歯科医院経営に効く新治療導入の5つの秘訣 4/5

歯科医院を開業してからも日々研鑽を続け、

新しい治療や技術を導入し続けなければ、

いずれ歯科医院は競争力を失ってしまいます。

 

元々歯科医院経営はビジネスモデルとしては

イニシャルコスト(初期費用)の高いモデルです。

新規導入の治療・技術までイニシャルコストを

高くしてしまうことは賛成できません。

 

 

さらにランニングコストまで…となると

その治療に関してはかなり厳しい運営を

余儀なくされることになります。

 

 

『原則に基づいた新規診療の導入』を前提に

『イニシャルコスト(初期費用)が小さく』

『粗利が大きい』治療や技術の導入を優先する。

 

 

これを心がけるコトが秘訣だという話をしています。

続いて今回、心がけるべき原則はこれです。

 

 

歯科医院経営に効く新治療導入の秘訣 ④

『在庫を持つ必要性が小さい』

 

 

これは前回お話しした

『粗利が大きい』というコトにも通じます。

在庫は歯科医院の経営においては

補綴用金属や薬剤、衛生消耗品などで

経費としては変動費にあたるものです。

 

 

在庫は常に捌けていかなければ

資金を死蔵していることになります。

いわゆる不良在庫です。

 

 

不良在庫は捌けていかないのであれば現金として

キャッシュフローに廻したいものですし、

使用期限があるものはそれまでに使用できなければ

まるまる無駄になってしまいます。

 

 

例えば、CRによる審美充塡・修復を

直接法で行おうとすれば、CRだけを取り上げてみても

流動性、色調、賦形性などが異なったものを

数種類からそれ以上揃えておく必要があります。

 

 

使いかけになっている材料がたくさん発生する、

そういう治療なために、在庫は多くなりがちといえます。

 

 

対象の治療を受ける患者が一定数以上いることを

継続的にキープすることができていると

在庫のことはほとんど気にならなくなってしまいます。

 

 

しかし、治療によって在庫を多く抱える必要がある治療と

そうでない治療が存在することと

導入しようとしている治療が

どの程度の材料の在庫を必要とするのかは

常に意識するべき項目の1つです。

 

 

導入時の目論みがはずれて患者が少なかった場合でも

在庫が発生しづらいタイプの治療なら

挽回する期間と機会が多く存在することになります。

 

 

『在庫を持つ必要性が小さい』ことは

その治療の運営、医院の経営に有利に働きます。

キャッシュフローに余裕がない時には

特に注意が必要な『原則』です。

 


 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

在庫に関しては、

・治療そのものの性質

・患者数

という2つの要素が大きく関係してきます。

 

 

多くの患者がその治療を望むなら、

在庫が生じやすい性質の治療でも不良在庫は発生しません。

在庫が生じにくい治療ならば、患者数がどうあれ

不良在庫そのものが発生しません。

 

 

実はここに、上記の2つの要素よりは影響が小さいものの

在庫に深く関係がある要素があります。

当たり前になってしまって気付きにくい

その要素とはどんなことでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー