これだけ!歯科医院の院長が手にするべき2種類のリーダーシップ ③

leader

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

リーダーシップについて話しています。

素のままではリーダーシップを

うまく発揮できない院長には

前回、前々回とともにお読みいただきたい内容です。

 

 

【リーダーシップには2つの側面がある】

【それぞれ考え方も対処法も違う】

 

 

ということで、まずは

『あなたのリーダーとしての特性』

についてお話ししました。

 

 

今回はもう1つの側面について

お話ししていきます。

 

 歯科医院の院長が手にするべきリーダーシップ2

スタッフの能力を知る

 

 

こちらはP.ハーシィとK.H.ブランチャードによって

提唱された考え方です。

 

 

スタッフの能力レベルに合わせて、

仕事の任せ方、人間関係の築き方を変化させ、

スタッフ1人1人を一人前に導いていくような

リーダーシップスタイルです。

 

 

指導するスタッフをここでも4タイプに分類して

指導方法を変えていきます。

 

 

スタッフのレベルの判断を誤ると、

結果的に間違ったリーダーシップをとることになり

そのスタッフをうまく機能させることができません。

 

 

それぞれのスタッフがどのタイプに当てはまり、

どのようなリーダーシップを取るべきかを

しっかり把握してください。

 

 

1 新人レベル

 

採用したばかりのスタッフです。

経験の多寡に関わらず、「がんばろう!」という

熱意とやる気と気力に満ち溢れているものです。

 

 

このようなスタッフに対しては、

「教示的リーダーシップ」を取ります。

 

 

教示的リーダーシップスタイルにおいては、

タスク(仕事)の処理を重視し、

その達成度の向上を促していきます。

 

 

現場では事細かく具体的に指示を出し、

タスクの進め方もチェックしてサポートしてあげます。

スタッフには着実にタスクを覚えさせることに

主眼を置いているリーダーシップです。

 

 

2 中堅レベル

 

スタッフの能力がレベルアップして業務にも慣れてきた段階です。

この段階では、人間関係も重視した

「説得的リーダーシップスタイル」を取ります。

 

 

第1レベルでは仕事をきっちりと覚えさせ、

この第2レベルでは周囲との連携も構築させていきます。

 

 

スタッフの話をじっくりと聞いたり、

あなたの歯科診療に対する思いを話したりすることで、

第1レベルで学んだ業務にスタッフなりの考えや

思い入れを加えることができるようになります。

 

 

また、スタッフ同士でのコミュニケーションも活性化するべく

食事会や勉強会などの機会を設けて

密接さを形成しやすくしていきます。

 

 

3 部門長・チーフレベル

 

このレベルのスタッフは、特に何も指導しなくても

自分で考え仕事を処理できるようになっているはずです。

あなたのチェックも基本的には必要ないくらいです。

 

 

後輩も増えて、そのスタッフの指導も

積極的にとれることが求められます。

 

 

このレベルでは、そのスタッフの意見を採用したり、

医院としての意思決定の会議に参加させるなどして、

「院長に頼りにされ認められたい」という承認欲求を満たして、

モチベーションを上げさせることが重要となってきます。

 

 

4 マネージャーレベル

 

スタッフ自身が、第1~第3段階のような

リーダーシップスタイルをとることができるようになっており、

業務、人間関係とも、うまく進めることができているはずです。

 

 

このレベルのスタッフには、

大枠や方向性に対するあるすり合わせ程度の話し合いのみ行い、

あとはすべて任せるようにします。

 

 

責任感をしっかりと持ち、頼りにされることでさらに承認欲求が増し、

仕事により高いモチベーションをもつことができるようになります。

 

 

このようなサブリーダーがいることで、

医院全体の士気も上がって雰囲気も良くなり、

さらに業績が上がっていくことになります。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

歯科医院の場合、規模がそれほど大きくなく

少人数のスタッフで切り盛りしているパターンが多くなります。

 

 

その際にはスタッフのレベルを明確に区切ることは

あまり意味はなくなります。

 

 

ただ1点だけ、マネージャーレベルに関しては

やらせるべきことがあります。

それはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です