歯科医院の院長が抱えるちょっとおかしな3つのお悩み 2/3

集患の正当性

こんにちは、歯科医師で経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

 

歯科医院の院長の悩みは

だいたいこの3つに集約されます。

 

 

 

1、儲かっていない

2、患者が少ない

3、良いスタッフがいない

 

 

 

ところが、この3つの悩みですが

そもそも悩みどころを間違っている院長も

数多くいるのです。

 

 

 

前回には

 

 

『1、儲かっていない』

 

 

この問題についての勘違いをお話ししました。

今回は2つ目の勘違いです。

 

 

 

 2、患者が少ない 

 

保険診療を中心にしている歯科医院では

「レセプト枚数」がどうしても気になります。

いわゆる「実患者数」のことですね。

 

 

 

少ない実患者数でアポイントを埋めようとすると

1ヶ月ならその間の来院回数を増やすか、

1回当たりの診療時間を増やすことになります。

 

 

 

どちらを行うにしても

レセプト1枚当たりの点数が上がってしまい

気苦労をさせられます。

 

 

 

この問題を解決するには

3つの方向性の方策しかありません。

 

 

 

  1. 患者に自費診療への転換を勧めて保険の束縛から離脱
  2. レセプト枚数=実患者数を増やす
  3. いわゆる萎縮診療をしてレセプト点数を下げる

 

 

 

この中で勘違いを生じやすいのは

2番目にあげた『集患』といわれる分野です。

 

 

 

勘違いしている方の根本的な心の奥底にあるのが

『医療機関は集患などに注力すべきでない』

という考え方です。

 

 

 

「歯科医師は良質の治療を提供することが仕事。

医療従事者は高潔に、お金は二の次」というのは

素晴らしい考え方ですし否定はしません。

 

 

 

しかし、あなたがそのような考えで

「集患」になにも手を打たなければ

あなたの良質な技術の恩恵を受ける患者は

いつまでたっても少ないままです。

 

 

 

逆の言い方をすれば、

良心的とは思えない歯科医院での治療を

あなたが患者に勧めているのと同じです。

 

 

 

あなたもかわいそうな治療を施された

患者の口腔内を見たことがあるでしょう。

しかも1度や2度のことではなく…

 

 

 

良質な歯科診療を提供している自負があるなら、

そのあなたのもとに患者が来院できるように

わかりやすい道しるべを設けることは

あなたの義務ではないでしょうか。

 

 

 

この情報過多の時代に、

患者が常に正しい取捨選択ができるわけではありません。

しかし、あなたが適切な「集患」をしなければ

患者が間違った選択をして不幸になる確率がさらに上がります。

 

 

 

歯科医院数が多く、情報が溢れて交錯し

しかも歯科医師は玉石混淆…

歯科医院選びを全て患者に丸投げするのは

ちょっとヘビーではないでしょうか。

 

 

 

現代という時代ではこの時代なりに

医療人が果たすべきことがあります。

「集患」は患者のためにもするべきことなのです。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

 

それなら「集患」やりましょう!

と決めたとしても、実はここにもう1つ

勘違いのワナが隠れています。

 

 

 

このワナにはまると

『お金を投じた割に成果が上がらない』

ということが往々にして起こります。

 

 

 

そうなると

成果を求めて別の方策を模索する…

やっぱり成果が出ない…

 

 

 

この無限ループに落ち込みます。

これは「不毛」以外の何ものでもありません。

 

 

 

こうなってしまうそもそもの「ワナ」とは

どんなことでしょうか。

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です