あなたの歯科医院をスタッフがやめる理由 ⑥

未経験者

こんにちは、歯科医師で経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

 

歯科医業は院長であるあなたにとって

もはや『選択肢』ではありません。

歯科界以外のことや、他業種に就職することを

あなたは頭の中から削ぎ落としてしまっています。

 

 

 

これに対して、ほとんどの歯科スタッフにとって

「歯科」の仕事は『選択肢』の1つです。

 

 

 

歯科界に骨を埋める義務も義理も愛着も

必然性も何もかもがありません。

 

 

 

どこかに感じていた魅力を感じなくなった時点で

彼女たちは歯科界から簡単にいなくなれるのです。

このことも我々歯科医院の院長が

認識しなくなっていることの1つです。

 

 

 

 6、未経験OKという割に必要な知識が多い

 

あなたは歯科の医学的知識も、臨床経験も

あなたの歯科医院での勤続年数も

最も大きく最も長い存在です。

 

 

 

これに対してスタッフは、

他の医院でどんなに経験があったとしても

あなたの医院での経験は入職の時点ではゼロです。

 

 

 

ましてや歯科助手で未経験となると

いろいろな意味で戸惑いだらけになるはずです。

あなたは未経験の歯科助手がどれだけの知識を得たら

そういう戸惑いを感じないで仕事ができると思いますか?

 

 

 

ある調査によるとほぼ5〜6ヶ月だそうです。

実に半年ですよ。

その間、出勤のたびにストレスを感じているということです。

 

 

 

そしてここからは仮定の話ですが、

患者があなたの歯科医院で「未経験OK」

のスタッフを募集していると知ったら

どう感じると思いますか?

 

 

 

いろいろな患者がいるでしょうが

私、“近”が患者として訪ねていった先が

そんな風だったらかなり幻滅します。

 

 

 

裏方として洗い物とか種々の準備とかならいいですが

患者と接する臨床の場にド素人がうろうろしていたら

少なくともいい気分はしません。

 

 

 

あなたも、患者も、スタッフ本人もいいことがない…

そうまでしても「未経験」の求職者しか

あなたの求人に反応しないのであれば

その求人自体に何か問題がありそうです。

 

 

 

歯科スタッフの仕事は、離職率が高い職業の一つです。

特に歯科助手には国家資格が必須ではありませんから、

アルバイトや未経験でもすぐにスタートできる職業です。

 

 

 

未経験でもOKとあなたは言うかもしれませんが、

だれも幸せではない状況を半年も続けなくてはならない上に

患者に知れればあなたの歯科医院のステイタスが

下がる可能性もあることは自ら進むべき道ではありません。

 

 

 

どんな仕事も慣れが必要と言うものの、

よほど条件が整っていないと全くの未経験者は

院内に入れることはかえって良くないことだと言えます。

 

 

 

 7、気苦労と安い給料

 

歯科のスタッフには歯科医学的知識から始まって

礼儀作法や敬語などの一般常識や

ホスピタリティなどの人格的な部分まで

求められているものは広範囲で高度に渡ります。

 

 

 

確かに歯科衛生士、歯科助手、受付など、

どの職種の業務内容を考慮してみても、

給与面での待遇は歯科界全体として低いように感じます。

 

 

 

歯科スタッフの退職理由として

給与の低さが上位にあがってくるのは

我々経営者側としては…

 

(続く)

 

 

 

 

ある程度の経験者が欲しい、

出来れば有能な歯科衛生士が・・・

そう感じているならこちらが役に立ちます。

 

新作の無料ウェブセミナー

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://wp.me/P6asQv-dc

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

 

「未経験OK」は

求人が思うようにならない歯科医院の

苦肉の策であったのでしょう。

 

 

 

それがずっと続いてしまっていること自体は

歯科業界の斜陽っぷりを表しています。

 

 

 

非適格者さえ使わざるを得ない状況は

長期に行う施策ではありません。

 

 

 

そうはいっても無い袖は振れないという院長も

少なからずいることもわかっています。

 

 

 

ではそういう方が目の前にいたときに

“近”がよくする話があります。

○○をやめることなのですが

その○○とは何でしょう。

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です