インターネットで集患するなら「神」に逆らってはいけない

神様

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院の集患を考える時、

ホームページの活用は欠かせなくなりました。

 

 

中にはホームページからの患者が途絶えてしまったら

歯科医院経営そのものが立ち行かないという院長も

少なからずおいでです。

 

 

そこまでホームページ集患に依存していなくても

インターネットの世界には

絶対に逆らってはいけない「神」がいます。

 

 

インターネットを活用して利益を得ようとするなら

背くことは許されない唯一無二の「神」…

それがGoogleです。

 

 

 検索結果を決めているのはGoogle

 

Googleは検索エンジンを取り扱う民間の1企業ですが

この「インターネット検索」という分野を

独占しているといって間違いありません。

 

 

患者が歯科のことでインターネット上の検索窓に

検索ワードを打ち込んで調べ物をするとします。

 

 

リターンキーを叩いた時に使われるのは

Googleの検索アルゴリズムです。

そのアルゴリズムに従って検索結果が出されます。

 

 

そしてその結果において

あなたの歯科医院のホームページが上位表示されれば

その患者があなたの歯科医院に訪れるチャンスが

増えることになります。

 

 

そのGoogleは独立した民間企業ですから

政府などから運営に干渉されることはありません。

Googleの方針はGoogleの自由裁量に任されています。

 

 

こういった事情もあって、Googleの検索アルゴリズムは

結構頻繁に、しかも突然変更されます。

 

 

検索順位を決めるルールが変わったり、

Googleが気にくわないサイトへのペナルティーが

強化されたりするのです。

 

 

Googleの定めたルールに従わなければ

検索結果が表示されなくなったり、

検索順位が低迷したりします。

 

 

あなたの歯科医院のホームページが

このような憂き目に合わないようにするためには

どうすればいいのでしょうか。

 

 

「これはやっちゃダメ!」な上位表示対策

 

Googleはユーザー(患者)の望む結果が

検索結果に表示されるようにすることを

常に目指して改善・改良を重ねています。

 

 

基本的にはちゃんと内容のあるホームページが

きちんと上位表示されることを

Googleは実現したいわけです。

 

 

ですから、内容相応以上の検索上位表示を

SEO的な技術だけで獲得しようとしたり、

Googleのルールの沿わない方法で実現しようとすると

ペナルティーが課せられます。

 

 

・キーワードをできるだけたくさん入れる

(不自然に入れるとかえってGoogleに嫌われる)

 

・隠しテキストを使う

(上記の対策が無駄な以上、この対策も無意味)

 

・外部リンクを張るためだけのリンク

(中身のないサイトからのリンクは評価が落ちる)

 

・他のサイトからコンテンツをコピーして掲載する

(掲載された日付が新しいものにペナルティー)

 

・ホームページを更新せずに放置、

 もしくはユーザーにとって価値の低いコンテンツ更新

(情報発信に消極的とみなされ評価が下がる)

 

 

このような行為は現在ではすぐにGoogleにばれます。

要するに『食品表示の産地偽装』と同じようなものです。

 

 

検索エンジンのロボットを騙して

大したことがない中身を

何とか立派と誤認させようとする行為です。

 

 

仮に今は通用していたとしても

Googleのアルゴリズムの進化や

ルールの変更に追いつかれた瞬間に

ペナルティーになる可能性大です。

 

 

 Googleに逆らわず、上位表示するには

 

結局のところ、あなたが

ご自分の歯科医院のホームページの検索順位を

上位表示にしたいなら、Googleの気にいるような

ホームページにするしかありません。

 

 

Googleが好むプラットフォームに従い、

ガイドラインに沿って

必要十分なSEO対策だけを確実に行う…

 

 

コンテンツ数、テキスト数などの「量」と

中身がユーザーフレンドリーであるという「質」の

両方を兼ね備える…

 

 

つまりは正攻法。

『コンテンツファースト』で

ホームページを地道に育てていくことが

実は最も効果的でなおかつ確実な対策になるのです。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

Googleのビジネスモデルを考えると

我々もですが、Googleでさえ従う「神」が

もう1人いることに気づきます。

それが医療法(医療広告ガイドライン)です。

 

 

医療は人の生命・身体に関わるサービスであることと

極めて専門性の高いサービスであることから

いわゆる『広告規制』がされています。

 

 

ただし、規制されるのはあくまでも

「広告」とみなされるものに対してです。

広告でないものは規制の対象となりません。

 

 

以下の3つの要件を全て満たしていると

広告とみなされることになります。

 

 

1、患者の受診等を誘引する意図があること(誘因性)

2、歯科医業を提供する者の氏名、名称または

  病院、診療所の名称が特定可能であること(特定性)

3、〇〇状態にあること(××性)

 

 

言い方を変えれば

この3つの要件のうちの1つでも満たさなければ

広告ではなくなって、規制も受けないということです。

 

 

この3番目の要件はどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です