自費率をあげる2つの道 1/3

“近”が多くの院長に相談されることの1つに

『自費率を上げたい』という訴えがあります。

インターネット上で目にするような

「自費率80%超え」

なんていうレベルでなくていいから、もうすこしなんとか…

 

うちの歯科医院の場所は自費がなかなか出なくて…

 

保険ばかりで自費なんて説明するだけ無駄だし…

 

 

そして大体こんな言葉が後に続きます。

そんな院長先生に“近”が尋ねることがあって、

これもだいたい決まっています。

 

 

今、あなたの歯科医院で用意している

自費診療のメニューはどんなものですか?

その料金はどうやって決めたのですか?根拠は?

 

 

前者の質問にはだいたい答えられますが、

後者の質問には「モゴモゴ、ごにょごにょ…」

になったりします。

 

 

それでも尋ねていくと

「原価の3倍くらいが相場だと聞いた」

「近隣の歯科医院ではだいたいこれくらいにしている」

ということになるのがほとんどです。

 

それはちょっと無理です

 

結局自分自身では決めてはいないんですね。

『みんなと同じにしていれば無難』

という群集心理の変形です。

 

 

この状態で大多数と違う結果を得ようとするのは

どう考えても無理な話なのです。

同じ道を進んでいってゴールだけ別のゴールを求めても

それは辿り着けそうにありません。

 

 

でも「裏技」が欲しいんですよね、わかります。

そう思う方が多いからこそ

「自費説明用プレゼンテーションシステム」

「ネットでの広告出稿のノウハウ」

などが売れるわけです。

 

 

しかし、同じ道なのは変わっていませんから

費用対効果はそれほど上がりませんし、

成果も今ひとつということになるのです。

 

 

では道そのものを変えるにはどうすればイイでしょうか?

1つはあなたも良くご存知の方法です。

自費メニューのバリエーションを増やすことです。

 

 

先行して導入すれば

その恩恵に預かれることも少なくありません。

ただし、これにも欠点があります。

 

 

  • 新しい価値観を患者に理解させるのが大変
  • 周知していくこと自体にコストがかかる。
  • 参入医院が増えていくと恩恵が減じていく

 

 

こうなってしまうと、また新しい「何か」を

探すことになって振り出しに戻ってしまいます。

 

 

そこでもう1つの道を変える方法は?

ということになるのですが・・・

このことは次回に話すことにしましょう。

 

…………………………………………………………………….

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

メニューを増やすパターンの事例は

いくらでもありますが、最近のことでわかりやすいのは

インプラントでしょう。

 

 

一般に認知されていない時期に導入した医院では

苦労はしたものの利潤もあげることができました。

現在では言葉そのものが一般常識化する程となり

治療としては当たり前、競争も激しくなっています。

 

 

では、どの時期に参入したら理想的でしょうか?

今回は3択にしましょう。

 

A、ブレイク直前

B、ブレイク直後

C、ブレイク中

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

自費率についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー