自費率をあげる2つの道 3/3

『自費率を上げたい』のであれば、

大多数と同じ道を進んでいっても別のゴールには辿り着けません。

では道を変えてみるにはどうするか?

道は2つあります。

 

・自費メニューを増やす

・料金を上げる

 

 

「自費メニューを増やす」道は

常に新しいネタを探し続けなくてはなりません。

ですから、オススメするのは「料金を上げる道」です。

 

 

『その料金である理由』を先に考えるコトです。

「保証」を手厚くしたり、

「アフターサービス」を約束するというのも手です。

 

 

この部分は運用上の、いわば『テクニック』と呼べるものです。

しかし、残念なことにこのテクニックだけでは

決して上手くは行きません。

成果が出なかったり、一時的な数字の伸びに留まってしまいます。

では他に何が必要なのでしょうか?

 

心理的『枷』を外す

 

あなたの心はあなたが意識していない

「刷り込み」「先入観」「こだわり」などで

制約を受けています。

しかもそのことに気付いていないことがほとんどです。

 

 

こう書き出すと、どこかの自己啓発系の話のようですね。

でも、“近”はそういうのは「気持ちが悪いと感じる」派です。

目標やら夢やらを目につきやすい壁なんかに張り出しただけで

それらが叶うなら苦労はしないっていうことです。

 

 

結局のところ「行動」を重ねていくことでしか

夢や目標に近づくコトはできません。

行動をするための方法論の違いともいえます。

 

 

行動を阻害する要因はきっちりと取り除く方が

20年、30年のスパンで歯科医院経営を考えなくてはならない

我々開業医にとっては有効だからそう発言をしています。

 

 

取り除くべき阻害要因の1つが『枷=心理的制約』です。

「高額の治療費を受け取る」のは悪い・後ろめたいコト…

多すぎるほど多くの歯科医師が持っている『枷』です。

 

 

他医院の院長にどう思われ、何を言われても、

院長で経営者なのはあなたです。

仮にあなたの医院が経営困難になっても

彼らは援助の手を差し伸べたりはしてくるはずもありません。

 

 

その料金を患者が受け入れないなら、その治療の価値が

金額以上であることが患者に伝わっていないからであって

治療そのものに価値がないわけではありません。

 

 

治療の価値は施術の技術だけではありませんし、

料金に恥じない技術の研鑽に努めればすむことです。

 

 

患者の要求もそれを果たすあなたの責任も大きくなりますが

真摯に最大限の努力と行動で示すのみです。

 

 

これまでにしてきたことと何ら変わりはありません。

患者からいただいたお金は設備投資や更なる技術の習得費として

患者に還元する原資となるものです。

 

 

患者が治療の価値を認識すれば

メンテナンスにも積極的応じてくれる可能性も高まります。

長期に渡って安定して良好な結果に結びつきやすくもなります。

 

 

「高額の治療費を受け取る」コト自体に臆することは

何一つありません。

単なる「枷」です。

いつでも、今すぐにでも壊せるとても弱い「枷」です。

 

 

「テクニック」なんて使わずとも心理的に解放されることで

『自費率を上げる』ことは最短距離・最短時間で実現します。

 


 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

今回は「自費の料金を上げる」コトに対する

心理的なアプローチでした。

 

 

「高額治療費を受け取る」ことを「悪」と感じる心理は

比較的大きな『枷』です。

その他にも「自己アピール」「治療を売り込む」なども

ポピュラーな『枷』となります。

 

 

日本人らしい奥ゆかしさともいえますが、

これをしなかったことが原因となって

良くない結果を招いてしまうことが多々あります。

 

 

我々歯科医師が医療に携わっていく上での

「良くない結果」とはどんなことが想定されるでしょう。

 

 

想定というより現実に起こりがちなことですね。

あなたが「自己アピール」「治療を売り込む」などをしないと

何が結果として起こっているでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

歯科医師の心理についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー