単純すぎて気が付かないスタッフの教育方法

20150124“近”はセミナーを一定の頻度で開催しています。

テーマは歯科医院の院長を元気にすること

あえて言えば学術以外のことで。

 

 

いろいろな困りごとが院長の前にはあるものですが、

その中でも経営に関することをお話しすることが多いわけです。

そのセミナーの冒頭で必ず伝えることがあります。

 

 

録音・録画禁止とか質問はそのための時間をとるとかと並んで

必ず言葉に出して伝えることです。

 

 

それは、“近”の話を聞いたら

『いったんは飲み込んでくれ』

ということです。

 

 

話を聞いたその瞬間には疑問・異論など覚えるかもしれません。

反論したくなるかもしれません。

しかし、いったんは正しいものとして飲み込んでほしい…

そういうことを伝えます。

 

 

部分的な言い回しでは違うことを言っているようでも、

全体を俯瞰してみれば整合性が取れていることもあります。

 

 

アトから話す話のためにあえて、引っかかるような

伏線を張っていることもあります。

 

 

理解の深さによっては間違っているように

見えてしまうものもあります。

 

 

というような理由で『飲み込んでくれ』というわけです。

これって、スタッフ教育に似ていると思いませんか?

 

 

新しく入局したスタッフには、あなたの医院の理念から

細かい器具の取り扱いまでありとあらゆることを

教え込んでいかなければなりません。

 

 

その際に1つ1つ、以前のやり方や自分の考えを出されては

時間も、教育係にかかる負担も増すばかりです。

 

 

教育係は普段の仕事の質を落とすことも許されません。

ただでさえ普段以上の仕事をする状況で

さらに新入りに足を引っ張られてはタマりません。

 

 

あなたが人員を補充して仕事の負担軽減を図ろうとしても

既存のスタッフがかえって疲労とストレスを

極端に溜めるようになるなら、その雇用はむしろ失敗です。

 

 

これはあなたが雇用の際にはっきりさせておくべきことです。

どんなに他所で経験があろうとも『飲み込む』ように言うことです。

できないようなら雇用はあきらめた方が良いくらいです。

 

 

新入局のスタッフがすべてのことを十分に腹に収めた段階で

「あそことココの考え方が矛盾している」

「そこはもっとこうしておいた方が良いのでは?」

という意見は存分に聞いてあげましょう。

 

 

それまでは「文句言わずにまずはやってくれ」ってことです。

優秀な人間にそれを納得させるのも院長の仕事ですよ。

 


 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

ゆとり教育がいつのことかも知りません。

それが原因かどうかもわかりませんが、

『自分の意見を言う』コトに価値をおいている人がいます。

 

 

社会性を無視した幼稚な考えだとは思います。

立場がどうあれ、言いたいことを言う…

「言ってやったぜ」みたいな顔をする…

 

 

しかし、そういう人もスタッフとして応募してくる以上

対応策は考えておくべきです。

 

 

最も簡単なのは『雇用しない』ことです。

君子危うきに近寄らず、そんなスタッフと

無理に付き合わなくていい立場にあなたはいます。

 

 

では、雇用するとしたら最も簡単に

『飲み込ませる』方法はどんなことでしょう?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

スタッフ教育の話もします

 

無料ウェブセミナー

『上位5%の歯科医師だけが知らず知らずにやっている、

「先生の診療だから受けたい!」と患者に言わせる3つの技術』

↓  ↓  ↓  ↓

http://lpsl.consultant-dentist.com/webseminar/

 

募集は明日までです。

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

スタッフ教育についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー