費用対効果で考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20140720あなたは日常生活をおくる上でたくさんの店を利用していることでしょう。

“近”もそうです。

そして中にはあなたの住所を知らせているところがありますよね。

 

 

 

銀行、生命保険・損害保険会社、証券会社などの金融機関、

自動車のディーラー,不動産会社、リフォーム会社、

テーラー、通信販売を利用した店・・・

数えてみれば結構あるはずです。

 

 

 

ではそれらの店の中で、いわゆるダイレクトメールのような

郵便物での売り込みというか案内をこの1年の間に

複数回受けたのはいくつの店でしたでしょうか?

 

 

 

金融機関はあったかもしれません。

でもそれら以外ではほとんどないのではありませんか?

 

 

 

“近”に言わせればもったいない限りです。

なぜ自分たちの商品・サービスを利用してくれた顧客に

さらにアプローチしないのでしょうか?

 

 

 

人はだれしも、ある商店の商品・サービスを

初めて利用する時にはある種の不安を抱えています。

 

 

対価に見合った商品・サービスなのだろうか?

ほかの店の方が良かったのではないか?

購入を先延ばししても良かったのではないか?

・・・

 

 

 

大切なお金を支払うのですから

心理的なハードルを越える必要があるのです。

そしてそのハードルを越えて購入してくれた方が

新規顧客となるわけです。

 

 

 

ここで提供した商品・サービスが新規顧客を

満足させなければ当然その先はありません。

100%の満足を目指しはしますがあり得ませんので

それでもある一定割合の新規顧客には

満足してもらえることでしょう。

 

 

 

そうなった顧客は初回購入の心理的ハードルは

以前よりも低くなっているものです。

それだけで競合他社・他店舗よりも

かなりのアドバンテージを持っていることになります。

 

 

 

もったいないと言うのはここです。

なぜそれを活用しないのでしょうか?

おススメの商品・サービスを紹介するだけでも

売上は確実に伸びるはずです。

 

 

 

我々の歯科医院も同様です。

患者は医院・クリニック選びに

かなりの労力を費やしています。

その分、初来院のハードルは高くなっています。

 

 

 

それをクリアしてあなたの医院の新患として来院し、

一連の診療を受けた患者にとって、

あなたの医院は特別な存在になっているのです。

 

 

 

もったいない。

既存の患者にアプローチして下さい。

あなたに直接会っている、顔見知りなのです。

あなたの治療に満足しているならなおさらです。

 

 

 

ただし、2つだけ注意点があります。

患者には医院からのアプローチの許可をえて下さい。

郵送物にはそういったアプローチを

終了する方法を記載して下さい。

 

 

 

これさえ守れば問題ありません。

あなたの既存の患者にしっかりアプローチして下さい。

 

 

 

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

今回の話しは“近”のクライアントさんにも

普通に提案しています。

 

 

 

そうするとこんな返答がよくかえってきます。

 

 

 

『費用がかなりかかりますよねぇ・・・』

 

 

 

実はその場合の“近”の返しもほぼ決まっています。

さてそれはどんな返しなのでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

 

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

既存患者についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

 

=========================

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。