歯科医院の医院長ならこの思考

株式会社120パーセント代表、
歯科医院経営戦略コンサルタント、
イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

今日は気になる記事をみつけました。
少し長いですが、ざっくり読んでみて下さい。

第一印象できれいでないとがっかりする部位は?

シネックスインフォテック株式会社は、
全国の20代~60代の男女1000名を対象に
「異性の印象と歯に関する意識調査」を行った。

 

アンケート調査から、異性の第一印象において、
きれいでないとがっかりする部位は
「口元(歯を含む)」が
43.4%で第一位であることが判明した。

 

また、配偶者・恋人の身だしなみについても、
きれいでないとがっかりする部位を聞いたところ、
一位が「髪」47.4%、次いで僅差で
「口元(歯を含む)」43.0%という結果となり、
第一印象だけでなく、親しい間柄においても、
口元の印象が重要であることがわかった。

 

第一印象で需要なのは口元

全国の20代~60代の男女に
「異性の第一印象で重視するポイント」
について聞いたところ、

「口元(歯を含む)がきれいでないとがっかりする」

と回答した人が43.4%で第一位となった。

 

性別で見てみると、男性35.0%、女性51.8%が
「口元(歯を含む)」がきれいでないとがっかりする、
と回答している。

 

また、「配偶者・恋人の身だしなみにおいて
きれいでないとがっかりするポイント」では、
男性は「髪」と回答した人が最も多く44.8%、
次いで「口元(歯を含む)」32.6%、
「肌」31.2%の順となった。

 

一方、女性では「口元(歯を含む)」
と回答した人が最も多く53.4%、
次いで「髪」50.6%、
「肌」19.8%となっている。

 

親しい間柄においても、「口元」のきれいさは重要であり、
特に女性においては、異性の口元がきれいでないと
がっかりすることが判明した。

気になるのは、「口臭」「黄ばみ・着色」

続いて、具体的に
「異性の口元で気になるポイント」を聞いたところ、
1位が「口臭」で67.0%、
2位が「歯の黄ばみ・着色汚れ」で51.2%となった。

 

男女別に見てみても、男女共に「口臭」がトップで、
男性は57.6%、女性は76.4%という結果に。
「歯の黄ばみ・着色汚れ」も女性においては58.0%と
半数以上が気にしていることがわかった。

 

また、「自分の口元について気になるポイント」では、
男女共に「口臭」がトップで(男性56.8%、女性55.4%)、
次いで「歯の黄ばみ・着色汚れ」(男性44.8%、女性54.4%)
となっており、自身で気になる点が
異性にも気になるポイントであるという結果となった。

 

多くの人が気にしているお口のニオイだが、
口臭の原因としてはプラークが挙げられる。
実は歯と歯の間のプラークは
歯ブラシによる歯磨きでは取り残しが出ることが多く、
しっかり除去するためにはプラスαのケアが必要。

 

しかし、「歯ブラシによる歯磨き」は96.2%が毎日行うものの、
その他のオーラルケアについては行っていない人が多く、
「デンタルフロスや糸ようじによる歯間掃除」は55.0%、
「歯間ブラシによる汚れ除去」は62.0%の人が、
口臭を気にしているにも関わらず、
毎日のプラークケアを行っていない現状であることがわかった。

 

ステインの原因食品はたくさん

「口臭」の次に気になる人が多かった
「歯の黄ばみ・着色汚れ(ステイン)」。
これらは、食べ物などの色素が表面に付着してできるもので、
原因色素は多くの食べ物・飲み物に含まれている。

 

そこで、ステインが付着しやすい食材について聞いたところ、
「コーヒー」については71.4%の人が知っていたが、
ステインが付着しやすいと言われる
色の濃い食品である「ワイン」や「チョコレート」については、
半数以上が認知していないという結果となった。
(ワイン:44.0%、チョコレート:31.7%が認知していた)

 

そして、実は「りんご」や「バナナ」といった果物や、
「大豆」製品も実はステインが付着しやすい食品だが、
認知度は「りんご」5.1%、「バナナ」2.9%、
「大豆」2.5%と、ほとんどの人が知らない現状にあった。

 

毎日の歯面クリーニングでケアを

プラークやステインを除去するためには、
日常のブラッシングにプラスして行う
歯面クリーニングがオススメだ。

 

通常のブラッシングでは落ちない汚れを
歯面クリーニングできちんと落とし
歯の表面を滑らかにすることで、
口臭や着色汚れの予防ができる。

 

歯面クリーニングは歯科医院で受診できるが、
今は自宅でケアできる機材もあるため、
日常のオーラルケアに取り入れてみてもいいかもしれない。

 

調査概要

調査対象:全国の20~60代の男女1000名(年代、性別でそれぞれ100名)
調査方法:インターネットリサーチ会社によるアンケート調査
調査期間:2013年8月

DIME

いかがでしょう?

  •  初対面でも親しい間柄でも、異性の気になるポイントは「口元」
  •  口元で気になるのは異性も自分も「口臭」「歯の着色・汚れ」
  •  毎日ブラッシングはするが、それ以外のケアはほとんどしない
  •  着色についての知識はほとんどない

 

これらのことが読み取れると思います。
では、歯科医院の経営にこの結果をどう活かしましょう?
普通に思いつくのは
「サービス・商品・コンテンツ」が作れないか考えることです。

 

パッと思いつくのはPMTCを進化させたようなものでしょうか。
ただ、潜在的ニーズはあるかもしれませんが、
メニュー化すればすぐに患者の反応が得られそうには思えません。
なにしろブラッシング以外しないのですから。

 

ここで思考を停止してしまうドクターがかなりおいでです。

 もったいない!

みんなが思考停止しているなら、1歩先んじるチャンスです。

実現のための方策を考える

できない理由を考えて何もしないのでは
いつまでたっても進歩はありません。

 

潜在的ニーズはありそうなのですから、それを
「来院させること」「受診させること」「費用をもらうこと」
に転換する方策を考えるのです。

 

そのためには問題点を自覚させたり、
問題を解決することの意義を伝える必要があります。
つまり、プロフェッショナル口腔ケアの知識を
見込み患者に注入しなくてはならないのです。

 

知識や価値が注入できれば、
『特別PMTC』を受けてくれる可能性は上がります。
ここで問題点は、『患者にいかにして知識や価値を伝えるか?』
に移ったわけです。

 

価値でいうと例えば「ブライダル」とか「同窓会」などの
単発のイベントに向けての「PMTC」なら
患者に価値を理解をしてもらいやすそうですよね。
『特別な日を特別キレイで迎えたい…』
わかりやすい感じです。

 

では、これをどうやって患者に伝えればいいでしょう。
潜在的なニーズはあることがわかっています。
そういう見込み患者にこの価値を伝える手段は
どうしたらいいだろう…

 

このようにして『実現のための方策』を考え、
新たに気付く問題点を解決していくことで
あなたの医院の経営にこの記事のようなヒントを
活かすことができるのです。

 

できない理由を挙げ連ねているよりも
『どうすればできるのか?』
を考える習慣を身につけましょう。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

このように、あるヒントからそれを歯科医院の
経営に活かすためには
『実現に向かう思考』が必要となります。

 

苦労してうまく実現できたとして、
実はここにさらなる工夫の余地があります。
「実現したからそれでいいじゃん」は
ヒントを見過ごすよりもさらにもったいない状況です。
それはどんな工夫でしょうか?

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。
https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です