歯科医院経営の特徴から改善のヒントを見つけよう

歯科医院経営というビジネスは
「医療を提供している」こともあって
他に類を見ない特殊で特別なモノだと思い込みがちですが、
実際にはそれほどのことはありません。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

あなたが歯科医院の経営を改善しようと考えた時、
似たようなビジネスについて学ぶことで、その対比から
本来の歯科医院の経営についての理解が深まり
改善のヒントを得られることがよくあります。

 

全てがそっくりなビジネスなど存在しませんが
部分的に類似している他業種のビジネスモデルには
参考になるところがたくさんあります。

 

しかし、その理屈が分かっても
「どこを持って似ているのか?」がわからなくては、
他業種のビジネスを参考にしようもありません。

 

そこで今回は
まず先に、歯科医院経営というビジネスの特徴を把握して
次にその特徴が似ている他業種のビジネスを探して
比較をしてみましょう。

 

歯科医院経営の特徴1 実店舗型ビジネスである

歯科医院を開設する上ではほとんどの場合、
実在する「診療所」が必要になります。

 

「診療所」を持たずに、
訪問診療のみを行なう歯科医院を開設可能になりましたが
完全に無店舗で運営しているところはごくわずかです。

 

分院として訪問診療のみを行う歯科医院を
無店舗で開設するというパターンが主流となっています。

 

いずれにしても、患者の診療を行うことから
その「商圏」には限界が出てきます。

 

IT技術の発達により
歯科医院の商圏はかなり広がりましたが、
それでも大多数の歯科医院では
数百km離れた遠隔地から来院する患者を
治療する機会はほとんどありません。

 

日本中から、さらには諸外国から
患者が来院するような歯科医院というのは
ごく一部の例外的な歯科医院だけです。

 

歯科医院経営の特徴2 地域密着型ビジネスである

患者は必然的に地元民(勤務者含む)が中心となります。
日本中の不特定多数を対象としたビジネスと違って、
「患者同士」「スタッフと患者」「院長と患者」が
「地縁」によって関係性を持つことが多々あります。

 

この状況から「風の噂」的な情報や評判が
拡散しやすく、影響も受けやすいという
ビジネス上の傾向が存在します。

 

IT環境が以前に比べて格段に整備されたために
地域性の低いビジネスにおいても、
風評は立ちやすくなっています。

 

歯科医院経営は地域密着型ビジネスであるため、
友人・知人などから聞かされる風評の影響力が
より一層大きいということです。

 

ぶっちゃけて言えば「悪いことはできない」わけです。
おしゃべり好きのスピーカーおばさんなどの話題にされたら
有る事無い事が広まりやすくてすぐ客足の響くわけです。

 

ちなみに、
悪い風評は何もせずともあっという間に拡散しますが、
良い風評の拡散は運任せ・風任せです。

 

「いずれ良い口コミが広がって・・・」というのは
そのための工夫は大事ではありますが、
それほど期待はしない方が無難というモノです。

 

歯科医院経営の特徴3 オーナー社長型ビジネスである

一般に会社というものは、
資産を持っている人間(資産家・投資家)が資金を提供し、
それを元にして社長以下、社員がビジネスで利益をあげて、
その利益を資金提供者に分配することで成り立っています。

 

資産家・投資家を広く公募しているのが「株式会社」です。
資金提供者が「一族郎党」に集中しているのが「同族会社」、
1人に集中していれば「○○オーナーの持ち会社」です。

 

この資金提供をする「オーナー」が
ビジネスをする「社長」を兼任していると
すなわち「オーナー社長」ということになります。

 

同じ「社長」でも、雇われ社長・サラリーマン社長とは
とったリスクの大きさが桁違いに大きいことが特徴です。

 

オーナー社長は「仕事にかける情熱が大きい」のも当然です。
中小企業・零細企業に多いパターンでもあります。

 

歯科医院では資金提供しているのは院長で、なおかつ
現場で運営の指揮を執るのも院長です。
つまり「オーナー社長」と同じです。

 

「お山の大将」「ワンマン」と言われるのは
当たり前のことだとも言えます。

 

歯科医院経営の特徴4 技術者接客型ビジネスである

専門職・技術職であってなおかつ、
顧客(最終消費者)との関係性が
直接的にあるビジネスということです。

 

いわゆる「労働集約型ビジネス」の一種です。
歯科医院でいえば、あなたが治療を行うほど
利益が上がるビジネスモデルになっています。

 

提供しているものがあなたの『技術』なので
商品がヒットしたら設備投資して
大量生産をして利益拡大とは行かないのです。

 

あなたの労働時間にも限界はあります。
診療速度もそうです。

 

あなたの価値が高まるほど、ビジネス的には
あなたへの依存度が高まっていく構造になっています。

 

『休んでも良いはずなのに休むとよけいに大変』
『休みたいけど休めない』
というコトになっている院長が
実はたくさんおいでになります。

 

歯科医院に似た特徴を持つビジネス

上記のような特徴を歯科医院経営は持っています。
これらのビジネス的特徴を併せ持っているような職種を
いくつかピックアップしてみました。

 

美容院(美容師)、治療院(整体師、柔道整復師)
理髪店(理髪師)、エステサロン(エステティシャン)
注文服飾店・靴店(テイラー、仕立て屋)
飲食店(オーナーシェフ、寿司職人)、Bar(バーテンダー)

 

治療院が似ていているのは当然として、
美容院(美容師)、エステサロン(エステティシャン)は
特に類似度が高いといわれています。

 

女性客を意識した内装や接遇は
参考にできるところがあります、

 

また、「顧客リスト」についても
その重要性に配慮をしているところが多くあります。

 

勤務している美容師やエステシャンが独立する際には
顧客リスト絡みで事件が起こるほど重要視されていますから
その活用には貪欲です。

 

オーダーメイドという点では
高級テイラーやオーダー靴店なども参考になります。

 

仕事の内容については
参考にできる点はなかなかありませんが、
顧客の獲得や管理の仕方、顧客単価を上乗せする工夫などは
参考になる部分が多々あるモノです。

 

歯科医院経営はビジネス的には他業種に
10年遅れているともいわれています。

 

繁盛している店には
どこかに『なるほど〜』と思えるところがあるはずです。

 

あなたの歯科医院に取り入れられるものを探す視点で
他業種を眺めてみるのも、たまにはいいモノですよ。
…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

もう1度、似ている職業・職種の一覧を眺めてみて下さい。
似ている部分をそれぞれ持ってはいますが、
サービスを提供する段階で歯科とは大きく異なっています。

 

医療の一端を担っていることもそうなのですが、
それとは別に一覧で挙げた職業・職種では全て可能で
歯科診療ではほとんどできないことがあります。

 

そのビジネス的にも大きな違いとはどんなことでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい
経営やお金に関する知識やノウハウを 
会員限定の無料メルマガで話しています。

 

今なら登録特典として、Webセミナーに
無料でご参加いただけます。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー