見過ごされたままになっている法人歯科医院の隠れメリット(下)

決算日変更

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

【法人は決算日を自由に決定できる】

コトによる副次的なメリットについて話しています。

 

 

ただし、このことをメリットにするには

ちょっとした戦略が必要です。

 

 

 法人決算日(期)変更戦略

 

 

個人歯科医院の決算は12月31日と

法律で決まっています。

確定申告は、毎年3月15日くらいまでと

こちらも決まっています。

 

 

個人歯科医院の院長は、提出された確定申告書を見て、

「去年はこんなに医業収益が上がっていたのか・・・」

「所得税がこんなに高く・・・」となるのです。

 

 

ここでちょっとあなたの歯科医院の

医業収益についてチェックしてください。

できれば3〜5年分くらいの月別推移を。

そこにはあなたの歯科医院の癖があるはずです。

 

 

事業年度(1年)でみてみると

すべての月での医業収益が一定ということはなく

医業収益が大きい月と少ない月が存在するでしょう。

 

 

例えば、児童が多く通う歯科医院では

学校検診の結果を受けて来院患者数が増えて

だいたい6月〜7月あたりに

医業収益のピークが出てくるものです。

 

 

他にも、12月や3月の年末、年度末が

医業収益のピークになる歯科医院もあります。

 

 

あなたの歯科医院にもこのような

医業収益の季節的な変動があるはずです。

3〜5年分くらいの月別推移をみてみると

ピークとなる月も毎年ほぼ同じですよね。

 

 

法人歯科医院では決算日を自由に決定できますから

決算日をピーク月の1〜3ヶ月前の月末日に変更します。

6月ピークなら3月〜5月、

12月ピークなら9月〜11月です。

 

 

変更することで何が起こるかというと

事業年度の期首あたりに

医業収益のピークがくることになります。

 

 

その2ヶ月後くらいにはピーク月の

医業収益は社保・国保からの振込で確定します。

経費も、利益も、計算ができる状態になります。

 

 

この時点で期首から4〜5ヶ月経過になりますから

その時点で決算までに半年あるのです。

 

 

ピークの医業収益と利益を知ってから、

十分な節税対策を練る時間も、

実行する余裕もあることになります。

 

 

ピーク月の利益を元手にして

設備投資や広告宣伝費等に有効に使えます。

 

 

新しい医療機器やレセコンを導入したり、

スタッフの賞与を調整することもできます。

研修旅行やセミナーコースなどにも

予算をまわしやすくなります。

 

 

今年度の医療法人の利益が

事業年度半ばで予想できれば、

節税対策も採用する手段を選び

時間をかけてゆっくり実行できるのです。

 

 

これが

【法人は決算日を自由に決定できる】

コトによる副次的なメリットです。

 

 

決算日の変更は比較的簡単にできます。

税理士に相談してみると良いでしょう。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

決算日を変更することによって

このようなメリットを得ることができます。

 

 

しかし、下手をすると

デメリットを引き起こすこともあります。

 

 

決算日を変更する際に、

1つだけ考慮しなければならないことは

どんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

 

【追伸】

今回の『決算日変更』もそうですが、

「知っているかいないか」だけで

状況が一変することは珍しくありません。

知らないと損するような最新情報ならこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

・講師10人による歯科医院経営者&事務長お役立ちセミナー

https://www.facebook.com/events/501510676698739/

 

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です