それでも患者に告げるべき真実

良薬口に苦し

株式会社120パーセント代表、
歯科医院経営戦略コンサルタント、
イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

私がセミナーの懇親会などでよく言われることの1つに
「実際にあったらイメージと違っていた」
というのがあります。

 

ブログやメルマガなどで
ズバズバものを言い切っていたり、
偉そうに上から話している(笑)印象があって
ちょっと身構えてセミナーに参加したというのです。

 

あと毒舌だとか、冷徹だとか… 
正直なところ、“近”はそう思っていなくて、 
「正しいことを言っているだけ」と思っています。

 

メールでもセミナーでも、 
思ったことはハッキリ言うようにしています。

 

しかし、偉そうにしたり、皮肉を言ったり 
セミナーに参加した方を蔑んだり、 
イジめるつもりも一切ありません。

 

ただ、

「願えば叶う」 
「努力は報われる」 
「誰でも成功できる」 
「あなたならできる」
 
みたいなふわっとしていて耳触りのいいことを
言おうという気はありません。

 

そういう言葉は言う気になればいくらでも言えます。
気持ちがこもっていなくても
こもっているように聞かせるテクニックもあります。

 

しかし、そうすることは
セミナーに参加した方の成果にはつながりません。

 

今までと違う成果を得るには、
あるいは他とは1歩抜きん出た存在になるには、
これまでとは違うことをする必要があるってこと。

 

当然ですが、見えていなかった現実が見えたり、
すんなり上手く行かない壁にぶちあたることもあります。

 

ですから、“近”のセミナーで

『多少きついことを言われるかも…』

くらいのことに怖気付いててどうするの? 
というのが、まぁ本音といえば本音です。

 

むしろ、変化や生み出すことには
そういう痛みや苦しみが伴うもの。 
通り抜けなければ成果もでないし、変われもしません。

 

耳触りのいい、優しい言葉で引き込んでおいて 
成果が出ない、望んだこととは違う変化になる…
“近”からすれば、そういう方がよほど怖いです。

 

ではあなた自身はどうでしょう?
患者に耳触りのいいことばかり言ってないでしょうか…

 

本当は大変であること、
苦しいかもしれない厳しいことを伝えていますか?

 

根本的で大きな問題ほどその解決のための治療には
患者にこれまでとは違う価値観を受け入れて
新しい現実を突きつけることになります。

 

例えば、全額的な治療の成功の鍵は
治療後のメインテナンスや予防の考えを患者に
受け入れさせて継続的定期的な通院をしてもらうこと。

 

我々歯科医師としてはごく当たり前のことも
患者にとっては大きな転換を強いられるものです。

 

「苦労せずに…」「簡単に…」「あなたにも…」
そればかりを言うのは患者のためになるでしょうか? 

 

「良薬は口に苦し」です。
治療の真実を伝えて、その上で
『これがあなたのベストだと考えます、いかがですか』 
と言ってください。

 

もし言えないのなら、成果が想定を下回った際に
「上手く丸め込まれた」と言われるのが 
イヤなだけ、怖いだけではないでしょうか?

 

本当に患者が正しく変われるなら、
高額であろうときちんと勧めることは
患者のためになることです。

 

長期的・医学的に見て、正しい、
そして患者のためになる。

 

ここに正直になると短期的な場面では
患者に嫌われるということもありえます。

 

それでは歯科医院経営が苦しくなってしまう…
もしあなたがそう感じるなら、
「それでもなんとか収益の上がるモデルにならないか?」
あらゆる角度から検討し、可能性を模索してください。

 

ここに挑み続けること自体にも
やりがいや充実感を感じられるはずですし、
そのモデルが実現すれば、
あなたが正しい・行いたいと思う歯科医療を提供して、
なおかつ医院経営が成り立つことになります。

 

歯科医院経営と医療従事者の矜持とを両立して
楽しく幸せな歯科医師生活を送るための 
ポイントの1つと言えます。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

歯科医師には歯科医師としての幸せがある…
地味な研究に没頭したり、
臨床をとことん突き詰めたり、
患者に慕われ、頼られるよう奮闘したり。

 

はたから見たらものすごい苦難の道も
平気で突き進んでいく院長は珍しくありません。

 

ただ、現在の歯科医院を取り巻く状況は
以前と違って厳しいのが現実です。

 

歯科医師としての幸せを追求すれば
それがそのまま経営的成果につながったのは
30年ほど前までの話。

 

かと言って、
医院経営を単なるお金儲けの道具とするには
歯科医師のほとんどは医療に対して真摯すぎます。

 

医療と経営は相反するものではありませんが
並列させることが現状厳しいのは確かです。

 

どちらにも偏らない、どちらも諦めない、
でも並列もむづかしい…
悩みどころが多くなるのも仕方がありません。

 

そんな時には、
あなた自身の気持ちに正直になることが
結局はいちばんの近道です。

 

でもこういうと、
抽象的でよくわからないし
なんとなくわかったような気がするだけ…
なんの解決策にもなりません。

 

そこで、オススメの簡単で具体的に
あなたの気持ちに正直に行動ができるようになる、
とっておきの方法があります。

 

できれば半日ほど時間を作って
邪魔の入らない静かなところで実践してほしい…

 

そんな方法です。
どんな方法でしょう?

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。
https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?

  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※メルマガ登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です