再診・再初診に目を向ける5つの価値観 3/5

20141117「再診・再初診獲得」に対する評価が低すぎませんか?

という話をしています。

5つの理由のうちの3つ目です。

 

 

価値観その3 「再診・再初診」の患者は民度が高い

 

「新規患者」の集団と「再診・再初診患者」の集団で比較した場合、

それぞれの平均的な民度(=常識度)は「再診・再初診患者」の方が

高くなります。

 

 

個人個人で比較した場合には逆転していることもありますが、

集団の傾向としては明らかな差がつきます。

 

 

「新規患者」があなたの歯科医院に来院する主な理由は

『主訴となる問題の解決』であることがほとんどです。

他の医院ではなくあなたの歯科医院に来院した理由は

また別にあるはずですが、「患者が自覚している症状の改善」を

主たる目的にしています。

 

 

「痛い」「腫れた」「噛めない」「取れた」「壊れた」…

こういった緊急性の高い主訴の場合が多いものです。

 

 

その中にはある一定の割合で「主訴さえ改善すればそれでいい」

と考える患者がいます。いわゆるデンタルIQの低い患者です。

これは臨床であなたも何となく感じていることのはずです。

 

 

彼らは結果としてあなたの歯科医院を振り回す、

面倒な患者になってしまうことがよくあります。

 

 

自分の都合が最優先で、医院のこと、他の患者のことなど

完全に無視してゴリ押ししてくる。

 

あなたの話を聞かない。

 

指示や約束、アポイントを守らない。

 

規定以上のサービスを要求する。

 

極端でしつこい値下げを求めてくる。

 

スタッフに絡んでくる。

 

 

パターンはいろいろですが、ありがたくない患者です。

「新規患者の獲得」に重きを置いていると

『折角きてくれたのだから…』という心理が働いて

小さなことなら「目をつぶってしまおう」となりやすくなります。

 

 

「再診・再初診患者」にもこういう患者は混じっています。

しかし、人数は限られます。

 

 

あなたがこう言う患者に対して毅然とした態度と言動を保てば

患者は自らを改めるか、来院せずに逃げるしかありません。

民度の低い面倒な患者は排除されていくことになります。

 

 

「再診・再初診患者」はあなたとあなたの医院に実際に関与して、

ある程度、居心地がいいと感じて再来院しています。

そういう患者の獲得の道筋が出来上がれば、

あなたは要らない面倒から解放されることにも繋がっているのです。

 

 

あなたの時間はお金と同等かそれ以上に貴重です。

どう使うのかもあなた次第です。

 


 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

民度の低い=常識のない患者には正直関わりたくないものです。

彼らは主にあなたに面倒をかけますが、

スタッフにもあなた以上に面倒をかけます。

 

 

いろいろな面倒が発生しますが、

その中でも特に留意しなければならないはモノは

どんなことでしょう?

 

 

歯科医院の経営にも関わってくる

とても重要なことです。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

面倒な患者についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー