スタッフがやめる!

20141121今年も残り40日ほどになりました。

2014年も日数的には9割方終了。

 

 

しかし、「今年を振り返って」的な気分になるのは

まだまだ気が早いです。

そんなものは12月分のレセプト作成してからで十分。

年末に向け、しっかり診療してガッツリ稼いで下さい。

 

 

とはいえ、気合いを入れ直すこんな時期だからこそ

『年内でこちらをやめたいのですが…』

などとスタッフがおずおずと言ってきたりします。

 

 

『ボーナスを受け取ったら貯まった有給を消化したい…』

『引き継ぎと指導なんてあたしにはできません…』

『旅行の予定を組んでるので無理です…』

年末進行も完全無視の構えだったりすると

こちらとしてもちょっとキレそうになったりします。

 

 

慰留がきかないとなれば、その時点から

募集の手配、問い合わせなどへの応対、

面接のアポ取り、面接、採用の判断、教育…と

落ち着くまでの道のりを考えると

気が滅入ってくるのもわかります。

 

 

でも、ここで冷静に考えてみましょう。

彼女たちは被雇用者・労働者として

単に権利を主張しているだけです。

 

 

大変だと感じているのは雇用者・経営者である

あなたの感覚で、彼女たちには(たぶん)一生

心の底からは理解することができないものです。

 

 

同じ職場で働いて、意思の疎通が図れていたとしても

労働者であるスタッフと経営者であるあなたの間には

絶対に越えられない溝があります。

 

 

『少しは俺の気持ちをわかってくれたって…』

などということは考えるだけムダです。

『うちのコたちはそんなことない…』

なんていう思いも単なる幻想です。

 

 

それを踏まえた上で、やめていくスタッフは

あえて、きれいに卒業させてあげようという提言です。

全て言いなりになる必要はありませんが、

正当な権利をないがしろにしたり、

職場に居づらくなるような空気を作るのはやめましょう。

 

 

スタッフを円満に退職させて送り出すことは

あなたにとっても大きなメリットがあります。

人間どこでどう人脈が繋がっているかわかりません。

つまり、最後に不快な思いをさせないことを

「彼女の後ろの見えない人脈への投資」と考えるのです。

 

 

彼女を介して新たな患者が来院するかもしれません。

新スタッフの雇用にプラスになるかもしれません。

効果の確実性はありませんし期待も大きくはないですが、

マイナスの評判を立てられるよりはずっとましです。

 

 

脱税や不正需給も内部告発から発覚したりします。

ヤマしいことがなくても、疑いの目で見られることで

面倒なことに巻き込まれることもあり得ます。

 

 

歯科医院は『人気商売』の側面があります。

恨みを買ったり、嫌われたりするタネを

あえて提供するような言動をとることは

経営者としては失格です。

スマートに対応したいところになります。

 


 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

スタッフが語る「あなたの歯科医院」には

聞く人間からすると『信憑性がある』ものです。

 

 

同じ話でも「患者」が話す場合と

「元スタッフ」「現スタッフ」が話す場合とでは

信憑性に雲泥の差が出ます。

さて、それはなぜでしょう?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

スタッフについてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー