理念と技術と集患 3/2

20140919質問にお答えしていますが、今回は関連した番外編です。

なので、タイトルの数字は過分数です(笑)。

 

 

【質問】

歯科医療というものは、理念と自らの技術に裏打ちされた

診療を行うことこそが本質である。

集患のことばかりに気を取られているのは

好ましくないのではないか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

技術が良ければ集患を特にしなくても良くありませんか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

集患ではなく、理念の方が大事なのでは?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マーケティングは歯科医療にはふさわしくないと

考えます。プライドはないのですか?

 

 

このような質問に対して

理念と集患、技術と集患について話しました。

今回は補足として「お金」について話します。

 

 

詰まるところ、「集患」という言葉に

「守銭奴」「金儲け主義」的なにおいを感じて

それが鼻についている・・・

そういうことなのでしょう。

 

 

これも実際には露骨にそんなことを絡めて

営業してくる業者によって作られてしまった

単なるイメージに過ぎないのです。

 

 

いわば洗脳状態です

 

 

「患者を集めること」と「金儲け主義」とは

全く別物だということをこの際はっきりと断言します。

 

 

理念・技術の回でも言いましたが、

素晴らしい理念、優れた技術を持っているなら、

できる限り多くの患者にそれを提供することが

患者のためでもあり、社会的責任を果たすことに

なっていくのです。

 

 

「どこかに良い先生いないかしら・・・」

このセリフ、あなたも聞いた経験は

1度や2度ではないはずです。

 

 

その望みに答えるためには

「きちんとした情報発信」をして

必要とする患者に正しい情報を届ける施策を

とるしかないのです。

 

 

その施策に「集患」という名前がついています。

ここには「守銭奴」「金儲け主義」のはいる余地はありません。

多くの患者に理念と技術に裏打ちされた診療を

提供するための手段です。

 

 

 

逆に、自らが理念と技術に裏打ちされた診療を

提供していると自負しているのに

「集患」をしないのはむしろ怠慢です。

 

 

その怠慢のせいで患者は崇高な理念、良質な診療に

巡り会えずに「どこかに良い先生・・・」

ということになっているのです。

 

 

集患は「金儲け主義」とはまるで別のものなのです。

しかし、勘違いするのもわからなくはありません。

患者が来れば医院にお金が入ることだけは

動かしようのない事実だからです。

 

 

議論するべきなのは「集患」ではない

 

 

入ってきた「お金のあり方」であるべきです。

具体的には「入ってくるお金の決め方」と

「入ってきたお金の使い方」です。

 

 

入ってくるお金の決め方については

保険診療では、患者に施した診療に対して

国が正当だと認める報酬がすでに確定しています。

あなたの意思は不必要な診療をしないだけです。

 

 

これに対して、自費診療では

あなたが妥当だと思う報酬を

あなたが決めているはずです。

 

 

1つ1つの診療の報酬が妥当であるなら

その数が増えたところで問題にはならないはずです。

数が増えたら妥当でなくなるという認識があるなら、

1つの「診療報酬」の中にもわずかながら

「妥当でない部分」が存在するということです。

 

 

それならば、数が集まっても妥当と認識できる

「診療報酬」に引き下げればイイだけです。

その報酬でたくさんの患者に喜んでもらうべきです。

 

 

入ってきたお金の使い方については簡単ですよね。

どれだけ患者に還元するか、それだけです。

 

 

設備・機器の購入、知識・技術の習得、

スタッフの教育、システムの導入・・・

患者に還元するお金の使い方です。

集患のための費用だってそうです。

 

 

これらの原資にするためにも

「妥当な診療報酬」を受け取って多くの患者に

理念と技術に裏打ちされた診療を

提供する必要がありますよね。

 

 

「集患」はするべきこと

 

 

面倒くさい、できない、出費したくない、

診療の質に自信がない、比較されたくない、

自分の自費診療の報酬が妥当とは思えない、

かといって報酬は下げられない・・・

 

 

集患を全否定する人は本当に何も考えていないか、

これらのことをやりたくないばっかりに

「集患より理念・技術が大事」の一言で

覆いかくしている様にしか見えません。

 

 

自分にはできないことを、屁理屈や聞きかじりで
自分自身を納得させるのはかまわないでしょう。

しかしそれをまき散らしたり、強要したり、

努力を批判するのは方向が違うことです。

 

 

納得できなくとも

「そういう考え方もある」のだと

広く構えていてもらいたいものです。

 

 


 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

本文中でのたびたび登場した『業者』

彼らは我々歯科医院の院長を

単なる金づるとしてしか思っていません。

 

 

中には本当に親身になってくれる人物もいますが、

全体的には推して知るべしです。

 

 

彼らにとっては「集患」が価値観の最上位であり、

それに沿った自社製品の売り込みしかしません。

 

 

そこまでごりごりの営業しかできないのは

ある理由のせいなのですが、

それはどんな理由なのでしょうか?

 

 

この理由を知っているとちょっと話しを聞いただけで

続けて話しを聞くべきかどうかがわかるようになります。

どんな理由でしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  
==========================

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

ここでお話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「Q&A」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

 

本日はこれにて終了です。

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

お金についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm  

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院の大ファンの患者さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科経営アドバイザー

歯科医院集患・増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

 

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  
=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー