歯科医院の院長が「広報」に積極的になれない5つの理由 2/2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
広報

歯科医院の広報活動について話しています。

今となっては歯科医院経営には

必須ともいえる「広報活動」なのですが、

明らかな嫌悪感を持つ院長がおいでになります。

 

 

その嫌悪感は5つの理由から生じているようです。

「広報活動」に積極的になれない5つの理由の内

前回3つの理由をお話しました。

 

 

1、広報活動より診療が重要

2、何を「広報活動」というか明確でない

3、口コミ・紹介で十分

 

 

それぞれちょっとした認識のずれからくるものです。

今回は前回上げた3つよりも認識のずれが大きい

残り2つの理由を話していきます。

 

 

 

「広報」に積極的になれない理由4

お金が掛かる

ほとんどの「広報活動」には資金が必要です。

資本主義社会なのでさけられないことでもあります。

 

 

しかし「広報活動」に資金を投下する意義を

あなたが感じられない限り

どんなに額が小さくても嫌悪感が消えません。

 

 

その場合は「1、広報活動より診療が重要」

で話したことを思い出してください。

 

 

患者が望まなければ診療はできません。

あなたのことを知らなければ望みもしません。

広報は患者の「知る」を促す活動です。

 

 

「広報活動」の意義さえ認識できれば

資金投下そのものに嫌悪感はなくなります。

 

 

 

「広報」に積極的になれない理由5

やっても効果が出ない

こうなってしまう原因がいくつかあります。

 

★ 成果を測定していない

広報活動の成果は絶対に測定するべきものです。

効果は成果を測定しなければ客観性に欠けます。

 

 

例えば駅看板を出したとして、3ヶ月とかで

何人の患者の来院に繋がったか測定しなければ

継続の可否や改善の優劣の判断がつきません。

 

 

★ 費用対効果で考えていない

投下金額と測定した成果から費用対効果を計算します。

 

 

10万円投下しても20万円分の成果があれば

その広報活動は「安い」ですし

1万円の投下で8千円分の成果なら

それは高いということになります。

 

 

さらには粗利率などを加味して考えれば

どこまでの成果なら

費用対効果が良いといえるのかも判明します。

 

 

★ 依頼した業者の能力が足りない

この点に関してはどうしようもありません。

 

 

歯科業界には能力が足りないにもかかわらず

他業種から参入してきて

法外な価格で販売するような業者が多々おります。

 

 

保証があるような業者を使ったり、

お試し的なテストケースで判断する。

信用がおける人物に相談する。

などなどの予防策を講じていくということになるでしょう。

 

 

 

「広報活動」を現在、

高いレベルで行っている歯科医院は

それほど多くありません。

 

 

費用対効果の高い施策を中心にして

必要十分な資金を投下していないのです。

 

 

正当な方法で取り組めば

まだまだ大きな成果が望めるのが

「歯科医院の広報活動」なのです。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

「広報」はあなたの歯科医院の存在を

患者に知らせるものです。

 

 

ですから、広報活動だけでは

患者をあなたの歯科医院に来院させる力は

それほど強くないわけです。

 

 

広報活動を患者の来院に結びつけるには

3つのことが必要です。

 

 

① 患者にその「広報活動を」みてもらうこと。

② 来院してもいいと思わせる実力を示すこと

 

 

ではあともう1つはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*