院内ミーティングを意義あるものにする方法 2/3

20141015ミーティングについて話しています。

 

ミーティングとは「討論・相談による意思決定の場」です。

始業前に行なうのは『ブリーフィング』であって

「簡単な指示・状況報告・説明」だけ行なうべきです。

 

 

それ以上のことは全てミーティングで・・・

という程単純ではありません。

今回はそのことについて話していきましょう。

 

 

「それ以上のこと」とは『ブリーフィングに当てはまらない、

コミュニケーションが必要な全てのこと』と考えて下さい。

 

 

この「コミュニケーションが必要なこと」、すなわち

問題・課題・気付き・提案・疑問・矛盾などは

基本的には院内の実務上で発生します。

その後の流れを先に示しましょう。

 

 

実務上での問題・課題が発生

個別(当事者・部門責任者)で対応 → 問題解決

必要に応じてミーティングに議題提出

スタッフ全員に議題予告

それぞれに考察

ミーティングにて意見交換

医院としての意思決定

(ブリーフィングにて確認)

実務上で実践・行動

最初に戻る

 

 

発生する問題・課題に最も多く気付くのはあなたです。

従業員と経営者は意識レベルが違いますから当然です。

発生する問題・課題スタッフ個別の案件になることがほとんどです。

 

 

できれば発生した直後に、遅くともその日のうちに

本人に問題点の指摘だけはしておくべきです。

時間が経つほど風化して身につまされません。

 

 

問題解決には、

「本人ひとりで解決できること」「他のスタッフでも指導できること」

「あなたが指導するしかないこと」があります。

 

 

それぞれ個別に対応して決着がつかない問題、

スタッフ全員で考えた方が良いと判断した問題のみを

ミーティングの議題にします。

 

 

ミーティングは意思決定の場ですから、

基本的にはその場で問題について考えるのではありません。

ミーティングまでにその問題について個々に考えてきて、

意見をそれぞれが持ち寄って討論・相談をし、

歯科医院として1つの意見にまとめるのです。

 

 

その後、必要ならブリーフィングで確認を行ない、

実務上で実践・行動していくことになります。

 

 

実践した結果、新たに問題・課題が表面化するようなら

最初に戻ってこのプロセスを踏んで行きます。

繰返すことで、実務行動のブラッシュアップが図れます。

 

 

肝心なのはこのフローチャートに従うことではありません。

あくまでも一例にしか過ぎないからです。

肝心なのはこのチャートを成り立たせている『考え方』

 

 

この『考え方』を理解していれば、

フローチャートそのものに問題が発生しても対処可能ですし、

別の場面で別のフローチャートの作成も可能です。

その『考え方』については次回に話すことにしましょう。

 


 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

今回のフローチャートを踏まえた上で、

ブリーフィングはどれくらいの頻度で行なうべきでしょうか?

 

 

「簡単な指示・状況報告・説明」だけしかしませんし、

考えるコトはないはずですから時間もそれ程かかりません。

その条件で考えてみて下さい。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

ミーティングについてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー