できるだけコストを抑えてあなたが意思を貫く方法

私の事務所も含めて生活拠点は都市部にあります。
自宅でも事務所でも最寄りの駅には
列車が日中でも10分ごとくらいには着てくれるので
あまり時刻表を意識した事がありません。

 

ある程度の時間の余裕を持っていれば
1、2本の列車の乗り過ごしはそれほどの影響は出ません。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

便利な交通事情の場所にいるので当たり前になっていますが
これは私が東京の中心部に近い場所から
あまり動いていないからこその話です。

 

例えば小1時間ほど列車を乗り継いで郊外に出向けば
こんなことは言っていられません。
仮に1本の列車を乗り過ごすと
20分くらいは次の列車が着ません。

 

その結果、時刻表を見て自分の行動を決める…
という事になるわけです。

 

これはある意味、私の自由を奪われている状態です。
行動を制限されていますからそうなります。

 

これを例えば、自家用車で移動することにしたら
どう変化するでしょう?

 

まず第一に思い立ったときに移動はできるようになります。
場合によっては移動時間も短縮できるかもしれません。
しかし、飲酒については制限されます。

 

さらにこの飲酒制限を回避するにはどうすればイイでしょう?
これには「運転手を別に用意しておく」
という手段が考えられますよね。

 

さらに遠距離だったりするなら
自家用ヘリコプターやプライベートジェットを使うのも
選択肢としてはアリです。

 

「移動」という行動1つで考えても
自由に行おうとすればそれなりの手段でコストも必要になります。

 

我々歯科医師の働き方でもそれは同様です。
ただし勤務医と開業医では自由度は全く違います。

 

自由のコスト

 

よく、歩合制で勤務する歯科医師は
個人事業主のようなものと言われます。
言われはしますが内実は全く違います。

 

開業すれば、開業場所も、設備も、間取りも、ユニットの色も、
スタッフの人数も、経費のかけ方も、収入の分配の仕方も
あなたの自由にできるという事です。

 

この自由のためにコストを費やしているとも言えます。
あなたが「何かしらの自由」が欲しいと全く思わないのであれば
高いコストをかけてまで開業する意味はありません。

 

高額の収入でも、行いたい治療法でも、場所でも、設備でも
『欲しい目標に向かう自由』ははっきりしている程良いといえます。
欲求と行ってもイイでしょう。
明確なほどコストをかける意義がぶれません。

 

なんでもいいとか、とにかく形になればイイとかというのは
うまく行く可能性は格段に低くなります。
心情と努力と成果がアンバランスになるのです。

 

なんでもいいとなれば、
とことんまで努力をするということもないでしょうし、
仮に努力をするにしても「手当たり次第に」するしかありません。

 

的外れの努力を重ねても、成果が出ることは稀です。
成果が出ても「思わぬ形」で現れますから
努力が報われた気持ちになれません。

 

また、「うまくいく」ということを
「患者に選ばれる」ということと定義づけするなら
これが実現することもおぼつかないでしょう。

 

これは不思議なことでも何でもありません。
こだわりがない人間には大事なものを預ける気になれないのが
患者というか人間の深層心理だからです。

 

あなた自身、自分の体を
勉強していない医師に見せたいと思いますか?
勉強していたとしても専門家ではない医師に任せられますか?

なんでもそこそこだとわかってしまっては
積極的に受診する気にはれないのではないでしょうか。

 

患者はなんとなくでも、そういうことを感じ取るものです。
信念も志もない人物にはどんな職種であろうとも
魅力を感じることはほとんどないのです。

 

私はあなたの欲求や意志を具現化する手伝いや
その確率を最大限に持ち上げるノウハウは提供できます。
しかし、意思や欲求そのものを与えることはできません。

 

意思や欲求はあなたの人生観や価値観からしか生まれません。
あなただけのものであり、人に与えられるものでもありません。

 

犯罪的だったり、非道徳的だったりの欲求は感心しませんが、
それでも、それらを何らかの形で昇華できたものであるなら
何もないよりはずっとましだと考えています。

 

意思や欲求がないところには、
人はコストをかけようとしないものです。
それが高額・負担になるのであればなおさらです。

 

単に夢想しているだけで
コストをかけずに手にできるものなどたかがしれています。

 

上位数パーセントしか得られない成果を
並みの努力やコストで手にしようとすること自体が
基本的に間違っています。

 

人並み以上の成果・成功、他とは一味違う結果は
強く願って、さらにコストをかけなくては
あなたにもたらされることは決してありません。

 

あなたには獲得したい自由、叶えたい欲求はありますか?

 

それは明確になっていますか…?

 

それは言葉にしてありますか…?

 

あなただけでなく他人が見ても理解できる言葉ですか…?

 

他人が見て共感できそうですか…?

目標や欲求をこんな形にまで整えて
それに向かって努力もある程度のコストも厭わない姿勢は
他人からは信頼感や好感を持てるものになります。

 

逆に言えばそれ以外のことに対しての努力やコストは
必要最低限にしてしまうことで
真の目標や欲求への一途さも滲み出てくるものです。

 

なんとなく思い描くだけでは足りません。
やるならとことんやりましょう。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

何かしらの自由や欲求がなければ
コストをかけて開業する意味はないと言いました。

 

しかし、実際には当たり前すぎて忘れている
ある前提があります。

 

その「ある前提」+「目標・欲求」があることで
我々の開業は意味あるものになっていると言えます。

 

ではそのある前提とは何でしょうか?

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい
経営やお金に関する知識やノウハウを 
会員限定の無料メルマガで話しています。

 

今なら登録特典として、Webセミナーに
無料でご参加いただけます。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。
もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください