらった約束の課題を

消化してきてもらうことが前提になっています。

 

 

ある程度まで消化されていれば

それを踏まえてのコンサルティングが可能ですが

全く手付かずとなるとどうにもなりません。

 

 

院長が日常臨床その他で

忙しいということは重々承知しています。

 

 

それでも前回のコンサルティングから

今回まで1ヶ月強の時間がありました。

 

 

さすがに全く何も進んでいないというのは

『ありえない』ので、時間もお金も無駄であるし

お互いの精神衛生上も良くないということを【お説教】…

 

 

そのままお帰りいただいてもいいのですが、

それは“近”も本意ではないので

「あるコト」をしてもらいました。

 

 

その結果、4日後にはインプラントの契約が

新たに3件決ってしまいました。

 

 

“近”が雷を落とした直後に

やってもらった「あるコト」とは…

実はこれだけです。

 

 

リミットを切って今すぐやる 

 

R先生の課題は

「インプラント見込み患者への

トークスクリプトの作成」でした。

 

 

まずは10分間、

ひたすらインプラントの見込み患者の

「本当に解決したい問題」、「望んでいる状況」

「なりたい自分の姿」などを深く探求します。

 

 

板書と合いの手をこちらがやって

(具体的には?それはなぜ?他には?…)

できるだけたくさん考えに考えてもらいます。

 

 

次に出した答えの3つほど選び、

そのことを答えてくれそうな質問を考えます。

それぞれ5分間です。

 

 

考えだした質問に患者になったつもりで

答えてみます。いわば検証です。

 

 

ここまででたくさんの質問とたくさんの答えが

目の前にある状況になりました。

 

 

患者に尋ねやすい質問、

患者が答えやすそうな質問を上位に

そうでないものを下位に並べ直します。

 

 

「本当に解決したい問題」、「望んでいる状況」

「なりたい自分の姿」などを答えてくれそうな質問ほど

下位に並びがちになるはずです。

 

 

上位の質問から下位の質問に会話の流れで進めていけば

「トークスクリプトのひな形」ができあがります。

 

 

“近”が多少は手伝ってはいますが、

ほとんどクライアント自身が考えだしたことばかりです。

 

 

あとは患者に実際に使いながら改善すれば

自分の言葉で組み立てられた、『使える』

トークスクリプトを持つことができます。

 

 

しかもこのやり方はノウハウとして

クライアントには以前に伝えてあったもので

特に目新しいことをしたわけではありません。

 

 

その結果はすぐに成約にまで

たどり着いてしまいました。

 

 

ここで何が言いたいのかというと、

それは、

 

「やる!」と決めたら、

リミットを切ってすぐその場で動く!

 

 

とりあえずじっくり考えて…

文面を整えて満足いくものを…

誰に見せても恥ずかしくないものを…

 

 

なんてしていたら、誰でも忙しくて

いつまでたっても行動に移せません。

当然結果に結びつかない。

 

 

ということです。

だから、「今すぐ」期限を決めて動く!

それしかないのです。

 

 

『実現したい』で棚上げになっていること、

『今年の目標』で手付かずなこと、

ちょうどもうすぐお盆休みです。

 

 

実践してみるチャンスです。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

今回は“近”が時間を区切って、

しかもそばで見張っていますから、

否応なくやらないといけなくてやった形です。

 

 

しかし、本文中でもいいましたが、

やったのはほとんど本人の力なのです。

 

 

できることを課題にしているので

できて当たり前なのですが、

本人はとてもびっくりしていました(笑)

 

 

いわば【強制力】です。

これを働かせるのに

手軽でなおかつ有効な手段が3つほどあります。

 

 

1つ目は「期限を切る」

本文中でも話しました。

 

 

2つ目は「宣言する」

口に出してしまったことはやらざるを得ません。

 

 

では3つ目はどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

 

【追伸】

今年の初頭に放送して好評だった

無料ウェブセミナーの開催が決まりました。

 

登録制になります。

本日、8月8日の昼12時からです。

 

『上位5%の歯科医師だけが知らず知らずにやっている、

「先生の診療だから受けたい!」と患者に言わせる3つの技術』

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です