患者が患者を呼ぶ「紹介システム」の作り方(中)

もっと紹介

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

あなたが、紹介だけで患者が集まる

【繁盛歯科医院】の構築を目指すなら・・・

 

 

「これを行えば何%の人が紹介してくれる」

という「システム」を確立することが

必要になります。

 

 

では、「再現可能な紹介システム」を確立するには

どうすればいいのでしょうか?

まずは次の5つの点に配慮する必要があります。

 

 

 再現可能な紹介システムのためのその1

  〜『紹介系統図』を作る〜

 

 

まずは、既存の患者のうち

紹介で訪れた患者を全員ピックアップします。

さらにそれぞれが誰の紹介なのかを書き出します。

 

 

紹介したりされたりを

枝分かれした進化系統樹のように示してみると

あることに気づくはずです。

 

 

それはその『紹介系統図』は

「きれいなツリーの形を描くことなく、

ほんの数人の紹介者が何人も紹介している。」

ということです。

 

 

『歯科医師・歯科医院を紹介する』

ことにおいては、

紹介をされた人が別の人を紹介し、

さらにその人がまた紹介をする…

という【紹介の連鎖】が起こりにくいのです。

 

 

紹介関係を「親・子・孫・ひ孫…」と表すなら

『歯科の紹介』は「親・子」までで

そのほとんどが途切れます。

 

 

少数の「紹介好きな患者」が「親」として

「子」をたくさん持っているだけの状態で、

「孫・ひ孫」と枝分かれはほとんどない…

そんな『紹介系統図』が出来上がるはずです。

 

 

 再現可能な紹介システムのためのその2

  〜起点となる人の共通点を探す〜

 

 

紹介の起点となる『親』の患者は

そうおおくはいません。

 

 

その数少ない『親』患者を思い出してください。

 

 

どういう悩みを抱えていた人か?

どんな役職か?

どんな性格か?

などなど、何か共通点があるはずです。

 

 

完全に共通しなくても

ある程度の共通点を全て書き出しておきます。

 

 

現在通院している患者や、今後あなたが出会う患者、

患者でなくとも親しくなる人の中で

この共通点に多く当てはまる人がいたなら

その人・その患者は【紹介をしてくれる可能性が高い】

ということです。

 

 

ですから、そのような人・患者に対しては

こちらから【紹介を促す行動】を

より積極的かつ丁寧にしてください。

 

 

これだけで紹介患者が

急増することも少なくありません。

その【紹介を促す行動】で最も重要なことが

次の項目になります。

 

 

 再現可能な紹介システムのためのその3

 

 

新たな患者を紹介をしてもらうために

最も重要なことは…

 

(続く)

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

「紹介好きな患者」というのは

確かに存在しています。

 

 

ただし、

「見合い話を持ってくる世話好きのおばさん」

と同様に、現在はだいぶ少なくなっているのは確かです。

 

 

「紹介好きの患者」を院内で育成できればいいのですが

あいにく素性や生い立ちなどによっているようで

歯科医院内外での教育では実現できていません。

 

 

しかし、「紹介好きの患者」そのものを

育成することはできませんが、

『紹介好き』のレベルを上げることはできます。

 

 

3つのポイントがあります。

1つ目は教育・説明の強化。

2つ目は紹介カードなど補助ツールの充実。

 

 

では最後の1つはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

 

【追伸】

歯科診療で当たり前のように収集している

各種検査も指示も患者の個人情報の固まりです。

 

知らないでは済まない改正が迫っています。

『個人情報保護法【コレだけ!】セミナー』

 

 ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

 http://lpsl.consultant-dentist.com/smsu/

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください