あなたの歯科医院をスタッフがやめる理由 ①

やめたいスタッフ

こんにちは、歯科医師で経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

 

あなたが院長を続けていく限り

スタッフの去就には心を砕くことになります。

 

 

 

数ヶ月前にきちんと退職願を出し、

引き継ぎもきちんと行って

惜しまれながらやめていくスタッフもいれば

何の連絡もなく突然、行方不明になってしまう子もいます。

 

 

 

 

自分の医院でも、クライアントの医院でも

たくさんのスタッフがやめていきました。

 

 

 

その中で協力してくれるスタッフには

『なぜ、やめるのか?』

を直接聞いてみました。

 

 

 

いろいろな理由がでてきましたが、

結婚や出産、転居などオーソドックスな理由以外に

特徴的だったり、多かった9つの理由について

考察していく事にします。

 

 

 

あなたの歯科医院の離職率低下や

より良いチーム医療に役立ててください。

 

 

 

 1、スタッフ同士の人間関係

 

 

現代のビジネスシーンにおいては

歯科衛生士・歯科助手などの歯科スタッフに限らず

どの業種にも共通した退職理由といえます。

 

 

 

人間関係がこじれて辞める理由となるケースですね。

仕事上での人間関係は難しく、ほんの数日勤めただけでも

辞めたいと考えてしまう事につながる可能性があります。

 

 

 

ましてや歯科スタッフは女性が多い職場です。

男性といえば院長だけとか、せいぜい技工士くらいで、

ほぼ女性だけの職場といっても過言ではありません。

 

 

 

だからこそ大変なのが人間関係です。

女性同士なので僅かなことで関係にヒビが入ったり、

派閥ができたりと傍から見るよりも意外と大変なのです。

 

 

 

派閥に加わらなければいいと言うのは簡単ですが、

チームプレイでする仕事なので、なかなかその環境の中、

一人でそつなく仕事をこなすことは難しいはずです。

 

 

 

また、“近”もそうでしたが、

うまく取りなそうとしてもどうにもならなかったり、

かえってこじらせてしまう事もあります。

 

 

 

その結果、人間関係でうんざりして辞める…

という選択肢を選ぶ人が多いのです。

 

 

 

誰に対しても同じ態度で真面目に仕事に取り組んで、

うまく馴染めば結婚後も長く続けていけるのですが

全員が全員続くというわけではありません。

 

 

 

もめ事の有る無しに関わらず、

定期的な個別の面談を制度化しておくと

スタッフはあなたとの対話をできる場を持っているという

安心感や解決への期待感で仕事に頑張れたりします。

 

 

 

見て見ぬ振りは

あなたへの信頼感を大きく減ずる事になります。

個々のスタッフに対する分け隔てのない態度、

問題の把握に勤め解決を図ろうとする姿勢を打ち出します。

 

 

 

下手をすると集団退職にも繋がる大きな問題を

内に秘めています。

十分に用心しましょう。

 

 

 

 2、責任が重い

 

これは医療機関である以上、

仕方がない部分です。

 

 

 

衛生士は学校で心構えやマインドといったことを

ある程度教えられて…

 

(続く)

 

 

 

スタッフ同士の雰囲気が良くない・・・

なんとかしてあげたいならこちらが役に立ちます。

 

新作の無料ウェブセミナー

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://wp.me/P6asQv-dc

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

 

スタッフの人数が3人以上になると

かならず「リーダー」ができます。

 

 

 

役職としてもそうなっている場合もあれば

なんとなく中心にいる人というだけの場合もあります。

人間関係はこの「リーダー」とうまくやれるかどうかに

かかっていると言えます。

 

 

 

「リーダー」になりやすいのは

 

  • 1、その医院での勤務歴の長さ
  • 2、あなたと医院への理解とロイヤリティ
  • 3、○○○○

 

 

 

この3番目はどんな方なのでしょうか。

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です