自費率を高めるための3つのポイント 1/3

20140921「自費率の高い医院にしたい」

この希望・要望は開業年数に係わらず

よく相談を受ける事柄です。

 

 

「もっと自費のメニューを増やすべきですかね?」

自問自答のようにいわれるこの言葉も

よく聞かれます。

 

 

確かにメニューはそれなりにあった方がイイです。

しかし、もっと大事な3つのポイントがあります。

 

 

その3つのポイントを押さえることで

自費診療を受諾する余裕がある患者が

あなたの医院に来院しやすくなります。

 

 

そういう患者が増えることで

今まで以上に自費診療の承諾率が

伸びることになるのです。

 

 

ポイントをおさえる前にいくらメニューを増やしても

実際に自費診療を承諾してくれる患者が増えたりはしません。

順番としては先に3つのポイントを押さえることが

重要だと言えるでしょう。

 

 

ポイント其の①

 

 

それは、

 

「医院が発するメッセージを統一する」

 

歯科医院からはいろいろなメッセージが

患者に向けて発信されています。

 

 

あなたやスタッフの言動、診察券、

ホームページ、パンフレットやリーフレット、

提供文書・・・などがそれにあたります。

 

 

これらのことはあなたもメッセージとして認識し、

内容や表現を気にしているはずです。

しかし、コトはそれだけでは済まないのです。

 

 

歯科医院の場所、休診日、診療時間、待合室の広さ

いすの数、観葉植物の有無、受付カウンンターの高さ・・・

こういう一見、医院のメッセージとは関係がないような

そんなことからもメッセージは発信されています。

 

 

ホームページやパンフレットから患者が受け取るのが

意識レベルのメッセージだとすれば、

これらから受け取るのは無意識レベルのメッセージ

ということができます。

 

例えば、診療時間を午後9時までに設定したとすれば

「昼間の時間は他にコトに使って下さい。

私たちは夜遅くても診させてもらいますよ。」

というメッセージを発していることになります。

 

 

結果、来院するのは口腔内の健康にたいしては

昼間は時間を作れない方、作る気のない方など

歯科にプライオリティをおかない方が増えます。

 

 

このような発想で医院に関するあらゆることに

気を配る必要があるのです。

発しているメッセージを統一しなければ

患者が受け取るものもぼんやりとしたものに

なってしまいます。

 

 

人間、トラブルになった時にはその解決だけで

頭の中がいっぱいになります。

歯が痛んだ時に選ぶ歯科医院は

歯が痛くない時に受け取っている

意識・無意識レベルの情報に基づいています。

 

 

本気で自費率を上げたいのなら

おさえたいポイントです。

次回はポイント其の②をお話しします。

 

 


 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

今回の話は意識レベルのメッセージを

すでに発信しているモノとして聞いてもらっています。

それができていないなら意識・無意識の区別なく

あらゆることにメッセージ性を考慮すべきです。

 

 

その際にぜひ憶えておいてほしいことがあります。

それは、メッセージを発するということは

「選択と○○」をしていることと

同意義になるということです。

 

 

ではその○○とはどんなことでしょう?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  
==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

自費率についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

 

  
=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー