歯科経営のビジネス脳 3/5

20140630歯科経営の変則性や特徴のポイントについて話をしています。

ビジネスモデルとしてかなり変則的だということを

理解しておかないと前進するのが困難になります。

 

 

 

変則性を理解すれば

口ばかりで役に立たない業者の話も華麗にスルーできます。

試金石としてチェックしてみて下さい。

 

 

 

今回はその3つ目

 

3、相反するコトが混在している

 

 

現在、日本を含めて

世界の経済原理の趨勢は『資本主義』

 

 

 

自分で稼いでお金を得る社会です。

本来稼ごうとする努力や工夫は

「善」というか「正義」になります。

 

 

 

しかし、歯科経営においてはそうはいきません。

公共性が高いという理由で

型にはめられています。

 

 

 

制限される方の代表的なものが

いわゆる『広告規制』です。

我々は自由に広報活動を行えません。

 

 

 

一方税金面では優遇されています。

『租税特別措置法第26条』がそれです。

毎年のように廃止や改正が話題になります。

 

 

 

提供するサービスは「医療法」「薬事法」によって

「適正判定」を受けたもの以外の

サービスの提供は禁止されています。

 

 

 

保険診療においては

『料金・提供方法・条件』など

悉く制限されています。

 

 

 

要は『飴と鞭』

国家として医療を安定供給するために

我々の医療分野においては

残念ながら「社会主義的」な構造なのです。

 

 

 

それでいて、最終的な経営責任は

われわれ経営者に丸投げです。

おかしくないですか?

 

 

 

保険診療が顕著ですが、

同一サービス・同一料金を提供させて

競争原理を働かせるのって。

 

 

 

自由診療は多少ましですが、

それでも「同一でない部分」を

広報することがこれまた制限されています。

 

 

 

それだからこそ、閉塞感を強く感じる院長は

より規制の少ない「自由診療」への移行を

積極的に進めるようになるのです。

 

 

 

経済的な有利さもありますが

その本質は「保険診療」を

選択可能な単なるシステムと考えるようになること。

 

 

 

制度が想定した「適正利用者」を越えて

自立・成長してしまえば、下手に守られているよりも

制限の少ない厳しい世界の方が居心地がイイだけです。

 

 

 

ただし、全員がそこまで到達できることはありません。

ほとんどの歯科医院院長は何となく

「規制・制限」の少ない世界を感じているだけで終わります。

 

 

 

矛盾を感じ、限界を感じたままで

特に何もせず、国家に搾取され続ける・・・

それはそれで1つの価値観です。

 

 

 

周囲もそんな感じで安心ですし

楽な生き方のはずです。

決めるのはあくまで、

あなたの中の『何か』です

 

 

 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

今回誤解して欲しくないのは

「自由診療への移行」推進ではないということ。

 

 

 

あなたの意思で「保険診療」を邁進するのは

大変結構なことだと考えています。

 

 

 

では、それを決める、

あなたの中の『何か』とは何でしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  
==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

制度についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  
=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー