モチベーションと飛躍を同時に手に入れる「4つの自由」というキーワード ⑵

家族で旅行

「4つの自由」の獲得は、多くの方にとっての
『幸せ』の公約数的なものと捉えています。

 

ですから、歯科医師としてだけでなく
経営者として独立開業したなら
まずはここを目指して欲しいと思っています。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

『時間的自由』『対人的自由』『経済的自由』『空間的自由』

4つの自由を全て獲得できれば
ほとんどの方が「幸せ」「充実感」「生き甲斐」などを
感じることができると考えています。

 

では『時間的自由』についてから話していきます。

 

モチベーションと飛躍を同時に手に入れる「4つの自由」
その1 『時間的自由』

人に与えられているのは1日24時間です。
ここはどんなにお金持ちだろうが、社会的地位が高かろうが、
全く変わりはありません。
しかし、時間の使い方は人それぞれ、大きく違います。

 

仮に、生活資金が現状稼げていないとしたら
その人の時間は生活資金をもっと稼ぐために使われます。
ほとんどの場合、それは長時間の労働、あるいは
休日が少ない勤務を強いられることになります。

 

ここに「時間的自由」は全くありません。
このレベルにいる限り
「労働に費やす時間」という束縛から
逃れることができないのです。

 

ですから、見方を変えれば
「時間的自由」は最低限の生活ができる状況を
構築できた人だけのものということもできます。

 

最低限の生活ができる状況はある意味、
「時間的自由を考える資格」と言ってもいいでしょう。
その資格がなければ、自分の時間を切り売りするしかないのです。

 

とはいえ、「時間的自由」を考える資格が得られても
今まで通りのコトを惰性で続けてしまう方が
非常に多いのも事実です。

 

あなたが働くことが大好きで
どんな仕事でもとにかく働いていたいとか、
好きな診療をもっとたくさんやりたいとか、
そういう意志を持って労働をしているのであれば
それは問題視することではありません。

 

時間を自分の使いたいように使っている
1つの形なのですから、結構なことです。

 

しかし、他にやりたい事があるのにその時間がなかったり、
やりたくもない労働に時間を費やしたりを
しているのであればそれは問題です。

 

家族と1週間から10日ほどのちょっとした旅行や
故郷に帰ったりすることがしたくてもできない…

 

家族との生活の時間がズレてしまって
スキンシップを含めた交流が満足にできない…

 

こんな感覚を持っているのであれば
『時間的自由』を獲得するための行動を
今すぐとるべきです。

 

特にお子さんがいる方に言っておきたいことがあります。
「現在の息子(娘)には今しか会えない」
ということです。

 

子供はあっという間に成長してしまいます。
待ってはくれません。

 

『徐々に余裕も出るだろう。そうしたら…』
などといっている間に
機会はドンドン失われていくのです。

 

ことわざにもありますね。
『親孝行、したい時には親はなし…』
周囲は誰も、何もあなたを今のままで
待っていてはくれないのです。

 

まずは最低限の生活ができる状況を作ることです。
ただし「最低限」は人によってまちまちです。

 

複数の歯科医院を繁盛させて、
自他共に認める『成功者』になるところまでで
「最低限」の方もおいでですし、その逆に
文字通り「最低限」で十分と感じる方もおいでです。

 

あなたを取り巻く環境も時と共に変化しますから
厳格な線引きは難しいと思いますが
ある程度は「ここが最低限」というところを
あらかじめ想定しておきましょう。

 

ここまでが義務とか責務、
ここからは趣味や嗜好、となる境界に
線引きをするということです。

 

あなたにとっての「最低限」を決めたら
次にはその達成と効率化・時間短縮に
力を注いでください。

 

時間がなければ新しいことや
さらに「最低限」への到達が早くなることにも
取り組むことができません。

 

お金は実際に手にしたり、支払ったりするので
「使う」「貯める」「節約する」などが
それなりに実感できます。

 

しかし、冒頭でも話したように、
時間は誰にでも生きている限り
1日24時間が無償で与えられます。

 

それゆえ時間を「使う」ということ自体も
その価値も実感が難しくなっています。

 

あなた自身が行うことなら
どんなことをするのにも
必ず時間が必要になります。

 

時間はいわばあなたの人生そのものです。
人生と同じで有限なものです。

 

『行いたいことがいつでもできる』
これが時間的自由の本質です。

 

時間に制限されない…、時間に依存しない…、
時間に縛られない…、時間に使われない…

 

「時間的自由」を獲得する意義は
こういうところにあるのです。

 

時間については年齢を重ねて
自分自身の週末を意識せざるを得なくなってくれば
どなたでも考えるようになります。

 

当然ですが、若い中高生には
それを意識しろという方が無理なことです。

 

歯科医師であり院長であるあなたは
歯科医院の開設に多額の資金を投入しているはずです。
借入金を長期返済している方もおいでのはずです。

 

人生の一部が固定化されているのですから
開業したならそれ以前とは違う
高いレベルで人生設計をするべきなのです。

 

そうすることによって時間に対する意識も
時間的自由の価値も見えてくることでしょう。

 

時間的自由の獲得

時間的自由を獲得する道は2つあります。
1つはあなた自身が働く単位時間あたりの収入を高くして
あなたの働く時間を短くしても最低限の生活を
維持できる状況を構築すること。

 

例えばあなたが
1時間あたり5万円の売上を上げられるとします。

 

5万円の内、あなたの取り分(利益率)を40%、
借入金の返済や税金、生活費などを含めて
月に200万円が「最低限の生活」に必要だとしましょう。

 

するとあなたの純粋な時給はで2万円となり、
1時間の売上5万円、利益率40%を毎時間継続できるなら
1ヶ月間に100時間働きさえすればOKとなります。

 

つまり、短時間の労働で必要充分な収入が得られるなら
それ以外の時間は『自由』に使えるということです。

 

時間的自由を獲得する2つ目の道は
あなた自身が不在でもあなたに収入が
入ってくる仕組みを持つこと。

 

こちらはあなたもよくご存知のもの、
代診のドクターや衛生士を使うということです。

 

目新しいことは特にはありませんが、
売上に対してあなたの利益がどれくらいの割合かは
しっかり把握しておく必要はあります。

 

どちらか一方を採用するのも、両方採用するのも
特別な優劣はありません。
あなたの得手不得手や好みによって決めるものになります。

 

いずれにしても、
あなたが『時間的自由』を獲得することによって
あなたはあなた自身の「意思」を
具現化できることになります。

 

インプラントを極めたいのであればそこに没頭する…、
歯科医院の規模を拡大していきたいのであれば
広い物件への移転や分院展開の準備を進める…。

 

家族との時間をもっと増やすことも
趣味の車やカメラに凝ることもできます。

 

また、例え平日に子供のイベントがあろうとも
すぐに時間を作れるようになります。

 

スポーツをしているお子さんなら
遠征の付き添いだって可能です。

 

家族揃って旅行をしたり、レジャーを楽しんだり、
一緒に行ってその時、その場でしか味わえない体験が
できるようになります。

 

こういったことはどんなに経済的に裕福でも
「時間的自由」を獲得していない方には
実現することができません。

 

我々歯科医院の院長は医療人ですが経営者です。
やり方次第で「時間的自由」はサラリーパーソンよりも
ずっと獲得しやすいともいえます。

 

週休2日で働くとすれば、1月の平均診療日数は
(GW休み等を含めると)大体20日ほどです。

 

先ほど例に挙げた状況なら1ヶ月間で100時間の勤務、
1日なら4〜5時間程度の診療で実現可能です。

 

実現したなら月の半分を丸々休んだとしても
残りの半分(10診療日=2週間)を
毎日9時間ほど頑張れば収入も減らない計算です。
(9時〜19時診療で昼休憩1時間)

 

半分休みの例は極端ですが、
月100時間診療は机上の空論ではありません。

 

実現すればあなたの行動の選択肢が
一気に広がることを実感するでしょう。
願望が選択肢に変わる瞬間をぜひ体験して下さい。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

「時間的自由」が獲得できたあとの時間の使い方は
まさにあなた次第です。

 

例に挙げたように家族と過ごすのも
仕事に打ち込むのも良いでしょう。
中には「歯科医師会活動」という方もおいででしょう。

 

何にでも好きに選択することが可能になります。
さらに、あまり考える方は少ないですが
別のビジネスをする時間にも使えます。

 

「コンサルタント」「コーチ」「セミナー講師」
「インストラクター」「執筆者」
「メーカー等との提携事業」…

 

時間さえあれば可能性がゼロということはなくなります。
色々と想像してみるだけでも楽しそうに思えます。

 

ところでこれまで全く触れてない
「あること」に時間を使う方もおいでなります。

 

これはその方の価値観に関わることなので
この「あること」には一切興味がない方もおいでです。
その「あること」とはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい
経営やお金に関する知識やノウハウを 
会員限定の無料メルマガで話しています。

 

今なら登録特典として、Webセミナーに
無料でご参加いただけます。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください