あなたの歯科医院をスタッフがやめる9つの理由(下)

女性の職場

経営者(院長)と被雇用者(スタッフ)の関係は
直近30年ほどの間に大きく変わりました。

 

経営者は被雇用者に対して
現在よりも大きな責任感を持っていましたし、
従業員も守られていると自覚し、感謝していました。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

経営者(院長)と被雇用者(スタッフ)の関係は
現在ではもっとビジネスライクになっています。

 

雇用主が従業員のプライベートに責任を感じたり
口出しをすることは最早ありません。

 

労働条件に関してもシビアで
義理人情などが入り込まない形が好まれています。

 

前回までに9つの辞める理由のうち6つを話しました。

あなたの歯科医院をスタッフがやめる9つの理由(上)
あなたの歯科医院をスタッフがやめる9つの理由(中)

今回は残りの3つの理由を話していきましょう。

 

 辞める理由7、気苦労と安い賃金

歯科のスタッフに求められているものは、
歯科医学的知識から始まって
礼儀作法や敬語、ホスピタリティなどまで
広範囲でしかも高度なものとなります。

 

このような背景まで考え合わせると
歯科医院で働くどの職種においても
給与面での待遇が低いように感じています。

 

歯科スタッフの退職理由として
給与の低さが上位にあがってくるのは
我々経営者側としては反省すべきでしょう。

 

院長であるあなた自身の生活費や固定経費、
借入金の返済や税金・保険料の支払いなど
いろいろとあるのはわかります。

 

それでもビジネス上1番身近なスタッフが
いつも不満を抱えているのはよい状況とは言えません。

 

「賃金が安い」ことに加えて
「昇給のスピードが遅い」ということも問題です。

 

賃金や昇給の水準は『横並び』になりやすいものです。
「歯科医院勤務は独身者がするもの」という
前時代的な古い労働対価感覚で決められたものを
そのまま引きずってきているのでしょう。

 

現在は長く安定して勤められる就労環境・労働条件を
そろえていく時代です。

 

少子高齢化が進み、日本の労働人口が減少している以上
1人1人の従業員に長く勤務してもらうことは
時代の趨勢となっているのです。

 

このことは今すぐ取り組むべき喫緊の懸案と言えます。
スタッフの我慢の上に成り立つ繁栄など
根本的に間違っています。

 

 辞める理由8、姿勢がきつい

スタッフを含め、歯科医療従事者は
揃いも揃って腰痛持ちのオンパレードです。

 

近年はマイクロスコープ等の普及も手伝って
ドクターの診療姿勢は改善傾向ですが、
アシストについているスタッフはまだまだです。

 

ある一定の姿勢を毎日のように繰り返していては
どうしても腰に負担がかかります。

 

治療のアシスト業務は腰を屈めることが多く、
基本1人の患者に1人のアシストが付くので、
治療が長時間に渡ればその分、腰への負担が増えます。

 

インプラントや歯周外科のオペなど
治療が長時間に渡ることが必須であれば
アシスト用のチェアを用意もするかもしれません。

 

しかし、現実には診療スペースの制約もあります。
アシスト用のチェアを置きたくても
置けないということも起きてきます。

 

また計画治療で治療内容が事前に把握できていたとしても
使用する可能性のあるすべての器具、機材、薬剤を
用意するのは無理というものです。

 

そうなれば、治療で必要になったモノはスタッフが
あなたの指示でその場で用意することになります。

 

つまり、臨床の現場ではアシストが座ったままで
仕事を行い続けるのは難しいということです。

 

スタッフには他にも清掃や治療後の後片付けなど、
腰を酷使する肉体労働が多くあります。
家庭で行うそれとは頻度もレベルも違います。

 

原因とは思いにくいことの繰り返しによって
地味に腰痛を引き起こすことが多いのが
歯科スタッフという仕事なのです。

 

どんなことでも「予防」に勝る対処法はありません。
仕事ができるスタッフほど腰痛に悩まされやすいことは
院長としては頭に入れておいて損はないでしょう。

 

 辞める理由9、院長との相性が悪い

これまで多くの「辞める理由」を挙げてきましたが、
「院長との相性」さえ良ければ
すべて乗り越えてしまえることもあります。

 

逆に、院長との相性が最悪なら、
多少の不満でも辞職する理由になってしまう…
そういうことです。

 

院長の身勝手な方針や言動に振り回されて…
というのは結構耳に入ってきますが、
「院長とのソリが合わない」程度でも
十分な辞める理由になります。

 

歯科医院の院長は1人で4役を担っています。
オーナー(金主)であり、
経営責任者(CEO・社長)であり、
雇用主(現場責任者・マネージャー)であり、
技術職のトップ(歯科医療のリーダー)でもあります。

 

どこの切り口で見ても一国一城の主です。
サラリーパーソンの上司と部下は違います。

 

ある意味、絶対的存在ですから
院長であるあなたの意見はほぼ100%通ります。

 

社会に出ればどこに行っても
立場や権力、経済力などによって上下関係は生まれます。

 

ただ、近年のスタッフ気質はそういうところに
鈍感というか、意に介さないというか、
はっきりした上下関係の感覚が希薄です。

 

どんなところにもお友達感覚を持ち込んできます。
あなたが本来絶対的な存在であることも
平気で「完全にスルー」してきます。

 

そうなったときの彼女らの重要視するのが
「相性」という何とも捉えにくいモノになるのです。

 

今のスタッフの基本は『楽しく働きたい』であって、
『稼ぎたい』でも『仕事が命』でもありません。
『職種へのこだわり』もありません。

 

ですから、居酒屋のバイトリーダーと
あなたとの間にも大した差を感じていません。

 

楽しく働けない原因があなたとの相性なら
「雇われているから折れるしかないか…」とはならずに
「話が合わないしつまらないから辞めようか…」
となるのです。

 

理解しましょうとは言えませんが、
そういうものなのだということは
覚えておいた方が良いでしょう。

 

 辞める理由 まとめ

あなたの歯科医院をスタッフがやめる理由を
9つ話してきました。

 

辞める理由1、スタッフ同士の人間関係
辞める理由2、責任が重い
辞める理由3、残業の常態化
辞める理由4、ボッチになりやすい
辞める理由5、拘束時間が長い
辞める理由6、必要な専門知識量が多い
辞める理由7、気苦労と安い賃金
辞める理由8、姿勢がきつい
辞める理由9、院長との相性が悪い

 

少子高齢化の進行に伴い、
労働人口・労働力の供給は今後も減少します。
労働力の囲い込みが起こるでしょう。

 

流動する労働力の絶対数が減るのです。
労働力確保のためには
労働条件・環境をどうしても整えなくてはなりません。

 

その際に今回話した理由を思い出して
対策を講じることが労働条件・環境の整備に
必ずや繋がることでしょう。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

歯科医院を取り巻く環境は常に流動的です。
ご近所の評判、風評から始まって
日本や世界の景気・経済、人や物の流れなど
あらゆることに医院経営は影響を受けます。

 

当然、スタッフの雇用計画も
その変化の中での対応になります。

 

スタッフも資金や時間、設備などと並ぶ
資源=リソースと捉えると
長期的な視点で視る必要性がはっきりします。

 

ここまで考えが至れば
スタッフが長い年月にわたって勤務できるような
環境・条件を整える施策にも
積極的に取り組めるのではないでしょうか。

 

これとは全く別の方向性で
労働力を確保し続ける施策も存在します。

それはどんなことでしょうか。

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

歯科医院の医院長先生が知っておきたい
経営やお金に関する知識やノウハウを 
会員限定の無料メルマガで話しています。

今なら登録特典として、Webセミナーに
無料でご参加いただけます。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー