歯科医院の院長が「広報」に積極的になれない5つの理由 1/2

広報活動

今では語りぐさでしかありませんが、

ほんの30年前は歯科医院を開設しさえすれば

繁盛間違いなしという時代でした。

 

 

銀行の融資も審査は大甘で

「いくらでも貸してくれる」状態でした。

 

 

そんな状況なら確かに全く必要がなかったろうと

容易に想像がつくことがあります。

それは『広報活動』です。

 

 

現在の歯科医院経営において

『広報活動』をしないということは

経営そのものを放棄しているとしか考えられません。

それほど過当競争になっているともいえます。

 

 

ところが、

 

 

この広報活動に

明らかな嫌悪感を持つ院長がおいでになります。

何というか頭から否定されていて、

取りつく島もない感じ…

 

 

分析してみると5つの理由から

その嫌悪感は生じているようです。

 

 

「広報」に積極的になれない理由1

そんなことより診療が重要

 我々は歯科医師です。

診療を第1義に考えることは当然のことです。

 

 

しかし、ちょっとだけ考えてみてください。

あなたがどれほど診療をしたいと考えても

患者が来院しなければ診療はほぼ不可能です。

 

 

訪問診療などもありますが、

患者があなたの治療を望んでくれなければ

診療することはできないのです。

 

 

実際には患者はあなたの治療を望む前に

あなたやあなたの歯科医院の存在を

知る必要があります。

 

 

広報活動は患者の「知る」を促す活動です。

「知る」を嫌ったまま患者の来院を望むのは

思考がねじれているように感じます。

 

 

 

「広報」に積極的になれない理由2

何を「広報活動」というか明確でない

広報活動を表す言葉というのは

実はたくさんあります。

 

 

「情報発信」「告知」「宣伝」「お知らせ」

「広告」「キャンペーン」「メッセージ」…

 

 

それぞれの言葉にどんなイメージを持っているかは

院長1人1人によって大きく異なります。

 

 

全てに対して嫌悪感を持っているのか…

何らかの線引きがあるのか…

嫌悪感の本質は何なのか…

 

 

この辺りを明らかにするだけで

「広報活動」がスムースに行えるようになり

歯科医院経営が上向くこともあります。

 

 

 

「広報」に積極的になれない理由3

口コミ・紹介で十分

その口コミや紹介は

自然発生に任せているのでしょうか。

 

 

さらにいえば、誰から何人の紹介があって

どんな診療をしたかを把握しているでしょうか。

 

 

ほとんどの場合、ごくわずかのキーマンが

複数の紹介患者を送り込んできています。

紹介患者・口コミ患者が

まんべんなく発生するというのは

きわめてまれなことになるので注意が必要です。

 

 

自然発生以外に口コミや紹介を促すグッズ

(そのための名刺やフライヤー等)があるなら

それは立派な「広報活動」です。

 

 

「広報活動」をする・しないに関わらず

現状の把握は最も重要な「経営者」の仕事です。

 

 

 

以上「広報」に積極的になれない5つの理由のうち

3つまでを紹介しました。

 

 

どれもちょっとした認識のずれのようなものです。

残りの2つはそのずれがもっと大きいものになります。

次回に続けてお話しします。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

口コミ・紹介患者のところで少数のキーマンが

幾人もの紹介患者を送り込んでいることに

「注意が必要」といいました。

 

 

把握していない方はぜひとも調べてみてほしいことです。

ほとんど全ての歯科医院がそうなっています。

この状況はあまり良いこととはいえません。

何がどう良くないのでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です