歯科医師会に入会すべきか否かはこうして決める

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

歯科医師会を辞めたい・・・
入れというプレッシャーがキツい・・・
面倒くさい・・・

 

若い方、開業間もない方や
地元歯科医師会の結束が強い地域の方などから
愚痴っぽく聞かされることがあります。

 

あなたがどうするべきなのかはケースバイケースです。
正直正解もありません。

 

ですので、ここでは
『歯科医師会との関わり方』についての
一般的・原則的なこととをお話ししましょう。

 

 提供価値と享受価値

基本的に、歯科医師会に所属していることで
あなたは会費や時間、労力などを
歯科医師会のために提供することになります。

 

また、それとは反対に
歯科医師会からあなたにリターンされる
権利や手当などがあります。

 

ですから、あなたが提供する価値と同等か、
それ以上の価値が返ってこなければ
歯科医師会に所属する意味はないことになります。

 

提供する価値も享受する価値も
有形無形様々でしょう。

 

しかし、それをできる限り明確にして
さらに比較をしてみないことには
歯科医師会に所属する意味があるかどうかも
論じることはできないのです。

 

そこで、
提供する価値と享受する価値のそれぞれを
お金に換算してみましょう。

 

プライスレスなものもあるでしょうから
それはそれできちんと列挙して
最後に比較すればいいでしょう。

 

数値化できる部分は
極力そうしてしまった方が
最終的な比較が楽になります。

 

 あなたの提供している資金

最初はあなたが提供する価値から
数値化をしていきます。

 

会費、協力金、交通費、飲食費など
歯科医師会に所属しているからこその出費は
すべてカウントしてください。

 

この辺りは最初から数値化されていますから
漏れがないようにしさえすれば
なんの問題もありません。

 

おおよそ1年間で提供する資金を
全て計算してみて下さい。

 

入会時に支払う入会金等は
所属する期間を想定して
1年分を算出してください。

 

例えば、
入会時に240万円支払っていて
40年間在籍しそうなら
1年あたりとしては6万円になります。

 

 あなたの提供している時間

次にあなたの提供している「時間」の価値を
数値化していきます。

 

まずはあなたの診療時間内の時給を
計算してみて下さい。

 

例を挙げましょう。

あなたが診療報酬として
社会保険診療分が月平均32万点、
自費診療分が月平均48万円を
あげているとします。

 

一月平均20日間稼動したとして
1日の平均は保険16,000点、
自費24,000円となります。

 

1診療日の平均診療時間が8時間なら
1時間あたりに換算すると
保険で2,000点=20,000円、
自費で3,000円、
合計23,000円となります。

 

つまりあなたが、毎月保険32万点、
自費48万円をあげるくらいであれば
診療1時間分の価値(売上)は
23,000円になるということです。

 

ここで仮に、歯科医師会の会合のために
毎月一回、診療を1時間繰り上げて
終了しているとすると、

 

1年間であなたが歯科医師会に提供する
時間の価値は23,000円x12です。

 

さらに年1回、
歯科医師会が主催するイベント参加などで、
本来の診療日を1日休診にしているなら
23,000円x8の価値を提供していることになります。

 

ここに診療時間外で歯科医師会に提供した
あなたのプライベート時間の価値が加わります。

 

あなたがあなたの価値観で値付けして下さい。
どう見積もるかは個人差が大きいはずです。

 

楽しく感じられるのなら安く、
苦痛が大きい程高くなります。

 

家族と過ごす時間の減少がツラいなら高く、
それ程気にならないなら安く…

 

値付けがしにくいなら
1年間でプライベートの時間を
どれだけ費やしたかだけでも
おおよそ算出しておきましょう。

 

 歯科医師会からのリターン

今度は歯科医師会から得られるリターンを
計算してみましょう。

 

各種委託料・手当・検診費用・事業協力金…
これらは数値化されていますから
漏れなく列挙してください。

 

ここで見落としがちなのは
患者の斡旋に対する価値です。

 

あなたの診療所で行う各種の無料検診では
引き続き治療に移行する患者が
それなりにいるはずです。

 

検診費用が支払われているはずですが、
それに加えて患者の紹介・斡旋も
してくれているということです。

 

本来患者を獲得するためにはコストが発生します。
それが新規患者の獲得であろうと、
再初診の患者であろうと発生します。

 

実際にホームページを作成して
さらに更新に手間や費用をかけたり、
広告宣伝費を投下したりして
患者を獲得しているわけです。

 

リコールハガキや年賀状、暑中見舞い、
チラシやポスティング、タウン誌などへの寄稿、
駅看板、道路看板などなども
患者獲得のためのコストです。

 

あなたの歯科医院での患者獲得コストが
1人あたりどれくらいなるのかを
ざっくりでも計算してみるといいでしょう。

 

先ほど挙げたような『患者獲得』のためのコストを
1年間分合計してみてください。

 

次に1年間の全初診・再初診数から
検診経由の新患を除いた患者数を算出します。

 

1年分の患者獲得コストを
検診経由ではない初診・再初診数で割れば
患者1人あたりの平均コストがざっくり計算できます。

 

仮にそれが7,000円だったとすれば
7,000円×検診経由の新患数の金額を
歯科医師会から享受していることになります。

 

その他にも
学術講演会・保険説明会・各種トラブルへの対応など
挙げてみるとそれなりのリターンがあるはずです。

 

挙げられるだけ挙げて、
変換できるものはできる限り金額に換算しましょう。
その上でプライスレスな部分を考えてみて下さい。

 

あらためて、言います。
歯科医師会に所属していることで
あなたが提供する価値と同等か、それ以上の価値が
歯科医師会からあなたにリターンされなければ
歯科医師会に所属する意味はないのです。

 

提供する価値と享受する価値を比較してみることで
あなたが歯科医師会の存在に対して
実際にはどこに不満・不安・不平があるのかが
浮き彫りになります。

 

少なくとも歯科医師会に所属する意味を考える
糸口が掴めるでしょう。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

特定の会員の方々との個人的な交流など
歯科医師会に所属して築かれる人脈・人間関係の価値を
今回はあまり考慮していません。

 

個人差が大きく、これだけでも
歯科医師会に所属する価値があると言う方もおいでです。

 

逆にその人間関係が煩わしいと言う方もいて
個人の判断で大きく価値が変わってしまう部分だからです。

 

とはいえ、歯科医師会の会員は同業者ですから
全く無関係の他人と人間関係を築くよりは
楽な部分もあります。

 

歯科医院を経営していく上で
「人間力」を高める訓練として考えるのも
いいかもしれません。

 

ただし、組織に属する以上、
1つだけ忘れないでいるべきことがあります。

 

これを意識していないと
思わぬところで歯科医師会入会の
よくない部分が出てきてしまいます。

 

いわば、見積もりにくいデメリットなのですが
さてそれはどんなことでしょうか?

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。
会員限定の無料メルマガで話しています。
https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ   

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー