歯科経営のビジネス脳 1/5

20140628開業した先生にとっては当たり前のことですが、

開業したと同時にあなたは経営者になるわけです。

 

 

 

勤務医時代とは全く異なる世界が

そこには待っているのですが、

実際にはあまり意識されません。

 

 

 

意識しないままでも

開業そのものはできてしまうからです。

理想の診療に燃えているというコトもあります。

 

 

 

そしてここにちょっと困った問題があります。

歯科経営のビジネスモデルは他のビジネスと比較して

かなり変則的なのです。

 

 

 

一部ずつ似ているビジネスは存在します。

例えば、飲食店、美容室、工務店・・・

しかし明確な違いもあります。

 

 

 

あなたがご自身の歯科医院の経営に

もっと積極的になろうとした時、

歯科経営の変則性や特徴を理解しているかどうかは

その後の成否に大きく関わってきます。

 

 

 

今回はその変則性や特徴のポイントを

5回に渡って話していきます。

細か移転はいくらでもありますが、

重要で代表的なものに絞ってみました。

 

 

 

理解している院長先生にとっては常識です。

経営に活かしきれているかを

この機会にチェックしてみて下さい。

 

 

 

理解していなかったことがあるようなら

あなたの脳のしわに刻み込んで下さい。

必ず役に立ちます。

 

 

 

まずは1つ目

 

1、二重三重の責任があなた1人にかかる

 

 

勤務医時代とは比べ物にならない程

責任が大きくなります。

要するに逃げられないということです。

 

 

 

医療従事者としての

注意義務や説明義務、治療の質の担保などは

勤務医時代と変わらないかもしれません。

 

 

 

しかし勤務医時代の最終的な責任者は

あなたを雇用したその医院の院長。

当時のあなたが重大なミスを犯せば

監督不行き届きで院長が責任を取ります。

 

 

 

開業してあなたが院長になったからには

診療室内で行われた医療行為は

(場合によってはそれ以外の場所でも)

全てあなたの責任になります。

 

 

 

医療ミス、診療過誤・・・

容赦なく叩かれます。

特にオペ系の治療が多い先生は気をつけて下さい。

 

 

 

診療室の管理開設者であるならば、

医療行為以外でも診療室内で生じた問題全てが

あなたの責任です。

 

 

 

例え患者の不注意だったとしても

必ず責任の一端がのしかかってきます。

 

 

 

また、設備・機器についてもあなたの責任です。

メーカーがどうあれ、導入した責任が問われます。

店舗としての使用者責任もあります。

 

 

 

スタッフについては雇用者としての責任が

プライベートな部分に関してまでついてきます。

「そんなところまで・・・」と思う程です。

 

 

 

さらに経営者としては当然ながら、

お金に関する責任があります。

 

 

 

借入を起こしたなら返済責任、

かかった経費の支払い責任、

人件費だって含まれます。

常にお金を動かし続ける責任があります。

 

 

 

ここでと特筆するべきなのは

『医療に関する責任が巨大』ということです。

経営者責任が加わることによって、

足し算ではなく掛け算で膨れ上がっています。

 

 

 

2007年のインプラント治療による死亡事故や

フッ化物の誤塗布死亡事故など希有な例とはいえ、

あなたが加害者になる可能性はゼロではありません。

 

 

 

場合によっては再起不能です。

法人成りしている方はまた少し事情が異なりますが、

それでも深刻なダメージになるのは間違いありません。

 

 

 

医倍責保険等もありますが、歯科医院経営は

人気商売の側面も持っていますから

相当厳しい事態となります。

 

 

 

脅かして萎縮させることが目的ではありませんが、

上場企業の社長と同等かそれ以上の大きな責任が

歯科医院の院長兼責任者のあなたにはあります。

 

 

 

もっとも、“近”が考えるのは

『それだけ責任というリスクをとったんだから

それ以上に稼がないとバカバカしい!』

 

ってことです。

 

 

 

外れくじ引いたらトン死・・・

ハイリスクならハイリターンでなければ

全く割に合わない話ではないかと。

 

 

 

事業に投下したモノ・金・時間は

リスクを乗じて取り戻すこと・

取り戻すことを目指すことが正着なのです。

 

 

 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

医療事故を起こしたときの周囲の対応や世間の扱いは

極端な感じを受けたことはありませんか?

 

 

 

憶測・・・一方的な言い分・・・過去の暴露・・・

ある意味医療事故のことだけではないかもしれませんが

そうなってしまうのには理由があります。

 

 

 

ざっくり、どんな理由でしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

 

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

責任についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー